【初心者でも安心】ワーキングホリデーでオーストラリア

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ行く人

海外に1年間滞在する方法には留学以外にもワーキングホリデーがあるのを知りました。

ワーホリは英語初心者でも大丈夫ですか?すこし詳しくワーキングホリデーについて知りたいです。

 

こんな疑問に答えます。

かずき
結論からいうと、ワーキングホリデーは語学学習、現地で仕事、ボランティア、休暇を楽しむなど自分の好きなように滞在をアレンジできます。

そんなワーホリのはじめ方を初心者にわかりやすく解説します。

 

この記事の内容
  • ワーホリとは?
  • 初心者にはオーストラリア

 

どーも、かずきです。

この記事を書いている僕はオーストラリアにワーホリ経験者、他の国への渡航歴も6カ国12都市ほどあります。現在はワーホリ・2カ国留学のサポートが得意なETHOS(エトス)で毎年たくさんの留学生をサポートしています。

自分のワーホリ経験と留学生のワーホリサポートの経験から、初心者の方にわかりやすく「ワーホリとは?」を説明します。

ワーホリで失敗したくない方へ

なぜ学生時代英語の成績が5段階中2だった英語初心者が たった1年のワーホリで「英語がペラペラ」に?!

ワーホリ・2カ国留学のプロのカウンセラーで 月間8万人以上に読まれる留学メディアの運営者が

「初心者がワーホリで100%成功する方法」を 【期間限定】で無料プレゼントしています。

ワーホリを初心者にもわかるように解説します

ワーホリ(ワーキング・ホリデー)は海外で働く・勉強するなど自由度の高いビザ制度のことで、18〜30歳までの方なら誰でも利用でき、31歳の誕生日前日までに申請をすれば、31歳になってからの渡航(ギリホリ)もできます。

こどもを同伴して渡航はできませんが、結婚していても夫婦それぞれがワーホリビザ申請をして、ワーホリする夫婦もいます。

現地でしっかりと働くことで、海外への高校・大学進学や、学生ビザでの語学留学よりもトータルコストをリーズナブルに抑えられます。
【関連記事】ワーホリでオーストラリアの準備金は最低18万円?

ワーホリの特徴
  • 年齢は18〜30歳
  • 1年の滞在が可能
  • 現地で働けるので留学費用を抑えられる

ワーキングホリデービザと学生ビザの違い

またワーホリと語学留学の違いはシンプルにビザの違いです。

留学したい人
英語はまだまだ初心者だけど留学したい!

そう思いたった人が選ぶのがワーキングホリデービザで行くワーホリか、学生ビザで行く語学留学のどちらが自分の目的に合うかを決めていく流れです。

つまり、ワーホリと語学留学はどちらも留学のひとつです。

ワーキングホリデーの協定国は24カ国

日本と協定を結んでいる国は24カ国あります。(2019年12月現在)

ワーキングホリデー協定国
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、香港、台湾、韓国、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、チェコ、アルゼンチン、チリ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン

これらの国の中から行きたい国を選んでみましょう。

この中で渡航者数で人気な国上位4カ国は下記です。

 

ワーホリ人気国
  • オーストラリア(10,000人)
  • カナダ(6,500人)
  • ニュージーランド(2,000人)
  • イギリス(1,000人)

 

外務省によると年間1.5万人が1カ国につき一度だけ発行される貴重なワーキングホリデービザで渡航しています。(2019年12月現在)
【関連記事】【必見】ワーキングホリデーで行ける国はなんと24カ国!!

 

英語圏にワーホリをしたい人向けに留学中にアルバイトが出来て、英語の勉強ができる国をまとめました。
【関連記事】海外留学中にアルバイトできる?主要8カ国【労働条件まとめ】

ワーホリで英語初心者にはオーストラリアがおすすめ

ワーホリで英語初心者にオーストラリアがおすすめな理由の1つが、オーストラリアがワーホリを歓迎している国だからです。

通常の滞在期間は1年ですが、延長して最長で3年滞在できることも魅力としてあります。

ワーホリビザを延長してセカンドビザ(2年目のビザ)を取得する方法はこちらにまとめました。
【関連記事】【ワーキングホリデー】2年目の延長を視野に入れるならオーストラリア

またこのワーキングホリデー制度を使い日本以外の海外からオーストラリアへ毎年30万人ちかくの留学生が渡航しています。

記事:【驚愕】英語圏からのワーホリは日本人より多い?!【上位10%を目指そう】でも紹介していますがワーホリでオーストラリアに行く国で最も多いのは意外なあの国でした。

僕がワーホリでオーストラリアに行ったときもドイツ、フランス、イタリア、韓国、台湾など多くの国の友達ができました。
【関連記事】ワーホリで友達をつくる6つの方法【ネイティブの友達もできる】

他国から来た友達との会話は英語になるので、英語を伸ばす上で他国の留学生の存在はとても大きいです。

英語力はある程度あると良い

ワーホリで英語初心者にはオーストラリアがおすすめですが、それでも渡豪前にある程度の英語力があると現地での生活が充実します。

というのも他国の友達と深い話をするとき、仕事、住まいを探すときも英語が必要だからです。

そのためか、「もっと英語を勉強しておけばよかった…」と帰国したときに英語ができなかったことを後悔するワーホリ経験者も多いです。
【関連記事】【悲痛】ワーホリでよくある失敗に片足突っ込んだ僕の体験談と解決方法

個人的にワーホリに目的はいらないと考えてますが、ワーホリで英語を覚えたいと考えている場合は、しっかりとした準備が必要です。

これからワーホリに行こうと考えている方、英語初心者の方も、オーストラリアは移民が多く、ワーキングホリデーに寛容な国ですが英語はできた方が良いと覚えておいてください。

現地での生活を充実したものにするためにも事前に英語の学習をしてからワーホリがおすすめです。

(まとめ)様々な経験をしてください

留学中は文化や習慣の違いで楽しいことばかりでなく、悲しいことや言葉が通じなくて苦労するなど様々な経験ができます。

ぜひ色々な経験をしてほしいなと思います。

【過酷】ワーホリでブラック肉工場「ミートファクトリー」を2日で辞めた話(オーストラリア)

ワーホリ後にそのまま就職!日本帰国する以外の道【オーストラリア】

5ヶ月100万円!!ワーホリ中に貯金できる?直接聞いてみた。

留学中ルームメイトと色々あった僕が話します(オーストラリア)

関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>