「フィリピン・セブ島留学」パジャマ(寝巻き)についてのアドバイス

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

これからフィリピン・セブ島留学をします。持ち物でパジャマ(寝巻き)を持っていこうと思うけど、留学生はどんな格好で寝ているのか気になります。こんな疑問の答えます。

結論から言うと、寝る時は、半袖、半ズボンでOKですが、相部屋の場合、同室の留学生の事を考えて洋服で温度調整できるようにしておくと便利です。

この記事の内容
  • パジャマ(寝巻き)についてのアドバイス
  • フィリピン留学であると便利なもの

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

現在でも、留学生と同じ部屋に泊まらせてもらう事があるので、留学生のパジャマ事情には詳しい方です。

こういった背景の僕が、パジャマ(寝巻き)についてのアドバイスをしていきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

パジャマ(寝巻き)についてのアドバイス

フィリピン・セブ島の場合、年間を通して30度前後なので、写真のように、Tシャツと半ズボンで寝る事になります。

大体留学生でも、このような洋服が多いです。

基本的に半袖・短パンをパジャマにすれば良いのですが、いくつかアドバイスがあります。
下記の通りです。

  1. 長袖・長ズボンも必要な場合がある
  2. 同じ部屋でもベットの位置によって温度の差がある
  3. マスクがあると便利

 

一つずつ解説していきます。

その①:長袖・長ズボンも必要な場合がある

一人部屋の場合、自分で部屋の温度を決められますが、相部屋の場合、同室の留学生の事も配慮しなくてはいけません。

経験上、日本人は寒がりな人が多いですが、外国人は暑がりな人が多いです。

例えば、部屋の温度が少し寒いなと思った時は、薄手のパーカーやスウェットを着て調整するのがおすすめです。その為、寝る時用の長袖・長ズボンがあると便利です。

一人部屋と相部屋のメリット・デメリットについては下記記事をどうぞ。

【フィリピン・セブ島留学】1人部屋と相部屋のメリット・デメリット

その②:同じ部屋でもベットの位置によって温度の差がある

上記のような4人部屋を例にしてみます。

この部屋には写真右上に冷房があるのですが、右側のベットに寝ている人と、左側のベットで寝る人では、かなりの温度差があります。

同じ温度でも、ベットの位置によって体感温度は変わります。

体感温度の差
  • 左側のベットの人=丁度良い温度
  • 右側のベットの人=超寒い

 

上記のような事にもなるので、上着は必須です。

その③:マスクがあると便利

フィリピン留学中に風邪をひいてしまう原因の一つとして、就寝中に冷房の風邪で喉を痛めてしまう事です。

なので、マスクを持ってくると便利です。

就寝中以外にもマスクを使う場面があります。下記の記事にまとめています。

フィリピン・セブ島留学に「マスク」は必ず持ってきた方が良い理由。

フィリピン留学であると便利なもの

下記の3つになります。

  • 帽子
  • タコ足プラグ
  • 石鹸を入れる容器

 

こちらも、一つずつ解説していきます。

帽子

日差しが強いセブ島で外出する時は、帽子があると便利です。

帽子の他に、サングラスや日焼け止めを持ってくるのもおすすめです。

タコ足プラグ

部屋によってはコンセントの数が少ない事もありますし、複数人部屋だと一人でコンセントを占領するわけにはいきません。

その時にタコ足プラグを持っているとかなり便利です。

石鹸を入れる容器

シェアハウスやホームステイの場合でも、トイレやシャワールームが共有な場合がほとんどです。

毎回忘れてもしまうのですが、石鹸を入れる容器を使ってソープを保存してると便利です。

上記3つは、便利なので留学に行く人は持っていきましょう。

 

以上になります!

フィリピン・セブ島留学のパジャマ(寝巻き)は温度調節できるようにしてくださいね。

留学についての持ち物は下記にまとめています。

フィリピン・セブ島留学の持ち物まとめ【必ず持参した方がいい物有り】

【女性】フィリピン・セブ島留学経験ありの私が選ぶ!持ち物53選

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS