ワーホリで英語力アップを実現する!エージェントの選び方

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
ワーキングホリデーに興味あります。
でも、はじめての海外で不安で…、留学エージェントにお願いしようと思ってます。

どんな留学エージェントがおすすめか教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論を言うと、評判の良さそうな留学エージェントを2〜3社比べるのがベストです。

この記事の内容
  • 留学エージェントとは?
  • エージェントを利用するメリット
  • 評判の良いエージェント

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。現在はセブ島の語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に仕事をしています。

僕がワーホリをしたときも留学エージェントを利用しましたし、現在の職業側、留学エージェントの中の人や代表にお会いする機会も多いので留学エージェントについて詳しい方だと思います。

その背景の僕がエージェントを利用するメリット、評判のいいエージェントを紹介します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学エージェントとは?

留学エージェントとは留学手配の代理店です。

語学学校の紹介と入学手続きからホームステイ先の斡旋など留学生の希望に沿って豊富な知識をもとに希望にあった学校を紹介してくれます。

また留学エージェントは日本国内にある国内エージェント、オーストラリア国内にオフィスがある現地エージェントの2つに分かれます。

エージェントを通さないのもOK

オーストラリアへワーキングホリデーで留学する場合はビザの申請は個人でもパソコン、スマホから簡単にできます。

そのため自分で全部やりたい方、費用をとにかく抑えたワーホリを実現したい方、語学学校に行く予定のない方は留学エージェントを通さずにワーホリをしてもOKです。

もちろん、はじめての国で分からないことが多いので安心のために留学エージェントを使うのもOKです。

サポート費用が無料なわけ

基本的に留学エージェントにサポートしてもらうのに費用はかかりません。

留学生からお金をいただかない代わりに留学エージェントは語学学校から紹介料をもらい成り立っています。

基本的な紹介料(コミッション)は20~35%なので、1000万円の売上で200~350万円の営業利益があがる計算です。中には40%のコミッションを留学エージェントに支払う語学学校もあります。

エージェントを利用するメリット

エージェントはぼったくりと言うネットの記事もありますが、ワーホリでエージェントを使うメリットを知ってから自分に必要かどうか判断してほしいと思います。

 

エージェントを利用するメリット

  • 疑問や不安を解消できる
  • 仕事の紹介や斡旋をしている
  • 現地の情報に詳しい
  • ワーホリまでの準備に迷わなくなる

などなど基本的に留学エージェントを使う上でデメリットはありません。

評判のいいエージェント

基本的に留学エージェントを利用することでデメリットはありませんが、留学エージェントもボランティアでなくビジネスとして営業しているので、必要以上にお金がかかってしまう場合はあります。

そうならない為には、

  • 海外旅行保険が選べる
  • 空港券が選べる
  • 申し込みを強要してこない
  • カウンセラーがしっかり対応してくれる
  • 支払いを急いでいない

この5つの条件を満たした評判の良い留学エージェントの利用がおすすめです。

海外旅行保険が選べる

海外旅行保険はあくまで個人の判断(任意)で入るかどうかを決めます。

ですがワーホリの場合は1年、長い人は2年のあいだ日本を離れるため海外転出届を出して年金や健康保険の費用を免除してもらっているので、個人的には安いものでいいので旅行保険の利用をおすすめしています。
【関連記事】役所手続き】ワーホリ、留学や世界一周で日本を離れる前にやらないと損!

日本の海外旅行保険は平均20~25万円と高額です。

費用を安く抑えたい場合はクレジットカードの海外旅行保険で海外へ渡航して現地で海外資本の海外旅行保険に入会すれば保険料を半分以下にできます。
【関連記事】ワーホリ向き!!1年の海外旅行保険を安くinオーストラリア

空港券が選べる

空港券も留学エージェントが提携している空港会社しか選べない場合は高額になりがちですが、自分でチケットをオンラインで選ぶことができれば費用を抑えられます。

申し込みを強要してこない

その場で申し込みを強要されすぎる場合は注意が必要です。

カウンセラーがしっかり対応してくれる

カウンセラー自身が現地の情報や留学システム自体をしっかり把握していない場合は、他の留学エージェントを利用した方が良いです。

支払いを急いでいない

留学やワーホリは申し込みをしてから、実際に留学するまで4ヶ月~1年後と少し先になります。

例えば留学が一年後なのに、申し込み金額の全額を申し込み時に請求される場合は注意が必要です。

補足
予約金として留学費用の一部を請求されることは一般的です。

外からだと分からないこと

  • 預かり金をすぐに送金しているか
  • 特定の学校やプログラムを強要してるかどうか

この2点を行なっている留学エージェントは注意するべき(使わない方がいい)なのは確かですが、外からでは判断できません。

留学エージェントも商売ですので特定の学校からのコミッションが他の学校よりも高い場合は、その学校への入学をおすすめする場合もあります。

例えばよくあるパターンはウェブサイト上には数多くの提携校を掲載していても実際に紹介する学校は決まっているという留学エージェントは多いです。

留学エージェントを使う側が、特定の学校をおすすめしているかどうかの判断はできないので2~3つの留学エージェントを利用して判断するのが一番おすすめです。

語学学校によって紹介料(コミッション)が20~35%と幅があれば、留学エージェントの紹介する語学学校が偏るのは当たり前だということをまとめてます。
【関連記事】留学エージェントが手数料を優先する理由とは?

年間売上1億円であれば、送る学校を変えるだけで2000万円から3500万円に営業利益が伸びます。こうなると学校を変えない方がおかしな話です。

まとめ

僕がワーホリした時はあまり考えていなかったので海外旅行保険と空港券を留学エージェントさんが言う通りに購入して高くついたのを後で「あれは使わなくて良かったなぁ~」と後悔しました。

なので現在は特定の保険会社や空港会社と提携せずにリーズナブルな保険会社をおすすめしています。

ワーホリは自由度が高いので留学エージェントに頼る部分は頼り、自分でできる部分は自分で行うなどの判断をしながら利用するのがベストですね。

ETHOS(エトス)はセブ島にある語学学校で2カ国留学のサポートを行っています。

理由は、英語を話せるようになりたくてワーホリに行くのに、ほとんどが日本に帰国する際に英語力に自身がない日本人ばかりだからです。

そこで1年で英語力をつかこなせるワーホリ・2カ国留学をつくりました。

詳細はこちらより。
<2カ国留学について読んでみる>

【内部告白】おすすめ留学エージェントの決め方

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>