フィリピン・セブ島留学で使える返済不要の奨学金【留学生の味方】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学を検討中の人
格安留学について調べていたら、フィリピンが候補にあがりました。

ですがまだ学生なので、できるだけ費用を抑えたいと考えています。海外留学にも奨学金はありますか?フィリピン留学でも利用可能な制度について教えてください!

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、フィリピン・セブ島留学でも使える奨学金制度はあります。一般的な奨学金のイメージとは異なって、海外留学の際の奨学金は返済義務のない「給付型奨学金」である場合がほとんどです。

 

この記事の内容
  • フィリピン留学で使える返済不要の奨学金について
  • フィリピン留学でも使える奨学金の種類を紹介
  • 奨学金の選考方法、手続きの方法

 

この記事を書いている私は、フィリピンセブ島在住でインターンシップ歴4ヶ月、今まで50人以上の日本人留学生を見てきました。

今回は私がインターンシップで得た知識を元に、そんな疑問にお答えしていきたいと思います!

フィリピン・セブ島留学で使える返済不要の奨学金

学生の方やお金をセーブしたい方に人気の留学先としてフィリピンは年々名が知れ渡ってきていますが、そもそも留学に際してどのくらいの費用がかかってくるのかご存知でしょうか。

実際のところ、答えは正規留学(フィリピンの大学に入学すること。)なのか、語学留学なのかによってはっきり分かれてくると思います。学校やコースによって大きく違う場合も出てくるので一概には言えません。

正規留学1ヶ月の場合

授業料 約15,000〜30,000円
宿舎 約10,000〜40,000円
光熱費 約2,000円
水道代 約600円
食費 約20,000〜30,000円
生活必需品 約5,000円
海外保険 約15,000〜20,000円
娯楽 約20,000円
航空券、ビザ代金  
合計 約87,600〜147,600円+航空券代+ビザ代

航空券は時期によって値段が変わってきますが、4万円〜8万円。

ビザ代金は留学期間によって変わってきます。

語学留学1ヶ月の場合

入学金
授業料
宿舎
申込み時点で支払うもの
約150,000円
SSP費用
光熱費
水道代
教材費
送迎費等現地で支払うもの
約30,000円
海外保険 約15,000〜20,000円
航空券  
合計 約215,000円+航空券代

ある程度費用がかかると考えてよいと思います。今までの主流な留学先と比較すると驚くほどに安価で済むのですが、それでも大きな金額には違いないですね…。

留学の奨学金について(返済義務が無い場合も)

「奨学金」というワードは大学入学の際などに耳にすることが多いと思いますが、実は海外留学でもよく使われます。

基本的には「貸与型」「給付型」の2種類があり、留学奨学金は返済の義務のない「給付型奨学金」が多い傾向にあります。

条件を満たせば企業や地方の団体、政府、所属している大学等から資金の援助を受けることができ、留学の大きな助けになるはずです。

今回はフィリピン留学にフォーカスして、いくつか役に立つ給付型の奨学金制度をご紹介していくので、ぜひ最後まで記事をお読みくださいね。

フィリピン留学でも使える奨学金の種類

もちろん、アメリカやカナダなど留学先として根強い英語圏の国々に比べると、フィリピンはまだまだメジャーとは言えないかもしれません。

ですが、利用できる奨学金は意外と身近にあるものです。

政府主体〜トビタテ!留学JAPAN〜

トビタテ制度は、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。

残念ながら、昨今の日本では経済的理由で多くの意欲と能力のある日本の若者が留学を諦めてしまっているというのが現状です。

トビタテ!留学JAPANは各分野で活躍されている方々や民間の企業からの寄付や支援で、そのような日本の未来を担う人材をサポート、育成することを目標としています。

主体

文部科学省

留学内容

個人個人の留学計画書による

留学+αが求められるので、語学目的のみの留学は不可

対象者

高校生、大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学校生、専修学校生

年齢制限

30歳以下

必要な英語力

自身の留学計画に見合ったレベル(高校生は語学力、成績不問!)

採用人数

400-500名程度、倍率は3倍程度なことが多い

支給額

<高校生>14-95万円

<大学生>留学ヶ月×15-25万円+α

留学期間

<高校生>14-365日間

<大学生>28-365日間

コース等

<高校生>アカデミックコース、プロフェッショナルコース、スポーツ・美術コース、国際ボランティアコース

<大学生>理系,複合・融合系人材コース、新興国コース、世界トップレベル大学コース、多様性人材コース、地域人材コース

HP

トビタテ!留学JAPANトップ

 

トビタテ!留学JAPAN大学生

 

トビタテ!留学JAPAN高校生

 

トビタテ!留学JAPANよくある質問

トビタテ!留学JAPANは2020年までに海外留学生数の倍増を目標としているため、今のところ大学生は2019年12-3月の受付、高校生は2019年10月-2020年1月までの受付で最後になるそうです。と、いうことは…チャンスは今です!

〜行政独立法人日本学生支援機構(JASSO)〜

こちらもトビタテと同じく文部科学省の主催する留学制度。留学生交流を一層推進するため、留学生の受入れ・派遣の両面において、様々な支援事業を実施しています。

主体

文部科学省

留学内容

協定派遣、学部学位取得(正規留学)、大学院学位取得

対象者

<協定派遣>高校生、大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学校生、専修学校生

<学部学位取得>高校を卒業して3年以内

<大学院学位取得>学士以上の学位を取得、又は取得見込みの方

年齢制限

大学院学位取得は修士課程35歳未満、博士課程40歳未満

必要な英語力

<学部学位取得>TOEFL iBT80点以上又はIELTS Academic Module6.0以上又はCEFR B2以上

<大学院学位取得>TOEFL PBT600点以上、iBT100点以上又はIELTS Academic Module7.0以上

採用人数

<学部学位取得>45名程度

<大学院学位取得>95名程度

※前年度参照

支給額

<協定派遣>月額7万円、渡航支援金16万円

<学部学位取得>月額7万4000円、授業料年間250万円まで

<大学院学位取得>月額10万4000円、授業料年間250万円まで

※フィリピン留学の場合

留学期間

<協定派遣>8-365日間

<学部学位取得>4年間

<大学院学位取得>修士2年、博士3年

HP

HPはこちら

貸与型HP

貸与型HPはこちら

企業主体〜日本経済団体連合会グローバル人材育成スカラーシップ〜

経団連とは、様々な大手企業が中心となって構成されている団体です。海外留学の奨学金サポートも行っていて、比較的応募条件が易しいのが特徴的

主体

企業団体

留学内容

海外の大学への約1年間の留学

対象者

指定された日本の大学の学部2,3,4年生、大学院修士課程1,2年生でGPA2.0以上を有している学生

年齢制限

特に記載なし

必要な英語力

TOEFL iBT61点以上又はIELTS5.0点以上

採用人数

20名

支給額

200万円(使途は限定せず。)

留学期間

約1年間(8ヶ月以上1年未満、理系専攻者は6ヶ月以上1年未満。)

HP HPはこちら

〜British Council Japan IELTS Award〜

British Councilの主催するプログラムです。IELTSのスコアを入学条件にしている大学又は大学院への留学に対して奨学金を給付しています。

主体

企業

留学内容

海外への大学留学

対象者

IELTSオーバーオールスコア6.0点以上を有している人

年齢制限

特に記載なし

必要な英語力

IELTS6.0点以上

採用人数

4名

支給額

30万円

留学期間

9ヶ月以上

HP

HPはこちら

地域団体主体〜グローバル人材育成センター埼玉〜

地域によっては奨学金制度が整っており、難しくない条件で受給できる場合もあります。

埼玉県の団体が行なっている奨学金制度です。基本的に埼玉県民か、埼玉の学校に通っている方が対象になります。

一般奨学金の場合

主体

埼玉県

留学内容

学位取得(正規留学)、語学留学等

対象者

埼玉県民又は埼玉県の高校、大学等へ通っている学生

年齢制限

40歳未満

必要な英語力

特に記載なし(外国語能力試験のスコアの写しは提出必須。)

コース等

<学位取得コース>海外の大学、大学院への学位取得を目的とした留学

<地域活躍コース>県内でのインターンシップ+1ヶ月以上の海外留学

<高校生留学コース>埼玉県内の高校在学中の3ヶ月以上の留学

採用人数

<学位取得コース>10名以内

<地域活躍コース>50名以内

<高校生留学コース>30名以内

支給額

<学位取得コース>100万円

<地域活躍コース>20万円

<高校生留学コース>50万円

HP

HPはこちら

冠奨学金(企業や個人などによって設置された奨学金)の場合

〜ヤオコー奨学金〜

主体

埼玉県、株式会社ヤオコー

留学内容

海外体験活動(教育機関での留学に限らず、インターンシップやボランティア等も含む。)

対象者

埼玉県民又は埼玉県の高校、大学等へ通っている学生

年齢制限

18歳以上40歳未満

必要な英語力

特に記載なし

採用人数

2名

支給額

50万円

留学期間

1ヶ月以上

HP HPはこちら

〜未来へ架けるレインボー奨学金〜

主体

埼玉県、法人

留学内容

海外体験活動(教育機関での留学に限らず、インターンシップやボランティア等も含む。)

対象者

埼玉県民又は埼玉県の高校、大学等へ通っている学生

年齢制限

18歳以上40歳未満

必要な英語力

特に記載なし

採用人数

1名

支給額

50万円

留学期間

1ヶ月以上

HP

 HPはこちら

〜福岡県アンビシャス外国留学支援事業〜

福岡県の奨学金制度。外国の大学に留学する青少年に奨学金を交付することで、福岡県の将来を担い、豊かな心、 幅広い視野、それぞれの志を持って、国際的に活躍する人材の育成を目指します。

主体

福岡県

留学内容

学位取得(正規留学)

対象者

福岡県の高校に在学中又は卒業した方 

年齢制限

20歳未満

必要な英語力

十分な英語力

採用人数

若干名

支給額

150万円又は200万円(保護者の所得による。) 

留学期間

最長4年

HP

HPはこちら

 

〜ぐんま赤尾奨学財団〜

群馬県の奨学金制度。お互いの多様な価値観を理解し異なる文化を受け入れ、新たな価値を創造することができ、グローバル社会での活躍を目指す人材の育成に貢献することを目標としています。

主体

群馬県

留学内容

<一般留学(交換留学を含む。)>学位取得(正規留学)

<研修留学>語学留学、ボランティア等

対象者

群馬県内の大学、短期大学に在籍する学生

年齢制限

30歳未満

必要な英語力

<一般留学>一定以上の実力(証明書提出あり。) 

<研修留学> 留学により成果を期待し得るに足る語学力

採用人数

<一般留学>3名

<研修留学>5名

支給額 

<一般留学>60万円

<研修留学>30万円

留学期間

<一般留学>3ヶ月-1年間

<研修留学>3週間-1年間

HP

http://gasf.or.jp

 

上記以外にも大学ごとに設けている奨学金もあるので調べてみてください!

奨学金の選考方法、手続きの方法

奨学金の種類により異なってきますが、基本的に書類選考を経て面接で決定されるようです。

ものによっては小論文や留学計画が必要になってくる場合もあります。面接の後グループワークやプレゼンを課すこともあるのでどの奨学金に応募しようか目処がたったら詳しく調べてみてくださいね。

手続きの方法については各ホームページの募集要項などに必要書類、書類を送付する住所等詳しく記載されています。初めにホームページに登録だけはしておかなければならない場合もあるのでご注意ください!

その他の専門的な奨学金

対象者は絞られてしまいますが、専門的な分野での研究に対して奨学生を募集していることも珍しくありません。

例えば、公益財団法人ロームミュージックファンデーションは、海外で音楽を学ぶ学生に月額最大30万円を奨学金として支給しています。

その他にもスポーツや芸術など、たくさんの種類がありますので、専門分野での留学を検討している方はぜひ一度奨学金制度を探してみてください。

奨学金以外の選択

この記事を読んでくださっているみなさんは、留学をするにあたってできるだけ費用を抑えたい!と考えているのではないでしょうか。そこで質問です。

「奨学金を利用する以外での留学」を視野に入れたことはありますか?

フィリピンは留学先として年々人気が高まっている国の1つ。語学学校や日本企業もそれに伴い徐々に増えています。

ということは、その分働き口も増えているということ。語学学校のスタッフは1日数時間無料で授業を受けられる場合が多いですし、インターンシップの募集等も簡単に見つけることができます。

現地に住んでさえいれば、外では全て英語!自然と英語を話し、日本とは全く違う生活様式に触れることによって経験値が上がります。

奨学金を利用しみっちり勉強することももちろん素晴らしいことですが、海外で働く、という貴重な経験ができる機会があるということも少し頭の片隅に置いておいていただけたらなと思います。

【募集】フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

まとめ

留学というものはとても不思議で、しなくても生きていけるのに多くの人々がその魅力に取り憑かれてしまいます。

しかし現実は時に厳しく、金銭的に負担がかかるので断念せざるを得ない人が多いのも事実。実際に留学を経験した者からすると、それはとても悲しいことです。

海外留学には「語学習得」という一言では片付けることのできない素晴らしさが溢れています。肌で触れ、目で見て実際に体感して、初めて得られるものばかりです。

ぜひすぐに諦めてしまうのではなく、使える制度は全て使って、掴めそうなチャンスは全て掴んで、「世界」を感じに行ってくださいね。

今回ご紹介した制度以外にも何種類も奨学金は存在しているので、興味を持たれた方はもう少し深く調べて、ご自分に合ったものを見つけていただけたら幸いです。

「フィリピン・セブ島留学」銀行の教育ローンがおすすめ【低金利】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

外部ライター

フィリピン・セブ島留学経験者、ワーホリ経験者、現地在住者などETHOS(エトス)が厳選した外部ライター。

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS