【検証】フィリピン人はフレンドリー!?国民性テスト

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

 

かずき兄
フィリピン留学とワーホリ経験者でETHOSの、かずき兄(@Kazki413)です。

突然ですが僕は悩んでいます。

フィリピン人の国民性はとにかくフレンドリーっていうけど実際どれくらいフレンドリーなんだろう…。

確かにみんな陽気で明るい性格の人が多いけど実際どうなの?という疑問があります。

そうだ!

やってみればいいじゃん!

ということで初めて行くお店に5日間通い続けるとフレンドリーな仲になれるの?なれないの?試してみようと思います。

実験のルール
  • はじめてのお店に通い続ける(5日間)
  • 店員と会話ができたら成功

今回のチャレンジャーは、

かずき兄です。

お酒の力に頼らないと人と打ち解けるまでに時間がかかる典型的な30代の日本人。

僕が座ってるテーブルはフィリピン人スタッフ、サムの定位置。ちなみに彼がサムです。

これがセブ島の美容院(床屋)だ!ローカルのフィリピン人と行く。

さて、検証に入ります。

ヘルシーショッツで検証

今回は学校から3分ほどのところにあるスムージー屋さん、Healthy Shots(ヘルシーショッツ)にしました。

僕はこのお店の前を今まで通ったことさえない。なので正真正銘はじめてのお店です。

シラフで頑張ってみようと思います。

1日目のスムージー屋さん

ヘルシーショッツの店内に入り店員さんと初対面。

もちろん普通にオーダーします。

今回オーダーしたのはグアバノというフィリピンでは有名なフルーツのスムージーです。

奥にいたお兄さんがスムージーを作ってもってきてくれます。1日目は何事もなく終了。

てかキツい!

このままだと距離が埋まらない気がする。

2日目:不安を残しつつヘルシーショッツ

留学生のインスタ映えスポットになってる壁の前からスタート。

どんぐもりの2日目です。そのせいかちょっと体調不良気味ですが今日も頑張ります。

今回はお兄さんしかいないみたいで、お兄さんがオーダーを取ってくれます。

ちなみに彼は一切ムダのない動きでテキパキ仕事をこなします。

今日はスイカのスムージーを飲んでみます。

ETHOS(エトス)留学生のみなさん、今の所おすすめはグアバノです。

まだまだ距離は埋まりません。

フィリピン人って本当にフレンドリーなのかな?疑問を感じてきました。

実は今僕が肘を付いているところはカウンターになっているので、ここでスムージーを飲んで帰ることができます。そこで早速座ってみます。

・・・・

・・・

・・

なんかシュールな絵になってますけど、これが今の僕と彼の距離なんだなと思います。

2日目もなにごともなく終了。

3日目:店のチョイス間違えたかなと思いつつ継続

さて3日目はじまります。学校すぐ近くのマックにしとけば良かったな〜と思いながらヘルシーショッツへ。

土日はアイランドホッピングに行ってきたので日焼けしています。

英語使う練習ができて安全にアイランドホッピングを楽しみたい人はこの記事もどうぞ。

※関連記事
【セブ島】10ヶ月の子供と子連れアイランドホッピング

写真だと伝わりづらいですけど、お姉さんの一連の対応が3日目にしてソフトになってきています。

実は2日間やってみて、僕の中に「このお姉さんは恥ずかしがり屋のフィリピン人」という説が浮上しています。

なので今日はロックマンのキャップを被ってきました。

友だちと遊ぶときにこれを被っていけば、ほぼ確実に「おっ!ロックマンじゃん!」、「まじさすがにそれは被れないわ〜」と話の掴みをしてくれる優れものです。

なので「あ!それロックマンですね。」とお姉さんの話のきっかけになるはずです。

名付けてロックマン作戦です。

ロックマン作戦失敗でした。

今日も一言も会話が生まれずにお店をあとにします。

 

今日はマンゴーシェイクをオーダー。

ここまでグアバノ、スイカ、マンゴーをオーダーしたけど、おすすめはグアバノです。

4日目:今日こそは会話を生み出そうとしたけど・・

今日はETHOS(エトス)の受付にいるサムと一緒に写真撮影をしました。

フィリピン人男性のサムは陽気でSNSが大好きなのでfacebookの更新頻度が高いです。

僕よりも留学生とfacebook友だちになっています。(僕も友だち申請待ってます)

4日目の今日もお姉さんがいました。

3日目のときから対応がソフトになってきているので、今回はお会計のときも表情も対応もやさしい感じです。気持ちがだんだん通じてきてる気がします。

そうは言っても4日目まで会話は生まれてません。

フィリピン人の店員
いらっしゃいませ。
かずき兄
グアバノシェイクをひとつ、お願いします。
フィリピン人の店員
35ペソです。
かずき兄
はい、35ペソです。

このシンプルな流れだけで終わります。

でも対応は日に日にソフトになってきています。

今日はバナナシェイクをオーダー、おすすめはグアバノです。

5日目:そして検証期間の最終日

めちゃくちゃ混んでます。

すごい盛り上がってます。

その盛り上がりに助けらて、「すごい混んでますね。」と言う一言をきっかけに、ようやく女性スタッフと会話が生まれます。

いやぁ〜想像以上に時間がかかりました。

僕がどこに住んでるのか?今の子供たちはどこの学校の生徒なのか?などなど他愛もない話がはずむこと5分。

最後はこんな感じで仲良くなってまたセブ島に行きつけが出来ました。

ちょうどこの日にフィリピン・セブ島で1000円あれば何ができるか?の記事を僕なりに1日で使い切ってみました。

【フィリピン物価】セブ島で1000円あれば何ができる?

後日談

しばらくぶりに留学生のタニくんからこんなLINEが届きます。

※画像はイメージです

かずきさんに教えてもらったシェイク屋さんとすぐ仲良くなりましたというLINEと、僕が聞き得なかった彼らの名前まで、知っていました。

僕は名前知らなかったんですけど、女性スタッフがマージョリー、男性スタッフがレオニルです。しかも彼らは兄妹とのこと。

フィリピン人はフレンドリーなのか?この答えにこれで結論がでました。

フレンドリーだけど仲良くなるまでにかかる時間は人による。 

そして、

英語力よりも人柄。

最終的にブログの記事にすることを伝え了承をもらえたので、ETHOS留学生のみなさんはこの記事を彼らに見せてあげてください。きっと喜んでくれるはずです。

【単純です】フィリピン人の性格の特徴を知って上手に付き合おう

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS