【セブ島留学】にクレジットカードを持って行くべき3つの理由

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
フィリピンでクレジットカードは使えますか?使えたとしても使って悪用されたりしませんか?

セブ島留学用にクレジットカードを持って行きたいけど、種類ありすぎなので選んで欲しいです。

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、3つの理由からセブ島留学前にクレジットカードをつくっておく事をおすすめします。

また合わせておすすめのクレジットカードを紹介します。

この記事の内容
  • カード悪用されないの?
  • 両替よりも手数料が安い
  • 海外旅行保険がついている

この記事を書いている僕はフィリピン留学、ワーホリの経験者です。今はセブ島にある語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と働いています。

セブ島でクレジットカードを使って5年になりますが、僕はこれからもクレジットカードを絶対に手放せません。そんな背景の僕がセブ島留学にクレジットカードをおすすめする3つの理由をお伝えします。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

セブ島で不正利用されないの?

まず不安なのが海外でのクレジットカードの不正利用ですが、まず問題ありません。

個人的な経験ですが5年間でセブ島でクレジットカードが使えるスーパー、レストラン、バーなど様々な場所で限度額100万円のクレジットカードを使っていますが特に問題ありません。

以前、クレジットカードを不正利用された経験がありますが、その時はカード会社(保険会社)から電話があり迅速に対応してくれました。

基本的に日本で発行されているクレジットカードには盗難保険がついているので、仮に僕のカードが不正利用されそうになった場合、されてしまった場合(僕はヨーロッパで300〜500ドル不正利用されました)、その保険会社が費用を負担してくれます。

 

なので僕のように海外で勝手に使われてしまった場合の他にも、

  • スキミング詐欺にあった
  • 財布を落としてカードを利用された
  • スリに合いカードをなくした
  • 友人にカードを盗まれ使われた

 

などなどの場合には盗難保険が適用になります。

なので現金を持ち歩くよりもクレジットカードを1枚持ち、現金を必要最低限持ち歩く方が安全です。

両替よりも手数料が安い

フィリピンで使われてる通貨はペソなので、日本円をペソに両替する必要があります。

クレジットカードの手数料は両替手数料よりも割安です。なので現金を多く持ち込むのが不安な方はあらかじめクレジットカードで使う分の予算を用意しておくと安心です。

こちらの記事で留学期間毎に持ち込む現金の目安を留学マスターとして説明しています。
【関連記事】フィリピン・セブ島留学に現金いくら持ってく?僕の答えはコレです。

注意
カード支払いのときにペソか円払いを尋ねられたときはペソ払いがお得です。
円払いにすると、その店独自の両替手数料が適用されるので費用が高くつきます。

海外旅行保険のついたクレジットカードがある

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめでもお伝えしていますが、海外旅行保険のついたクレジットカードは3ヶ月以内の留学生であれば、つくったクレジットカードをもってくるだけで海外旅行保険が90日間ついてくるのでおすすめしています。

 

有名な海外旅行保険がついているクレジットカードは、

  • エポスカード(自動付帯)
  • レックスカード(自動付帯)
  • 楽天カード(利用付帯)

 

などなどです。詳しい内容は下記記事を参考にどうぞ。
【関連記事】【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

ATMで引き出しもできる

クレジットカードがあれば海外キャッシングができます。

海外キャッシングとはクレジットカードで海外のATMからお金を引き出すことです。

万が一、お金が足りなかったときのためにクレジットカードがあればお金が足りずに困ることがなくなります。

ATMの使い方はこちらの記事にまとめてます。
【関連記事】フィリピン・セブ島でATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

留学生
でもクレジットカードはちょっとな・・・

そんな方には国際キャッシュカードがおすすめです。未成年でも申し込み時に審査が不要なのでつくれます。

海外ATMから引き出す手数料が安い3つの国際キャッシュカードはこちらの記事で紹介しています。
【関連記事】【フィリピン・セブ島留学】銀行口座より国際キャッシュカードがおすすめです。

クレジットカードでどこで使えるの?

セブ島ではレストラン、ホテルなどがクレジットカードでの支払いに対応しています。

ただしタクシーや、日本の個人経営のお店のようにローカルレストランではクレジットカードは使えないのでクレジットカードだけでやりくりするのはおすすめできません。

【関連記事】フィリピンでGRAB TAXI(グラブタクシー)を使えばさらに安心、安全!

まとめ

セブ島留学前にクレジットカードをつくってデメリットになることは特にないので、持っていない方は年会費が無料で、無料でつくれるクレジットカードをつくるのがおすすめです。

それだけで、

  • 海外旅行保険
  • クレジットカード利用
  • 足りない場合にATM利用

などに使えます。

またセブ・マクタン空港は帰国時に出国税の支払い(850ペソ:2019年2月時点)があります。現金を850ペソ残せなかった場合、使い切りたくなったときにクレジットカード決済が便利です。

余計な不安なく留学生活ができるように用意はしておいてください。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS