298ペソでフィリピン料理食べ放題 Cabalen「カバレン」セブ島SMシーサイド店

フィリピン料理食べ放題のキャバレン

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

 フィリピン人は常に何か食べているという位、食べるのが大好きなので「食べ放題」を提供してるお店が多い気がします。
 
今の所、セブ島の食べ放題で一番好きなのはチキン食べ放題のBurrow Lougeですが、今回はSMシーサイドの中に入っている、298ペソ(約650円)でフィリピン料理食べ放題のCabalenに行ってきました!
 
読み方はカバレンかキャバレン・・なので、この記事ではカバレンで統一します。
 
 

フィリピン料理の食べ放題

フィリピン料理食べ放題のキャバレン
 
SMシーサイドの1階にCabalenはあります。写真にある298ペソで食べ放題!の看板が前から気になっていました。
 
フィリピン料理って主にチキンとライスなので日本人にも食べやすいですが味が単調、極まれに留学生の中にフィリピン料理が苦手な人もいますが、ほとんどの人は美味しく食べています。
 
「主食」は英語で?
英語で主食というときはstaple(主食、主要産物)を使います。

Rice is a staple in Japan.(日本でお米は主食です。)

フィリピンも日本と同じくお米が主食です。

 
フィリピン料理がどんなものか気になる方は【真実】フィリピン料理ってまずい?!代表的な料理を紹介します。を参考にしてみてください。
 

カバレン店内の様子

カバレンの店内
 
店内は奥に広く、客層はほとんどフィリピン人です。
 
カバレンのメニュー
 
紙のテーブルシートにはCabalenの歴史が書いてありました。マニラにも店舗があるみたいです。
 
カバレンのデザート
 
一番最初にデザートが並んでました!
 
カバレンのデザート
 
スイカやマンゴー(写真にはないです)、フィリピンのスイーツが並んでいます。
 
茶色いデザート
 
手前の茶色のは、ライスを甘くしたものでおはぎみたいなデザート。奥のは何だかわかりません。
 
個人的な感想ですがフィリピンのデザートはあたり外れがかなりあります。
 
 
 
カバレンのライスは3種類
 
デザートは何も取らないで、早速メインの食事の方へ。流石フィリピン!ライスが手前に3種類もありました。
「主食」は英語で?
先ほど主食はstapleで表現できると言いました。でもフィリピン人って本当にお米で生きてるよね〜と大げさに言いたいときにはLive on(生きる、暮らしてるが使えます。

I live on rice.(私はお米で生きてます。)

I live on five thousand yen a month.(僕は月5万円で暮らしてる。)

間違ってもHe lives on San Miguel light.(彼はサンミゲルで生きてる。)なんて言われないように留学中は注意してください。

 
白米の奥にあるには、甘い味付けのライスです。フィリピンのお米はパサパサしています。
 
カバレンのサイドディッシュ
 
麺類、肉、魚とかなり豊富です。
 
フィリピン料理
 
写真右上の黒いのが鳥の血を固めたドゥゴドゥゴ、
 
写真右下のカレーのような見た目の料理が牛肉と野菜をピーナッツベースで炒めたカレカレです。
 
カレンデリア
 
フィリピンの庶民の食堂カンデリアに置いてありそうなメニューが置いてあるイメージです。
 
ETHOS近くにも美味しくてオススメできるフィリピン庶民の食堂ローカルレストランがあります。
 
レチョン
 
フィリピン人が誰もが好きな「レチョン」は大人気です!ほとんどありませんでしたが、無くなったら新しいのを足してくれます。
 
野菜もあります
 
生野菜もしっかり置いてあります!フィリピンは野菜不足になりやすいので、野菜が置いてあるだけで嬉しいです!
 
レチョンは北京ダックのように食べます
 
北京ダックののように、小麦粉を薄く焼いた皮でレチョンや野菜を包んで食べるのがオススメ!
 
「なんとかやってるよ」は英語で?
挨拶でhow’s it going?と言われて「なんとかやってるよ。」という際にgetting by.(なんとかやってるよ)と言うようにget byには「なんとかやっていく/なんとか生きて行く」という意味があります。

They get by 30,000 yen a month.(彼らは月3万円で生活してる。)

留学から帰国すると英語しゃべれるの?と聞かれたときはNot very well though, Still I can get by.(まぁ上手くはないけど、なんとか話せるよ。)と答えるくらいにはなりたいですね。

まとめ

 
フィリピン人と一緒に来る場合、有りかなと思いますが個人的にSMシーサイドで食事する場合はもう使わないと思います。
 
参考までにトリップアドバイザーの順位ではセブシティのレストラン692軒中419位です。
 
フィリピン料理なら、SMシーサイド近くにある海沿いの「ランタウ」が断然オススメです。
 
SMシーサイドの中にも他にオススメのレストランはたくさんあります!
 
 
セブ島では299ペソで食べ放題できるのに4800ペソ(1万円)を一食で使い切ってみました。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン料理食べ放題のキャバレン

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS