ビール好き注目のフィリピンで飲むビール6選

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンは一年中常夏の国。そんな環境で飲むキンキンに冷えたフィリピンのビールは最高に美味しい!!南国特有の薄味が多く、かなり飲みやすいです。

この記事の内容
  • 「フィリピン流」ビールの飲み方の紹介
  • ビールを飲む際に気をつけなければいけない事
  • フィリピンのビールを紹介

結論から言うと、フィリピンのビールは安くて、美味しい。最高です。

この記事を書いてる僕は、フィリピン滞在歴が1年7ヶ月になりビール好き。

ビール好きのあなたもこの記事を読んで、フィリピンでのビールライフをお楽しみください。

フィリピンではビールに氷を入れる

フィリピンのビールの飲み方は氷が入ったグラスにビールを入れます。

最初は戸惑いますが、氷で冷たくするのは1年中暑いフィリピンではかなり有効。ちなみに、フィリピンで一番消費されているビールはサンミゲル社のビールで、フィリピンのビールマーケットを約90%も占めているそうです。

サンミゲルのビールはかなり種類が豊富で、ビールがあまり好きじゃない人でも飲めてしまう変わりダネのビールまであり、どれも本当に美味しいです。

ビールを氷が入ったグラスで飲むのはフィリピン人の習慣です。他にもフィリピン人には驚きの習慣があります。

フィリピンの文化と習慣に驚愕!【渡比前に理解しよう】

では、早速フィリピンの美味しいビールを紹介していきます!

サンミゲル・ライト(San Miguel Light)

フィリピンで、最初の乾杯は「とりあえずサンミゲルで」とも言えるほど鉄板なビールです。名前にあるライトの通りあっさりとした味でビールを飲まない人でも、これだったら飲めてしまうという飲みやすいビールになっています。

ビールを何杯も飲むのはキツイという人でも、サンミゲルライトなら飲めるというビールです。グイグイ飲めるサンミゲルライトですが、実は、アルコール度数が5%もあるので飲み過ぎは注意です。

サンミゲル・スーパードライ(San Miguel super dry)

日本のアサヒビールのようなコクのある濃い目のビール。

セブ島にも日本のビールは売っていますが、兎に角高い!アサヒビールが好きな人はサンミゲルスーパードライおすすめです!

レッドホース(Red Hourse)

アルコール度数が6%と高めだが、南国のビールらしくさっぱりとしていてドンドン飲めてしまう。気づいたら酔っぱらっているなんて事も良くあります(笑)

現地フィリピン人に一番飲まれているビールらしいのですが、確かに昼間からビールを飲んでいる人はレッドホースの1リットル瓶を持っている人が多い。

アルコール度数が高くて素早く酔っぱらえるからでしょう。サンミゲル社のビールなのに、サンミゲルと名のついていないビールが唯一レッドホースです。アルコール度数が強いので、飲み過ぎると次の日に残ります。気をつけてください。

サンミゲルアップル(San Miguel Apple)

サンミゲルアップル

リンゴフレーバーのビール。日本では珍しいフルーツ味のフレーバービールです。ビールの味は少ししますが、ほとんどリンゴカクテルの感じで、かなり飲みやすいビールです。女性うけが良く、甘いお酒が好きな人は是非頼んでみてください。

甘いお酒をあまり飲まない人は一口位が丁度良いです。アップルフレーバーの他に、レモンフレーバーもあります。スーパーやコンビニ、レストラン等で頼む事が出来ます。

サンミゲルプレミアムモルツ(San Miguel Premium malt)

フィリピンビールのプレミアムモルツ

[特別企画]フィリピンのビールは何が一番?サンミゲル社のビールを飲み比べ!)(参照:エキサイトセブ

フィリピンの高級ビール。ラベルもどことなく高級感があります。他のサンミゲルビールより値段は高いですが、コクとまろやかさが絶妙にマッチしていて、やはり値段が他のビールより高い事もあって美味しいという意見が多いです!

ローカルなレストランではおいていない事が多いですが、少し高級感のあるレストランにはあります。いつもより少し贅沢をしたい場合にこのビールはどうでしょう。

サンミゲルピルセン(San Miguel Pilsen)

あっさりとしたビールが多いですが、ピルセンは苦みが非常に強いビールです。しっかりとした味付けの為、サンミゲルライトのような軽い味ではなく「ビールらしいビール」を飲みたい方にはオススメです。

味が濃い為、何杯もピルセンを飲むのはきついですが、ライトと交互に飲んだり、自分なりにアレンジして飲むのも楽しいですね。

セブ島のクラフトビール

セブ島の洋食屋さんスキレットにあったクラフトビール。

フィリピンのビールらしく薄味で飲みやすく美味しかった!

マニラで飲んだクラフトビール

ENGKANTOというバーにあるクラフトビール。

濃くがあり個人的にセブ島のクラフトビールより好きです。

【注意】ビールを飲む際に気をつけること

瓶ビールやジュースをそのまま飲む場合、飲み口が汚れている場合があるのでしっかり口元を拭いてから飲むようにしてください。

除菌シートで口元を拭くと「茶色」くなる事も…….

ビール瓶の汚れから体調を崩しかねないので注意しましょう。

団体では「ビールタワー」か「バケット」がおすすめ

フィリピンのビールタワー

アヤラモール内のレストランで頼んだビールタワーで値段は約1300円

ビールタワーやビールセットはレストランによって、取り扱っていない所がありますので、レストランに入る際に置いてあるか確認しましょう。

ビールタワーは量が多い割に値段が安いのでオトクです。3〜5名程でビールを楽しみたい時はオススメです。二人でビールタワーを頼むと2リットルあるので辛いです。

フィリピンの物価については下記の記事で解説しています。

半年住んでフィリピンと日本の物価を隅から隅まで比較しました

バケットビールもお得です

写真のようにバケツにビールが入ってるものを「バケット」と言いい、氷の入ったバケツの中にビールが6本入っています。

値段は6本で200ペソ〜300ペソが相場(450円〜700円)。

フィリピンのビールは75円ほど

フィリピンはビールが安いです。320mlのビンビール1本の値段で60〜75円で売られています。とてもお手頃な価格でビールが売っているのはビール好きにとっては嬉しい限りですね。

帰国する時はビール2本まで

ハドサンビーチでビール

その時の天気は最高のビール日和

フィリピンから帰国する時に、ビールが安くて美味しかったからお土産にしようと安易に考えると危険です。帰国時に持ち込める本数は2本までです。ちなみに手荷物では持ち込めません。(2015年12月29日現在)

知り合いはお土産としてサンミゲルライトを12本買って10本没取されたそうです。悔しかったけどその場で10本は飲めないので泣き寝入りだったと言っていました。

まとめ

日本と違う種類のビールを見て「早く飲みたい!」とワクワクしたのではないでしょうか。
レストランで頼んでも日本と比べると驚く程安いですが、スーパーで買って家で飲むのが一番安いです。

また、フィリピン料理は肉料理が多く、ビールのおつまみにピッタリな料理がたくさんあります。

▼フィリピン料理の記事から最高のおつまみも見つけてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS