フィリピンの乾季(12月〜5月)を徹底解説【猛暑が続きます】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンに行く人
フィリピンに行く予定があります。

あまりフィリピンの情報に詳しくありません。12月〜5月まで乾季と聞いていますが、実際どうなんでしょうか?

気温や服装はどうすればいいか知りたいです!フィリピンに住んだ事ある方、教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、フィリピンの乾季は一般的に12月〜5月です。気温は30度近くまで上がり猛暑が続き、降水量は少ないです。また服装は基本的に半袖・短パンで過ごせます。

この記事の内容
  • フィリピンの乾季情報
  • ベストシーズンについて
  • 乾季の持ち物

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

フィリピン合計滞在歴が2年近くなり、セブ島と首都マニラにも住んだ事があるので、割とフィリピン情報については詳しいと思います。

こういった背景の僕が、フィリピンの乾季情報についてフォーカスして解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピンの乾季(12月〜5月)を徹底解説

フィリピンには四季が無く、2つの季節しかありません。それが乾季(12月〜5月)と雨季(6月〜11月)になります。

フィリピンは7000以上の島で構成されているので、島によって若干気温が異なりますが、乾季の平均気温は27度前後になります。雨季の時も平均気温は27度前後とまさに南国です。

乾季の中でも、一番暑くなるのは5月で最高気温は35度近くまで上昇します。一歩外に出るだけで汗ばみ水分をこまめに補給しないと熱中症になる危険性もあります。また首都マニラは高層ビルが立ち並ぶので、セブ島に比べると、体感温度は気温以上になります。

実際、マニラとセブ島に5月いましたが、マニラの方があつく感じました。乾季時の最低気温はセブ島で24度。マニラで21度です。あつい!

バギオは乾季でも涼しい

フィリピンでは一部乾季でも涼しい場所があります。それが標高1500メートルの山岳地帯にあるバギオです。

バギオはマニラの北部にあり、乾季は11月〜6月と言われています。

バギオの乾季の平均気温は22度前後ですが、朝夜は冷え込む事があり、10度近くまで下がります。普通に寒いです。なので、バギオに行く予定のある方は乾季でもジェケットやパーカーなど持っていきましょう。

フィリピンのベストシーズンは3月〜5月

フィリピンの乾季(12月〜5月)の中でも特にあついのが、3月〜5月でこの時期がベストシーズンです。特にビーチで有名なセブ島はこの時期に来ると晴天も続き、最高の気候の中、マリンスポーツも楽しめます。

乾季シーズンは2月にバレンタインがあったり、4月にはフィリピン人にとって一番大切な日である「ホーリーウィーク」があったりします。現地にしか無い特有の行事も楽しめます。

「危険」夜でも熱中症になる可能性があります

夜は日差しもなくなるので、気持ち涼しくなりますが、少し歩くと汗ばみます。

夜でも水分を補給しないと熱中症になる事もあるので注意してください。実際に留学生が夜に外で「ズンバ」をやっていて熱中症になってしまいました。

乾季に必要な持ち物

冒頭でも軽く説明したように、半袖・短パン・サンダルで大丈夫です。もしろ、長ズボンや靴を履くとアツくて嫌になります。

ここでは乾季だからこそ、持ってきた方が良い持ち物を4つ紹介します。

  1. ハンカチ
  2. 水着
  3. 薄手の上着
  4. 日焼け止め

 

一つずつ解説していきます。

その①:ハンカチ

外出すると汗ばみます。ハンカチを数枚持ってきましょう。体を拭くとスーッとするボディーペーパーもあると重宝します。

その②:水着

乾季はやっぱり海やプールに入りたくなります!ビーチ目的の場合、水着は忘れずに。また、ホテルではなくAibnb(エアビー)を利用する場合は、安全面を考えてコンドミニアムに宿泊する事になるでしょう。

フィリピンのコンドミニアムにはプール・ジム付きである事が多いです。入る予定が無くても、フィリピンに行ったら、入りたくなる可能性もあります。

その③:薄手の上着

カフェやレストラン、スーパーなど冷房が効きすぎて、寒い時が良くあります。あつがりな僕でも寒いと感じるので、特に寒がりな人は乾季でも薄手の上着を持ってきてください。

また、クーラーのクオリティーが低く、自分に丁度良い温度に設定できない事があります。その時に上着やスウェットなどがあると便利です。

その④:日焼け止め

サングラスや帽子を持ってくる他に、日焼け止めや、飲む日焼け止めも忘れずに。フィリピンでも日焼け止めクリームなどは売っていますが、クオリティーが低いです。

日本から持ってきましょう。

まとめ

フィリピンの乾季は12月〜5月で平均気温も27度で半袖・短パンで過ごしやすい気候です。特に3月〜5月はベストシーズンなので、晴天が続きます。

フィリピンでエンジョイしてください!

今回は以上です。

下記に雨季情報の記事もありますので、合わせてご覧ください。

「セブ島」雨季シーズン(6月〜11月)を徹底解説【留学生も必見】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS