「やべぇ!」留学中にお金が足りない。【お金稼げる方法教えます】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

悩んでいる人
やばい。今留学中だけど、どう考えてもお金が足りない。今後の生活どうしよう?

友達とも遊びに行きたいんだけど…..。

 

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、留学中と言う立場を使って留学メディアに記事を寄稿したり、留学先の写真を提供したりすればお金を稼ぐ事ができます。

この記事の内容
  • 留学にお金が足りない時の解決策
  • フィリピン or オーストラリアに留学中の方へお仕事の紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島に2回留学経験があり、留学中にお金が足りなくなった経験があります。

留学中にお金が少なくなると、心の余裕も無くなるので避けたい所です。でも、解決策はいくつかあるのでご安心を。

記事に最後には、留学中の方に出来るお仕事も紹介しています。

こういった背景の僕が、留学中にお金が足りなくなった時の解決策を解説していきます。

フィリピン英語の訛りが心配ではありませんか?

大きな声では言えませんがフィリピン人はフィリピン訛りの英語を話します。つまり、外国人の話す日本語と同じです。

アメリカ人をはじめ英語圏の人たちに「しっかり理解される発音」を身につける1番の近道は、プロのアメリカ人講師に発音を矯正してもらうことです。

実は、フィリピンに全授業を英語のネイティブスピーカーであるプロのアメリカ人講師から英語を習える学校があります。(オリジナルの発音プログラムが留学生から人気です!)

留学中にお金が足りない時は

僕が留学中にお金が足りなくなった原因は、恥ずかしながら遊びすぎによるものでした。

セブ島留学は遊びの誘惑が多いので、語学学校選びは慎重にしましょう。その理由は、【残念】フィリピン・セブ島留学は遊びの誘惑が強烈です「悲しい現実」で解説しています。

僕が留学中にお金が足りなくなった時にとった行動は下記の通り。

  • まず親に連絡してみた
  • クレジットカードを使う
  • 海外送金をしてもらう

 

一つずつ解説していきます。

その①:留学中にお金が足りないので親に連絡してみた

最初に思いつくのは親にお金をかりる事かなと思います。

母親に事情を話して帰国してから、アルバイト代でお金を返すんでお金をかしてください。と頼みました。

数十万円をかりる訳ではなく、数万円だったので意外にあっさりとかしてくれました。その日に振り込んでもらえたので次の日にはATMでお金を降ろす事ができました。

両親に留学費用を出してもらっていたり、状況によってお金をかりずらい方もいると思いますが、一つの手としてありです。

留学先である、セブ島でのATMの使い方は、フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】で解説しています。

その②:留学中に現金がないのでクレジットカードを使う

留学先でも、レストランやスーパー、カフェでクレジットカード決算ができます。

お金が足りない時は、クレジットカードを使って対応するのもありです。

留学費用を少しでも抑えたい人は、海外保険について損をしない情報を抑えておきましょう。

海外保険付帯のクレジットカードを使えば、お金はかかりません!0円です。おすすめのクレジットカードは下記の記事で紹介しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

その③:海外送金をしてもらう

ワーキングホリデーなどで海外に銀行口座を持っている方は、日本から海外送金してもらう方法もあります。

トランスファーワイズというアプリを使えば、日本から海外でも数日で着金するのでおすすめです。

【簡単】トランスファーワイズの使い方【留学生、必見です】

留学中はお金を節約するべし

2回留学して学びましたが、留学に余分なお金を持っていくのは不要です。

お金を持っていると「遊ぶ」という選択肢が出来てしまうので、誘惑に負けそうな人は、持っていくお金も少なくしてください。

そして、留学中は節約を心がけましょう。

留学中はちょっとした心がけ次第で節約する事が出来ます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

「実践的」留学中の節約方法【経験者が具体的に教えます】

フィリピン・オーストラリア関連の記事をかける人募集しています。

僕は現在、フィリピン留学+オーストラリアワーホリのメディア。2ヶ国留学ブログを運営しています。

セブ島やオーストラリアのワーホリ情報のブログをかける人、写真を提供してくれる人を募集しています。

下記に仕事内容を紹介します。

セブ島留学 or オーストラリアのワーホリの記事を書ける方

こんな方に仕事をあげられます。

  • セブ島留学中の人
  • オーストラリア留学中の人
  • オーストラリアでワーホリ中の人

 

2000文字〜3000文字の記事一つ作成して、報酬は2000円〜3000円差し上げます。

何の記事を書くかはこちらが指定します。

記事作成経験がある人が望ましいです。

興味がある方はLINEから過去の書いた記事を添付して「記事作成興味あり」と連絡ください。

LINEから連絡する

セブ島 or オーストラリアの写真を撮れる方

セブ島やオーストラリアで撮った写真を送ってくれる方。

報酬は使っているスマホやデジカメの画質にもよるので一度相談してください。

留学中に撮った、既に持っている写真がお金になる可能性があるのでチャンスです。

こちらが指定した写真を撮ってきてくれると尚良し。

興味がある方はLINEから「写真提供興味あり」と連絡ください。

LINEから連絡する

他の国で留学している方は

以前に、かずきがこんなツイートをしていました。

フィリピン留学中にお金を稼ぐより、
留学前にお金を稼いで留学する方が
英語に集中できるけど

あえてフィリピンでお金を稼ぐ方法を言うなら
留学メディアに記事を寄稿するのが手っ取り早いです。

おそらくですが記事単価1000〜5000円、
文字単価1~2円くらいなら欲しがるとこあります。#セブ島

 

フィリピン留学のことをツイートしていましたが、アメリカでもカナダでも記事を寄稿したり、写真を提供してくれる人を欲していると思いますので、留学している国の留学会社に問い合わせてみるのもありだと思います。

現在、ETHOS(エトス)ではポートフォリオを提出できるライターさんのみ募集しています。

写真は随時募集中なのでご連絡お待ちしております!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら