アメリカ人がつくるケーキの色に驚き?!傑作11選

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ケーキ好き
どうしてアメリカ人のつくるケーキの色は「不味そう」に見えるんですか?

アメリカ人が真っ青だったり、レインボーな色が好きなんですか?

かずき
僕も仕事でアメリカ人と5年以上一緒に働いてますが、確かにアメリカ人がつくるケーキの色は…美味しそうには見えないです。

でも「おおおーっ!」という驚きをくれるのでそんな傑作を集めてみました。

この記事の内容
  • アメリカ人のケーキ傑作11選

ちなみにTwitterでつぶやいてみたら、


なぜアメリカ人は青いケーキ食べるの?

この疑問はアメリカ人と仕事して
5年以上たつ今でも謎のままですが、

食欲は湧かないけど
「おっ!」とテンションは上がるし

クオリティ高いので
コレはコレでありなのでは?

そう思う一方で、
美味しそうには見えない

アメリカ人講師作のケーキたち

ブラジル人は黄緑のケーキを食べると教えてくれる人がいました。

世界は広い!

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。

現在はフィリピンでホームステイ実績No. 1で、ワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で留学生のサポートをしています。

セブ島のある語学学校ETHOS(エトス)におかし作りが趣味のアメリカ人講師がいるので、彼女のつくる傑作を12個集めてみました。

フィリピン英語の訛りが心配ではありませんか?

大きな声では言えませんがフィリピン人はフィリピン訛りの英語を話します。つまり、外国人の話す日本語と同じです。

アメリカ人をはじめ英語圏の人たちに「しっかり理解される発音」を身につける1番の近道は、プロのアメリカ人講師に発音を矯正してもらうことです。

実は、フィリピンに全授業を英語のネイティブスピーカーであるプロのアメリカ人講師から英語を習える学校があります。(オリジナルの発音プログラムが留学生から人気です!)

アメリカ人のつくるケーキの色に驚き?!傑作11選

日本で育った完璧な日本人の僕は昔イメージしたアメリカ人のつくるケーキやお菓子の代表作といえばカントリーマアムです。

こんな感じで素朴なものをイメージしてたり、勝手にタカアンドトシのネタで有名な「欧米か?」で出てくるチェリーパイも素朴なイメージでした。

「でも実際は全然ちがった…」ということでお菓子つくりが趣味のアメリカ人講師のケーキをご覧ください。

ちなみに彼女の仕事はプロの英語講師のため、ほぼ毎週こうして留学生とカップケーキをつくっています。

そんなアメリカ人の彼女が自分の子供、孫のために本気を出すとすごいクリエイティブなケーキをつくります。

紫のカップケーキ

一つ目は紫のカップケーキです。

ろうそくも紫で統一されています。

セサミストリート

これぞアメリカ、セサミストリートのキャラクターのエルモのケーキです。

めちゃくちゃ上手にできてますね。

エルモなので赤を主体にオレンジの鼻までしっかりつくられています。

青のカップケーキ

クリームは日本だと生クリームが基本ですがアメリカ人はバタークリームが好き(もしくはデコレーションに向いている)のでよく使います。

留学生もはじめは恐る恐る食べるのですが、意外にそのあまーいカップケーキにはまる人も多いです。

亀のケーキ

これ何かのキャラクターですかね?

アメリカ人のママが孫のためにつくった力作です。

すごいクリエイティブですよね。

写真のようにアメリカのケーキは日本でみるものよりもずっしり重厚感があるものがおおいです。

キティちゃんのケーキ

これはアメリカ人ママの孫娘の誕生日につくられたケーキです。

アメリカ人にも日本のキティちゃんが受け入れられていて何よりです!

このケーキは毒々しくは見えないのは僕だけでしょうか?

パウパトロールのケーキ

こちらはパウパトロールのケーキです。

青と赤を基調にしてケーキの下を赤いベルトで巻いているのもポイント高い作品です。

ボスベイビーのケーキ

こちらはボスベイビーのケーキです。

カラフルな色使いとは真逆の真っ黒なケーキになっています。

この黒は何を使っているのか気になりますね。

レゴのケーキ

毎回ほんとにこだわったケーキをつくるアメリカ人ママですが、本物のレゴをケーキのまわりに置いて、カップケーキの上にもトッピングとして本物のレゴを置いたこだわりの作品。

終わったら洗う必要があるので後片付けが大変そうなケーキです。

アヒルのケーキ

青のケーキで池をつくり、マシュマロをうまく使い池っぽさを作り出しています。

ケーキを巻いているヨックモックのような棒状のクッキーがより池らしさを演出しているケーキです。

あひるはケーキではなく人形です。

バービー人形のケーキ

本物のバービー人形を使いスカートや胴体部分をケーキにしています。

レゴやあひると違いケーキと完全に一体化した作品です。

ほんとどれも手がこんでてスゴイ!

留学生と一緒につくったカップケーキ

毎週のように留学生とカップケーキを作ってるアメリカ人ですが、しっかりカップケーキでもエルモやガチャピンが作られています。

このカップケーキ歯が溶けそうなほと甘いけど留学生を虜にしています。笑

アメリカ人のつくる真っ青なケーキを見て思うこと

僕がはじめに思った正直な感想は「アメリカ人はこの色のケーキ食べるの?」でした。

確かに日本人とアメリカ人の色彩感覚に多少の違いはあるものの、よくよく考えてみると日本にはかき氷のブルーハワイは真っ青ですし、真っ赤なケーキに「うわっ」としてもいちご大福から真っ赤ないちごが出てると食欲をそそられます。

どこかのお土産で売ってる紫芋タルトの濃い紫色も海外の人たちから見たら美味しそうに見えないかもしれないですしね。

それに昔は駄菓子屋さんでガチャガチャに10円入れると出てくるカラフルな丸いガムを食べてましたので、カラフルな色は目を惹くことは間違いありません。

M&Mのチョコレートは日本にも受け入れられてますし、そうゆうものなのかなと。

(まとめ)アメリカ人のケーキの色もすごいけど

いかがでしたでか?

アメリカ人のつくる傑作ケーキの数々は!確かに色はスゴいケーキですけど、僕たち日本にも緑のものをさして青信号、みどりのりんごを青りんごと普通に使いますが、違った意味できっと外国人を悩ませてるはず。(だってどう見ても緑だし)

これは過去に日本では青と緑の区別なく使っていたという歴史があるように、一説にはアメリカでは食べ物の変色を防ぐため、企業のブランド認知のためにカラフルな色が食品に使われたためなどがあるようです。

やっぱり、アメリカ人のつくるケーキの色はすごいですね。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら