【簡単】留学後もリスニング力を向上させる方法【おすすめ】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学した人
留学して日本に帰ってから、リスニング力が落ちないか心配です。

良いリスニングの勉強方法はありますか?

現状維持というよりは、リスニング力を上げたいです!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、日本でもリスニングを勉強して向上させる事は可能です。

しかも、他の科目より勉強するのが楽で簡単です。

この記事の内容
  • 留学後もリスニング力を向上させる方法
  • 留学後、リスニングを「伸ばす」おすすめの勉強方法

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、セブ島にいる時は英語を使って仕事をしますが、日本にいる時は完全、日本語環境で仕事をしています。なので、日本では空き時間にYouTubeなどをみて楽しくリスニング力を鍛えてます。現在進行形でリスニングの勉強もしているので、割と詳しく説明できるかと思います。

こういった背景の僕が、留学後もリスニング力を向上させる方法を解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後もリスニング力を向上させる方法

留学中は英語に触れる機会が多いので、英語力が落ちる人はまずいません。

ですが、日本に帰国すると、日常に戻りドンドン日本語に染まっていき、英語力は落ちていきます。リスニングに限らず、スピーキング、発音など英語を使わないと全体的に英語力が落ちます。

英語を使わない=英語力は落ちる

ので、

  • 英語力を維持させたい
  • 英語力を向上させたい

 

場合、英語を使うしか方法はありません。

せっかく、大金を支払って留学をしたのに、英語力が落ちるのは嫌ですよね。

ですが、朗報です。個人的にリスニングは日本でも一番勉強しやすい科目です。

留学後、日本でもリスニングは勉強しやすい

留学した人
スピーキングは話し相手がいないと出来ないし。発音は自分で勉強しても合ってるか分からないし、試す相手がいない・・・・。

って事が多いので、正直勉強しにくいと思います。

でも、リスニングは誰でも何処でもスマホを持っていればリスニングの練習が可能です。

しかも、実体験からリスニング力に限って、日本にいながらも伸ばす事は可能です。

僕は、日本でスピーキングする機会が無くて能力はガタ落ちした経験がありますが、英語を毎日聞いてリスニング力は筋トレのように鍛えていたので、日本にいながら「伸びてる」と実感しました。

 

しかも、スマホで空いてる時間に楽しく勉強できるのでおすすめです。

次に、どのようにしてリスニングを勉強していたのかを紹介します!

留学後、リスニングを「伸ばす」おすすめの勉強方法

下記の通りです。

  1. YouTubeをみる
  2. 映画をみる
  3. ポットキャスト聞く

 

一つずつ解説していきます。

その①:YouTubeをみる

僕は今でも毎日30分くらい、YouTubeで動画をみています。

スマホがあればYouTubeを見る事が出来るし、通勤・通学の電車の中で細切れに見る事もできます。

日本人が英語のレッスンをしているYouTubeチャンネルはたくさんありますし、英語で検索すれば、イングリッシュスピーカーの動画も見れます。

おすすめの方法は下記の通りです。

  1. まずは日本人のチャンネルをチェックする
  2. 慣れてきたら外国人のチャンネルをチェックする

 

英語を聞いてある程度、理解できるようになっていたら、②からで良いですが、まだ英語で英語を理解出来ないうちは、①で慣らしてください。

YouTubeでも英語、ポットキャストでもそうですが、分からない単語が出てきたら直ぐに調べるようにしてください。

理解出来ない単語は調べないと、いつまでたっても理解出来ないままです。

その②:映画をみる

映画はYouTubeと違って、途切れ途切れでみたくないので、ある程度まとまった時間(2時間〜3時間)を使ってみます。

映画をみる時のコツは、

  1. 最初は日本語字幕付きでみて映画の内容を理解する
  2. 次にもう一度、英語字幕で映画をみる

 

一度見れば、ストーリーが頭の中に入っているので、英語で聞いてもある程度理解できます。リスニング力を伸ばす為なので、100%理解しなくてOKです。

ただ、音を聞いて耳に英語を聞かせます。

これを何回も繰り返すとリスニング力が劇的に伸びます。映画だと会話が多いので、映画に出てきたフレーズをそのまま実戦で使う事も可能です。

英語の字幕が出て、分からない単語が出てくるので、その都度調べたりもしました。なので、最初は映画が全然進みませんが、かなり勉強になるのでおすすめです。

その③:ポットキャスト聞く

日本ではあまりポピュラーでは無いですが、アメリカだと通勤の車の中でポットキャストを聞いたり、スマホからポットキャストを聞く人は多いようです。

ポットキャストとはインターネット上に音声を公開するツールの一つなので、ラジオみたいなイメージです。

ポットキャストは1.5倍速、2倍速など音声のスピードを速めたり、遅くしたりする事も可能です。

リスニングを伸ばすには、英語をガンガン耳に入れる事です。歩きながらも英語が聞けるのでおすすめです。

例えば、平日は毎日、駅まで10分必ず歩くとします。その時にポットキャストを聴けば

  • 1週間で50分
  • 1ヶ月で3時間30分
  • 1年間だと40時間

 

英語を聞く時間が増える訳です。

何も聞いてない人と40時間英語聞いた人には大きな差ができてしまいます。

結論、留学後も英語を使いましょう

この記事では留学後もリスニンを伸ばす事に特化して説明してきました。

もう一度、言いますが、スピーキングもリスニングもやならないと落ちます。

ですが、リスニングはスマホがあれば伸ばす事が出来るので、上記の事を参考に是非、継続して勉強してください。

他の科目の勉強方法は下記記事にまとめています。

【危険】留学後は英語を忘れる「可能性大」【解決策教えます】

まとめ

日本でも十分に英語力を伸ばす方法はあります。あとは、あなたが「やるか」「やらないか」です。

ここまで読んでくれたなら、一つだけでも実践してみてください!

留学後も英語力を伸ばすなら、圧倒的に海外で働くのがおすすめです。

下記にオーストラリアでワーホリで働いている方たちの記事があるので、海外で働いてみたいな。と少しでも思う方は読んでみてください。

英語力0からでも頑張れば海外で働けるようになります。

「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ中は仕事でも英語しか使ってないです。

「インタビュー:2カ国留学」給料は1ヶ月3200ドル超え?従業員もめっちゃ優しいです。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら