雰囲気抜群!セブ島でラム肉が食べられる「Lamujin(ラムジン)」

ラムジン外観

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

SMシーサイドにセブ島で「ラム肉」が食べれる韓国料理屋ができていました!
 
正確には、韓国料理と日本料理がミックスされたレストランだったのですが、メニューも韓国料理の方が断然多く、どちらかと言うと韓国寄りです。
 
そんな開店して1年の新店「Lamujin」に行ってきました!
 
フィリピン英語の訛りが心配ではありませんか?

大きな声では言えませんがフィリピン人はフィリピン訛りの英語を話します。つまり、外国人の話す日本語と同じです。

アメリカ人をはじめ英語圏の人たちに「しっかり理解される発音」を身につける1番の近道は、プロのアメリカ人講師に発音を矯正してもらうことです。

実は、フィリピンに全授業を英語のネイティブスピーカーであるプロのアメリカ人講師から英語を習える学校があります。(オリジナルの発音プログラムが留学生から人気です!)

フィリピン・セブ島でラム肉が食べれるラムジン

ラムジン外観
SMシーサイドの3階にあります。レストランが多く並んでるエリアです。屋上の中央広場の近くなのですぐに分かるでしょう。
 
ラムジンの店内
 
店内の様子。モール内のレストランって清潔に保たれていて綺麗なのでいいです。
店内は韓国というより、日本を感じさせます。
 
そして、お客さんが誰も入ってないので逆に入りにくい。
 
「誰もいない」を英語で?

There’s nobody. (誰もいない)
逆に満席の場合、Sorry, we’re full today. (すみませんが、満席です)と使います。

フィリピン・セブ島のラムジンのメニュー