フィリピンでのお酒のルールと種類について【安くて美味い】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンに行く人
これからフィリピンに行く予定です。

フィリピンでは何歳からお酒を飲む事ができますか?

日本からのお酒の持ち込みルール。フィリピンからお酒の持ち出しルール。フィリピンのお酒の種類なども知りたいです!

フィリピンに詳しい人教えてください。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、フィリピンでは18歳からお酒が飲めます。お酒の持ち出し、持ち込みにはルールがあるので記事で紹介しますね。

また、フィリピンはお酒が安くて最高です!

この記事の内容
  • フィリピンでのお酒のルールについて
  • フィリピンのお酒の種類
  • フィリピンでお酒を買える場所

 

こんにちは!ETHOS(エトス)のKan(@kan11jp)です。

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

お酒好きなので、フィリピンのお酒事情については詳しい方です。

こういった背景の僕が、フィリピンでのお酒のルールと種類について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

フィリピンでのお酒のルールと種類について

日本からフィリピンに持ち込み、フィリピンから日本に持ち出し両方共、1リットル以内の酒類を1人2本まで可能です。

ですので、日本からフィリピンにカップルで行く場合は、1リットル×4本持ち込み可能となります。

注意点として手荷物では持ち込む事が出来ないので、必ず機内荷物にしてください。

フィリピンでは18歳からお酒が飲める

日本では20歳からですが、フィリピンでは18歳からお酒の購入と飲酒が可能になります。

日本人の18歳でも、フィリピンに行けば合法的にお酒が飲める訳ですが、慣れない地での飲酒はあまりおすすめ出来ません。

フィリピンでのお酒のルールはこのくらいです。お酒に対して、そこまで厳しいルールはありません。

では、次にフィリピンで飲める「お酒」の種類を紹介していきます。」

フィリピンで飲めるお酒の種類について

フィリピンのお酒①:サンミゲルライト

フィリピンで一番有名なお酒と言えば、サンミゲル社が提供しているサンミゲルライト。

コロナの様に南国のビールらしく、薄味で、かなり飲みやいです。

個人的に一番好きなフィリピンのビールはこれです。

フィリピンのお酒②:レッドホース

名前が「赤い馬」と、いかつい名前の通り、アルコール度数が6%とビールの割に高いです。

アルコール度数が高い割に、そこまでアルコール度数が強く感じないので、スイスイ飲めてしまいます。

レッドホースは酔っ払いやすいので、注意が必要なんですが、このお酒は「砂糖」も含まれているので注意です。

飲みすぎると太ります。

フィリピンに関わって5年になる僕ですが、この事実を最近知りました。

フィリピンのお酒③:サンミゲルピルセン

フィリピンの3第ビールと言えば、サンミゲルライト、レッドホース。そして、サンミゲルピルセンになります。

他のビールより苦味が強いので、ビール嫌いな人には飲みにくいかもしれません。逆にビールの苦味が好きな人にピルセンはおすすめです。

ピルセン好きな男子は割と多い気がします。

他にもフィリピンにはビールがありますが、もう少し詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

ビール好き注目!フィリピンで飲むビール6選【氷を入れよう】

フィリピンのお酒④:エンペラドール

エンペラドールは世界で一番飲まれている「ブランデー」です。日本だと、あまり馴染みがないですよね。

サトウキビが原料のカットブランデーで、フィリピンだと750mlで150円くらいで買えます。安いですよねー。

安さと美味しさから、現地の人はエンペラドールはアルコール度数も高くて直ぐに酔えるからと、よく飲まれています。

飲み方はストレートでも良いし、コーラや水と割ってもよし。フィリピン人はコーラと割って飲むのが好きです。

フィリピンのお酒⑤:ラム

フィリピンのラム酒と言えば「タンドアイ」アルコール度数が40度あり、700mlのタンドアイはなんと、250円と言う驚きの安さです。

写真の小さなタンドアイは50円くらいで買えてしまいます。笑

こちらもエンペラールと同様、現地人に良く飲まれています。コーラーと割って飲むと美味しい。

ストレートで飲むと、喉が焼けますが、味は美味いです。絶対スーパーに売っていますので、とりあえず、お酒好きはスーパーに駆け込もう。

フィリピンのお酒⑥:QUINCE

QUINCEもエンペラドール同様ブランデーになります。値段も700ml250円ほどです、アルコール40度もあるので強烈です。

こちらも美味しいので、おすすめ。

フィリピンでお酒を買える場所

フィリピンで基本的にお酒は何処でも買えますが、下記の場所が一般的かなと思います。

  1. コンビニ
  2. レストラン
  3. スーパーマーケット
  4. サリサリストア

 

①〜③では、絶対売っています。

でも、サリサリストアって、日本人には馴染みがないですよね。サリサリストアとはこんな感じの小売店です。

日本の駄菓子屋の様な感じで、フィリピンにはたくさんあります。

ビールなど、その場で買って飲めますので、気になる方は行ってみてください。

フィリピン人のお酒の飲み方(おまけ)

フィリピン人はお酒が大好きです。そして、結構強い。笑

もし、フィリピン人とお酒を飲む事になったら、「Tagay(タガイ)」と言って乾杯しましょう。

フィリピン語でタガイは「乾杯」の意味になるので、タガイと言うと、とても喜びます。

フィリピン流・お酒の飲み方(ガンナー)

フィリピンでは一つずつコップにビールを注いで食べるのではなくて、皆で1つのコップを使って、回して飲むという(ガンナー)と言う飲み方があります。

沖縄の宮古島で言う「お通り」の様な飲み方です。

フィリピンのお酒まとめ

フィリピンの法律は日本と違い、18歳からお酒の購入と飲酒が出来ます。

そして、日本には売っていないお酒もたくさんあり、値段も安いので、お酒好きにフィリピンはおすすめです。

今回は以上になります。

 

フィリピンのお酒を現地で飲んで、お土産にするのもおすすめですが、他にもフィリピンのお土産でおすすめなモノがたくさんあります。

下記記事で紹介しているので、合わせて読んでみてください。

【もう迷わない】フィリピン・セブ島のお土産!これ買えば間違いない

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS