ホント?!ワーホリ前に勉強しないと現地で損をする【オーストラリア】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ行く人
ワーホリ前に英語の勉強って言われても、正直なにをしたらいいのか全然わかりません!

行ったらノリでどうにかなるとも思ってるけど、こんな英語力でワーホリに行っていいのかな?とも不安です。

 

こんな疑問にワーホリ経験者が答えます。

 

結論から言うと、ワーホリで英語を話せる様になりたいと思っている人は、ワーホリ前に英語勉強は絶対にした方がいいです。

ワーホリ中、英語ができない人は英語ができなくても出来ることしか出来ないので、ある程度の英語力は必須です。

この記事の内容
  • ワーホリ前に英語力は必要?
  • ワーホリ前の勉強法3選

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者で現在はワーホリのサポートをする語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に働いています。

自分のワーホリ経験と現在のワーホリへ行く留学生たちをたくさん見ているの僕が、ワーホリ前にどう勉強するべきかをご紹介します。

具体的な勉強方法についてもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

どうしてワーホリ前に英語勉強が必要なのか?

ワーホリ行く人
正直、ワーホリなんて現地に行けばノリで行けば英語うまくなるでしょ?

そう僕も心のどこかであまく考えていましたし、他の留学生たちもあまく考えている人たちが多いのは知っています。

でも実際に英語力不足のままワーホリに行った人は、

ワーホリに行くきっかけは人それぞれで、私みたいに何にも考えていない人もいれば、永住を考えていたり、英語を極めたいなどしっかり考えている人もいます!

僕も大学3年後期から休学して行ったんで、バイトを出発1ヶ月くらい前に辞めて、帰国して新卒での就活もできました。

別に英語ができなくても気持ちさえあれば十分楽しめると思いますが、留学を考えている方は1ヶ月とかじゃなくて、3~4ヶ月しっかり勉強してから行って欲しいです。

私は1ヶ月だけ行って後悔はしてませんが、次にその選択肢は取ろうと思いません。僕が暇と勢いで大学3年で休学してワーホリでオーストラリアへ行ったワケ

こう言っていますし、僕もそう思います。

英語力ゼロのままワーホリに行かず、ある程度の英語力をワーホリ前につけておくと次のようなメリットがあります。

  1. できる仕事の幅が広がる
  2. ローカルや英語が得意な友達ができる
  3. ワーホリ中に英語力が伸びる

ひとつづつ説明します。

できる仕事の幅が広がる

ワーホリ中は英語力の差が働ける選択肢の多さに直結します。

たとえば英語がまったく出来ないままワーホリに行っても働き口はありますが、その仕事は日本食レストランのキッチン、配送、工場作業など英語がまったくできなくてもできる仕事に限られます。

日本で働いている外国人をイメージしてもらうと分かりやすいかも知れません。

もしワーホリで英語を使って仕事をしたいと考えてるのであれば、ワーホリの出発前にある程度の英語力を身につけておく必要があります。

英語ができるとカフェやレストランのウェイターやウェイトレス、ホテルのベルボーイなどお客さんと会う機会が生まれるポジションで働けます。

また日系の職場よりもローカルの職場の方がお給料もいい傾向にあるので生活面でゆとりを持って生活できます。

【英語も伸びる!】ワーホリ8ヶ月目で150万円貯金あるよ【環境大事】

英語が得意な友達ができる

ワーホリ中は、語学学校とバイト先が主な友達つくりの場になります。語学学校は英語力によってクラス分けされるため自分と同じくらいの英語力の留学生が友達になります。

職場でも自分の英語力によって働ける職場が変わるため、ある程度英語ができる状態でバイト先を選べると、そこには英語が得意なバイト仲間がいるので、自然と英語が得意な友達に囲まれます。

ワーホリ中に英語力が伸びる

バイト先が英語環境で、バイト仲間である英語を話せるネイティブや他国からの留学生に囲まれながら生活をしていると自然と英語力があがります。

単語力や文法の理解を深めるためには勉強が必要ですが、スピーキングやリスニングの力はバイト先が英語環境であればどんどん上がっていきます。

なので、もし英語力を伸ばしたい!と思ってワーホリをする場合は事前の英語力は必須です。

【悲報】留学前に勉強しないと絶望する「留学前は少しでも勉強すべき」

ワーホリ前におすすめの英語勉強方3選

続いてワーホリ前に英語力を伸ばす勉強方法を3つ紹介します。

  1. YouTube、アプリ、参考書で勉強する
  2. オンライン英会話をつかう
  3. フィリピン・セブ島留学をする(2カ国留学)

この3つを簡単に説明します。

YouTube、アプリ、参考書で勉強する

1つ目の方法はもっとも費用がかからず自分のペースでできる勉強方法です。ワーホリ前には中学、高校までの基本的な英文法を覚えてから留学してください。

それと合わせてYouTubeやアプリを使って英語の勉強をしてみてください。

日本人でも海外のYouTuberでもいいですが、ワーホリ前には海外の英語学習系のYouTuberの動画を見て、英語で英語を学ぶことに慣れるくらいまでは最低限なっているといいかなと思います。

参考書のおすすめはこちらの記事を参考にしてください。
【フィリピン】留学生が実際に使ってた参考書7選【初心者におすすめ】

また日本人の英会話系のYouTuberはこちらの記事にまとめています。
留学前の英語学習に超役立つYouTuber【ユーチューブ6選】

デメリットはすべて自分次第でお金もかけずに手軽に出来るので気合が入らない人はいつまでも勉強が出来ません。

学習効果

参考書 → 文法の理解を深める
YouTube → 文法とリスニング能力を高める

オンライン英会話をつかう

続いての方法はオンライン英会話です。オンライン英会話は英語を話す練習にはもってこいの方法です。オンライン英会話の最大手DMM英会話も月額5980円からはじめられます。

月額費用も1万円以下で留学前の人のお財布にも優しいです。

自分だけで勉強だと上手く行きそうにないなという人にはオンライン英会話がおすすめです。日本にいながら英語を話す練習が出来ますし、お金がかかるのでやる気が入ります。

英語学習を日本にいる間に継続させるならオンライン英会話+自習が効果的だと思います。

学習効果

オンライン英会話 → スピーキングの強化

フィリピン・セブ島留学をする(2カ国留学)

今まで紹介した中で1番お金はかかるけど、1番確実は方法は日本を飛び出してフィリピン留学をする方法です。

ワーホリに行きたい!という人たちは今まで特に英語の勉強を日本でしてこなかった人たちが多いので環境を変えてワーホリ前に英語力を実践的に鍛える方法です。

実際にETHOS(エトス)でも2カ国留学のプランを通してフィリピン留学にきた留学生は、オーストラリアのローカルホテルやレストランに英語環境で働いています。

「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ2週間でローカルジョブ

「インタビュー:2カ国留学」やりたい事がなかった..。でも、留学はしたかった。

海外に行って英語は話せるようになりたいけど、日本だとやる気出ないという人におすすめの方法です。

学習効果

フィリピン留学 → 中級レベルまで英語力を伸ばす!

(まとめ)ワーホリ前に英語の勉強は必須

以上がワーホリ前の勉強法についてでした。

実際は海外に暮らすのが主な目的だから英語はそこまで重要じゃないよという人など人それぞれです。

ただし、ワーホリを使って英語を話せるようになりたい!と思う人はワーホリ前に英語力を中級レベルまでは伸ばすことをおすすめします。

そうしないと、英語環境の職場で働くのも難しいですし、現地でムダな時間を過ごすことになってしまいます。

もし、フィリピン留学をしてワーホリでは英語環境で働きたいなと思った方がいたら、「1年で英語が使いこなせる」2カ国留学がおすすめです。

<ETHOSの2カ国留学とは?>

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>