エージェントを通さずに直接申し込める学校6選【フィリピン・セブ島留学】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学を検討しはじめると、情報収集のために留学エージェントを使う人が大半です。一言で留学エージェントと言ってもgoogleで「フィリピン 留学エージェント」と検索すればたくさん出てきます。
 
でも全て検討しながら比較するのも大変ですし、なかには留学エージェントが紹介しない語学学校もあります。そこで今回は留学エージェントを通さないでも行ける、自社のホームページから申し込みができる学校を紹介します。
 
その前に留学エージェントを使う時のメリット・デメリットを簡単におさらいしましょう。
 

有料エージェントと無料エージェント

ワーホリなどに行く場合は有料エージェントと無料エージェントに分かれていますが基本的にフィイピンの留学エージェントはどこも手数料無料です。まずは利用した時のメリット、デメリットを考えてみました。

留学エージェントを使う際のメリット

情報量が多い

多くの語学学校の情報を取り扱っていてカウンセラーの方と相談しながら決められる。1人でゼロから情報収集するより時間短縮ができる。
 

学校の料金は同じ

フィリピン留学エージェントはどこを通しても語学学校の料金に違いは無いので気にする必要がない。
 

安心感がある

はじめての留学なので、その道に精通している会社に協力してもらうと安心感がある。
 

留学エージェントを使う際のデメリット

情報の正確性は不透明

留学エージェントが各語学学校の情報をどこまで正確に時間をかけて収集しているかは分からない。
 
現地語学学校の視察なしにメールだけで契約する場合もある。掲載情報と実際の現地の実情が細かい部分で乖離することもあります。
 

提携した語学学校しか紹介できない

留学エージェントは各語学学校に留学生を送ることで、紹介料として売上の一部をもらうビジネスのため、提携した語学学校しか紹介できません。
 
ドライな話ですが手数料がもらえない学校に生徒を紹介しても、その生徒と相談した人件費、時間対効果を考えるとこれについては手数料以上のコストがかかります。
 
詳しくは「それでも留学エージェントは手数料を優先する」で書いています。
 

留学エージェントを通さずに申し込める学校

 
今回ご紹介する学校は留学エージェントを通さずに自社ホームページからも申し込みができる学校です。
 
その中には留学エージェントに掲載されてる学校もあれば、そうでない学校もあります。当然ですが留学エージェントを通していない学校も多数存在します。
 
その場合は自社ホームページから留学生を集めています。もちろんエージェントがこれらの学校を紹介することはありません。
 
だからと言って悪い学校というわけでもなく、いい学校もあります。今回はそれぞれの情報をまとめて、1ヶ月にかかる合計金額を最安値のプランでまとめてみました。

フィリピン留学・セブ島留学のNILS

 
 
細かい要望に合わせたカスタマイズができ土日にレッスンを受けたり、ホテルへ講師を派遣したりと日程の調整ができない方に重宝するプランがあります。
 
ちなみにNILSNew type International Language Schoolの頭文字をとっています。
 
学校 NILS
プラン名 ゆっくりプラン(4時間)
4週間の料金 99,500円
授業時間 4時間
部屋人数 3人部屋
入学金 15,000円
食事代 3,500円/週 (平日朝夜2食)
空港送迎費用 3,000円
テキスト代 300-500ペソ
海外送金手数料 2,000円
水道光熱費 1,200円/週
SSP 7000ペソ(17,500円)
1ヶ月の合計金額 156,400円
 
授業は全て4時間フィリピン人によるマンツーマンです。

旅人たちの英会話スクールCROSS×ROAD

 
夫婦で世界一周を経験した代表が、英語の重要性を感じて旅人に特化した語学学校として運営しています。
 
ほとんど口コミにより広がっている語学学校で、これから世界一周を考えているなら、英語だけでなく、これから世界一周をする人たちと集まれる空間は、人脈作りだけでなく情報共有もできる。
 
学校 CROSS×ROAD
プラン名 ライトプラン
4週間の料金 125,000円
授業時間 6時間
部屋人数 4人部屋
入学金 15,000円
食事代 プランに含む 平日3食
空港送迎費用 2,400円
テキスト代 プランに含む
海外送金手数料 記載なし
水道光熱費 600ペソ/週
SSP 6,500ペソ (16,250円)
1ヶ月の合計金額 164,650円
 
6時間の授業の内訳はマンツーマン4コマ(50分×4コマ)+無料グループ授業2コマ(50分×2コマ)です。
※食事は平日3食付き(ただし金夜、土日の昼夜なし)
 
※水道光熱費(600ペソ/週+エアコンは従量課金制)ただしメーター一週間あたり20目もり(15〜20時間)は無料。

QQEnglish

 
東京でQQ便と言えば、誰もが一度は目にしたことがあるバイク便のオーナーが設立した学校がQQEniglishです。
 
テラスハウスに出演していた近藤あやさんとのプランや、代表の藤岡頼光氏が各メディアに露出しているので認知度があります。
 
学校 QQEnglish
プラン名 ライトプラン
4週間の料金 127,800円
授業時間 6時間
部屋人数 6人部屋
入学金 15,000円
食事代 (1日3食)5000円/週
空港送迎費用 3000円
テキスト代 記載なし
海外送金手数料 3,000円
水道光熱費 記載なし
SSP 6540ペソ(約16450円)
1ヶ月の合計金額 167,150円
 
フィリピンの祝日に授業がある場合は祝日追加料金3500円がかかります。
 
年間22日間の祝日があるので1ヶ月に1回はある計算になります。そうすると4週間の料金はプラス3500円の料金を足した170,650円が妥当です。

3ヶ月でTOEICが「平均」200点上がる語学学校SousPeak

 
TOEICに特化している学校で3ヶ月通った生徒のTOEIC平均点数が211点アップしている。
 
セブ島留学の特徴である1日8時間のマンツーマンレッスンを否定。1日のうちに授業と復習のバランスが重要だとしています。
 
「周りに流されて勉強ができました」と言われるほどのTOEIC学習に集中できる環境を提供している。
 
学校 サウスピーク
プラン名 オリジナル校6人部屋
4週間の料金 129,800円
授業時間 4時間+義務予習4時間
部屋人数 6人部屋
入学金 20,000円
食事代 プランに含む(祝日を除く1日3食)
空港送迎費用 記載なし
テキスト代 記載なし
海外送金手数料 記載なし
水道光熱費 4000ペソ(10,000円)
SSP SSP 7,000ペソ(17,500円)
1ヶ月の合計金額 177,300円 ※閑散期
1ヶ月の合計金額 189,300円 ※繁忙期
※6人部屋は男性専用
 
繁忙期の料金1月末~3月末の春季繁忙期、7月末~9月末の夏季繁忙期、これらの期間においては『4,000円/1週間』の追加料金がかかります。

セブ島でアメリカ留学ETHOS

 
セブ島で唯一アメリカ人講師宅へのホームステイを提供しているアメリカ人経営の語学学校。
 
13名以下の小規模でアットホーム学校で(2017年1月現在)で留学生の就職までをサポート。新卒、転職、既卒の方まで帰国後をサポート。
 
学校 ETHOS(エトス)
プラン名 シェアハウスプラン
4週間の料金 1760ドル(約190,080万円)税込
授業時間 4時間
部屋人数 2-4人部屋
入学金 なし
食事代 食事提供なし
空港送迎費用 プランに含む
テキスト代 プランに含む
海外送金手数料 なし
水道光熱費 プランに含む
SSP 5,090ペソ+350ペソ(13,600円)
1ヶ月の合計金額 190,080円(税抜き174,837円)
 
授業はすべてアメリカ人講師です。ETHOSは消費税込みの価格で表示していますが、他校は1ヶ月の合計金額に消費税8%がかかります。
 
割高に見えるETHOSですが、実は安くて評判のいいQQ Englishと1ヶ月で4千円も変わりません。つまり週1000円です。
 
毎週木曜日はカップケーキパーティがあります。卒業生の声「夜みんなでカップケーキパーティをしたり充実していた」
 
ランチは外部のお弁当サービスが学校にきて150円程度で食べられます。詳しくは「ETHOSのランチメニュー」に書いてあります。
 

オトナ留学のMBA

 
社会人の留学ニーズに応えたオトナ留学を提供している学校。ビジネス英語を中心に日常会話にも対応している日本人経営の学校。
 
学生NGで社会人も安心して留学できます。
 
学校 MBA
プラン名 日常マンツーマンコース
4週間の料金 267,600円
授業時間 7時間
部屋人数 1人部屋
入学金 18,000円
食事代 平日朝食付き
空港送迎費用 1,500ペソ (3,750円)
テキスト代 プランに含む
海外送金手数料 3,600円
水道光熱費 現地で支払い
SSP 6,500ペソ(16,250円)
1ヶ月の合計金額 309,200円
 
授業はマンツーマン6時間、グループ1時間、自習1時間の計8時間。

まとめ

各学校の4週間の料金を、1番低いプランでまとめてみましたがいかがでしたか?学校にでている基本料金だけでなく、その他かかる全ての料金をだすだけでも一苦労でした。

以外と留学エージェントが紹介する学校よりも特徴が際立っていて選びやすいかもしれませんね。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS