「甘党必見」セブ島で食べられるデザートを紹介【初めて食べる味】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
フィリピンのセブ島へ行く予定です。

フィリピン料理も気になるけど、フィリピンで食べられるデザートも気になります。

セブ島に行くので日本では味わえないフィリピン・セブ島のデザートを楽しみたいです。

 

こんな疑問に答えます。

 

Kan
今回はフィリピン・セブ島で食べられる伝統的なデザートを8つ紹介します。

日本では見たことない、フィリピンの伝統的なデザートもあるので面白いです。

 

この記事の内容
  • セブ島で食べられるデザート7選

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

実際に現地に来てみると、日本で見た事がない、今まで食べた事が無い味のデザートに出会いました。

フィリピン人は超甘党。食事の後はデザートで締める習慣もあります。この記事では僕が今まで食べたフィリピンのデザートを紹介していきます!

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

セブ島で食べれるデザートを紹介

下記の通りです。

  1. キャッサバケーキ
  2. タホ
  3. レチェフラン
  4. ブコ・パンダン
  5. ウベアイスクリーム
  6. フィリピン特有・激甘なケーキ
  7. 代表的デザートのハロハロ
  8. くるくるソフトクリーム

 

一つずつ紹介していきます。

セブ島デザート①キャッサバケーキ

ミルクバター、タピオカの原料になるキャッサバを使ったケーキ。(キャッサバとは芋の一種です。)

タピオカとミルクの風味をあり、モチモチの食感が特徴。甘いので小さいキャッサバケーキ一つならおやつに良いかも!

3時のおやつにブラックコーヒーと食べるのが大好き。コーヒーとの相性が抜群です。

セブ島デザート②フィリピンのおやつといえばタホ

タピオカと豆腐に黒蜜をかけて食べるデザート。1つ10ペソ(20円)と安いです。

屋台でも頻繁に見かけることができて気軽に食べられるデザート。

フィリピンでも地域によって、ストロベリーを豆腐にかけて食べるタホもありますが、セブ島では黒蜜をかけて食べるのがポピュラー。

セブ島デザート③フィリピンのプリン、レチェフラン

個人的にフィリピンのスイーツで一番好きな「レチェフラン」。日本のプリンは少し硬くして濃厚にしたデザートです。

フィリピンで一番日本のスイーツに近いのではないでしょうか?スーパーにも売っているので、フィリピン人におやつ等にあげると喜びますよ。

レチェフランがおすすめなレストランはKuya Jです。

セブ島デザート④Buko Pandan(ブコ・パンダン)

コンデンスミルクとココナッツの飲み物の中に緑色の寒天を入れたフィリピンのデザート。

これは本当にまずい!!笑

基本的に何でも食べれる僕ですが、これは本当にまずいなと思いました。でも現地フィリピン人には人気で屋台で売っていたり、フィリピン料理屋ではデザートとして売られていいたりとポピュラーなデザートです。

ブコ・パンダンを美味しいと言っている、日本人に会ったことないかも。

セブ島デザート⑤ウベアイスクリーム

ウベとは紫色のスイートポテトであり、栄養があるので、庶民の一般的な食べ物として食卓に出ます。写真の右上のアイスは「ウベアイス」。綺麗な紫色をしているのが特徴です。

フィリピンではアイス等のデザートの中にウベが入っていたり、パンの中にウベが練りこまれていたりと、至る所でウベが使われています。それだけ、現地人にウベは愛されています。

食物繊維豊富で美容と健康にも良いみたいです。写真のウベアイスはセブ島の焼肉食べ放題「若松」でありました。

セブ島デザート⑥海外特有激甘なケーキ

この大きさのケーキでなんと500円という安さ!

味は、めちゃくちゃ甘いです。日本のケーキの3倍くらい甘いと思います。

フィリピンで売っているケーキの特徴は、味が単調で物凄く甘い。

後、色がカラフルなので「海外のケーキ」だなと言った印象です。

セブ島デザート⑦フィリピンの代表的デザートのハロハロ

Photo By tripadviser

ミニストップで有名なハロハロですが、もともとはフィリピンを代表するデザートなのは知っていましたか?

ハロとはフィリピンの言葉で「混ぜる」と言う意味でかき氷、アイスクリーム、マンゴー、ナタデココ、ミルク等をトッピングします。

フィリピンのファーストフード店やフィリピン料理屋には、ハロハロを売っているお店が多く、食後のデザートでハロハロを食べている現地人も多いです。

お店によってハロハロの味はかなり違うので、セブ島滞在中にお気に入りのお店を見つけよう。

セブ島のデザート⑧:くるくるソフトクリーム

セブ島で一番大きいショッピングモールのSMシーサイドに「くるくるソフトクリーム」

長い!青い!カルフル!ってことで、ソフトクリームの色によってインスタ映えもします。

気になる方は、SMシーサイドに行こう。

(まとめ)フィリピン・セブ島のデザートは癖が強い!

フィリピンのデザートは当たりと外れがかなり多いかな…..

でも、日本では見ることのない珍しいデザートもあるので、セブ島に来たらこの記事で紹介したデザートを食べてみてください。

今回は以上です!

僕はフィリピンのスイーツだったら、フィリピン料理の方がおすすめできます。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

【真実】フィリピン料理ってまずい?!代表的な料理を紹介します。

関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS