土日・休日の過ごし方!男女留学生7人のリアル【フィリピン・セブ島】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
フィリピン留学の休日や授業以外の時間はどうやって過ごしてるの?

授業やカリキュラムは資料請求すればパンフレットに書いてあるから分かるけど、休日や授業後は見えにくいです。

 

こんな疑問に答えます。

さやか
結論から言うと、土日・休日は勉強と小旅行を楽しんだりして過ごす留学生が多いです。

3ヶ月のフィリピン留学した留学生に時系列に土日・休日の過ごし方を聞いた後、7名の留学生それぞれの休日の過ごし方を紹介します。

 

 

この記事の内容
  • 土日・休日の過ごし方
  • 7人の留学生に聞く土日の過ごし方

 

この記事を書いているわたしは、フィリピン・セブ島に3ヶ月間留学をして語学学校ETHOS(エトス)のインターンとしてセブ島に戻ってきて留学生のサポートをしています。

そんな私が実際にフィリピン・セブ島留学での授業以外(土日・休日)の過ごし方を時系列で紹介します。

その後、留学生7名の土日・休日のリアルをご紹介します。

 

 

関連記事
フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

土日・休日の過ごし方!男女留学生7人のリアル【フィリピン・セブ島】

フィリピン・セブ島に留学生たちがどういった土日、休日の過ごし方をしているのか?の前に、土日・休日にできることをまとめました。

 

  1. 授業後に誕生日のお祝い
  2. バジャウ族に遊びに行く
  3. ローカルの人たちと触れ合う
  4. カップケーキパーティ
  5. アイランドホッピング
  6. フィリピン人の友達と交流する
  7. アメリカ人講師の誕生日
  8. ランゲージエクスチェンジ
  9. オスロブでジンベエザメと泳ぐ
  10. 学校の近くに行きつけをつくる

 

 

さやか
3ヶ月のフィリピン・セブ島留学後に語学学校インターンとしてセブ島に戻ってきました。

 

授業後に誕生日のお祝い

さやか

フィリピン・セブ島に着いた1週目でバリー学長が誕生日ですね。

たぶん…誰かの誕生日お祝いするのは授業後だと思うので、おめでとー‼︎ってみんなで言ったあとにケーキ食べました。

ETHOS(エトス)ではフィリピン人スタッフ、アメリカ人講師の誕生日を祝うイベントが授業後に行われます。

1ヶ月生活していたら一度は誰かの誕生日を祝うことになると思います。

バジャウ族に遊びに行く

さやか
これはバジャウ族に一緒に行ったときの写真ですね。
さやか

パンシットカントンつくってくれて、私ちょっと抵抗ありましたけど…最初。

お酒飲んだり、お菓子食べるくらいを想像してたので、これが出たときは「どうしよう…」って戸惑いました。

しかも留学直前に胃腸炎になっちゃって、良くはなってたけど薬は飲んでて留学1周目でいきなり食べて大丈夫かな、ヤバイかもって思いました。

だけど結局、これも食べて大丈夫でした。

パンシットカントンは日本で言う焼きそばです。

ちなみにセブ島で有名なバジャウ族から1番近い語学学校がETHOS(エトス)です。

前インターンの翔くんもバジャウ族が好きで記事を書いています。

参考:セブ島で結婚したバジャウ族の松田大夢さんの思い

さやか
これはステイ先の朝食です。

ジュース注いでるのではホストであるアメリカ人講師キャリーので、留学生は飲み物は自分でご自由にです。

さやかさんの体験談はこちらです。

参考:【社会人・ホームステイ留学体験談】ほぼ毎朝キッチンから音楽が聞こえてくる大切な時間

ローカルの人たちと触れ合う(土日・休日)

さやか
一緒の時期に留学してたシュンペイくんが帰る日なので、私の最初の土日ですね。サントニーニョ、マゼランクロスに行ってからロレガに行きました。

シュンペイ君は現役大学生で、一万円企画をしたときに彼の胃袋に助けられました。そんな彼の体験談はこちら。

参考:フィリピン留学体験談【4週間で英語が聞き取りやすくなる】

さやか

普通に人が住んでるのはテレビで見て知ってたけど動物いるのは驚きで、「ヤギ!」みたいな。

あとお墓でサリサリストアがあって、普通に物売ってて驚きでした。

ロレガ地区はクレイジージャーニーで中山ゴンザレスさんが訪れたりと有名な場所なのでテレビで放送されることもあります。

火事があったり、治安の悪い場所でローカルのフィリピン人でも行きたがらない場所なので、土日・休日にフィリピン人と一緒に行くのがおすすめです。

カップケーキパーティ

さやか
木曜日は基本的にワイワイやってます。カップケーキパーティですね。

僕は出来上がってから食べに行くだけですが、授業以外でもアメリカ人に指示を受けながら英語を勉強できるのは留学生にとって理想的な環境です。

さやか
シャリーが指示して私達が作るみたいな感じで、ほぼ毎週木曜日の夜はこんな感じですね。

シャリーはETHOS(エトス)のアメリカ人講師です。

アメリカ人講師の子どもと遊ぶのが1番英語の勉強になるという留学生もいます。

アイランドホッピング

さやか

これは土日か休日にアイランドホッピングという名の漁に一緒に連れて行ってもらった感じです。

デンジのお父さんが運転してくれて、男性陣はずっと潜ってウニを獲ったり、魚をとってくれて目の前で捌いてくれてお酢つけて食べるみたいな。

ワイルドでした。

デンジはバジャウ族で僕も何回か連れてってもらいましたが、ワイルドかつ超疲れます。

一般的なアイランドホッピングに行きたい!という場合はローカルツアー会社にアレンジしてもらうと安く行けます。

港に行って直接交渉すると、足元を見られて結局、費用が高額になるのでセブ島滞在歴1年のベテラン留学生以外にはおすすめしません。

さやか

一緒の時期に留学してたタニがブランコやってる名前がわかんない島に帰り際にちょっと寄って、その島のサリサリストア行って帰る感じでした。

サリサリストアはフィリピンの駄菓子屋と生活雑貨を販売してる小さなお店です。

参考:フィリピンのお土産をサリサリストアで買うのは有り?無し?

フィリピン人の友達と交流する

さやか

留学1ヶ月たつ前くらいです。(ETHOSの近くにある)携帯屋さんのジェンとその友達の女の子のシェアハウスに行ってご飯食べに行った感じです。

フィリピン人の友達欲しい〜!って言ってたら紹介してもらってここで食べました。

最終的に携帯屋とその他のフィリピン人含めて20人くらいはいたと思います。スゴかったです。

ほぼETHOS(エトス)の留学生はフィリピン人のジェンが勤めてる携帯屋さんでスマホのギガを買いに行きます。

さやか
これはITパークにフィリピン人の友達と遊んだときの写真です。1ヶ月過ぎくらいだったと思います。

この日は2人でご飯食べにいきました。たしか土日だったと思います。

アメリカ人講師の誕生日

さやか

これはアメリカ人講師(キャリー)の60歳の誕生日で、その準備です。

キャリーがブルーを好きだっていうのを抑えてたので、留学生でお金を少しづつ出し合ってブレスレットをプレゼントしました。

さやかさんに写真を見せてもらったら、他にもフィリピン人講師の誕生日をお祝いする写真が2枚あったので、3ヶ月の滞在で4回お祝いしたみたいです。

さやか
手前に写ってる2人がフィリピン人の生徒です。その人たちにご飯連れてってもらいました。

ETHOS(エトス)はフィリピン人向けに日本語教室を併設しています。留学生はフィリピン人の生徒とも交流ができます。

ランゲージエクスチェンジ

授業以外にも英語を使う機会をつくるためにランゲージエクスチェンジはおすすめです。

さやかさんも行ったみたいです。ちょうどよく土日・休日に開催されています。

オスロブでジンベエザメと泳ぐ

さやか

フィリピン人の仲良い男の子の友達ができて、その子が車持ってて私達は乗せてもらってオスロブに行きました。

平日は彼も働いてるけど土日はヒマだから最後の方は遊びに連れてってくれてました。

留学期間が2ヶ月を過ぎてくると、セブ島にいるフィリピン人の友達も増えてきます。

なので、休日は彼らと過ごす留学生が多いです。

さやか
その土日にカワサンも連れてってくれました。

カオサン滝は留学生定番の観光スポット。

留学生3〜4人でローカルツアー会社を利用しても1人1200円ほどでいけます。前インターンのさよこちゃんもカオサンフォールに留学生と一緒に行ってます。

良い土日・休日の過ごし方だと思います。

参考:セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!【最高・快適】

さやか
ナイトマーケットは留学生と一緒に行きました。場所はITのナイトマーケットです。
さやか

West35へはETHOS(エトス)のみんなと土日に行きました。

フィリピン人スタッフと日本人クラスのフィリピン人と、その友達とか10人以上で行きました。

バン貸し切って、フィリピン人スタッフが企画してくれていて、行く2ヶ月前くらいから乾季になるので12月に行くから行く?って言ってくれてました。

さやか
これは、また別の日で、フィリピン人の友達と遊びに行ったダナサンエコパークです。
さやか
ダナサンエコパークの帰りに日本食レストランの知暮里(ちぼり)でご飯食べて帰りました。

知暮里(ちぼり)はITパークにある有名な日本食屋さんです。

 

さやか
日本語クラスに通ってるフィリピン人のビアンカと仲よくて、そのフィリピン人とマヤというメキシカンを食べに行きました。

ETHOS(エトス)の近くにあるムーンカフェはリーズナブルなメキシコ料理が食べれるレストランで、マヤは少し高級なメキシコ料理店です。

参考:セブ島にあるメキシコ料理店Mooon Cafe(ムーンカフェ)

参考:セブ島のメキシコ料理のMAYAレストランが本格的で最高でした。

学校の近くに行きつけをつくる

さやか
これは学校近くのスムージー屋さんです。

フィリピン人の友達ができてから週末はフィリピン人の友達と遊びに行ったりと言う機会が増えてきたと思います。

ここは土日・休日と関係なく平日でもさっと行ける距離にあります。

僕、ここのスムージー屋さんの店員と仲良くなるのすごい苦労しました。今は友達です。

その時の記事がこちら。

【検証】フィリピン人はフレンドリー!?国民性テスト

土日・休日の過ごし方!男女留学生7人のリアル

フィリピン・セブ島留学での土日・休日の過ごし方をまとめると、

 

  • セブ島のローカルと交流
  • アメリカ人とカップケーキパーティ
  • アイランドホッピングへ行く
  • バジャウ族の村に遊びに行く
  • ズンバで体を動かす
  • 日本食を食べに行く
  • ランゲージエクスチェンジに行く
  • ショッピングモールへ行く
  • ボランティアをする
  • ジンベエザメを見に行く
  • 学校の近くに行きつけをつくる

 

などなどです。

続いて、実際にフィリピン・セブ島で留学中の留学生、合計7人、社会人、大学生、高校生にフィリピンでの土日・休日の過ごし方を聞いて見ました。

大学生(20歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

さつきくん(20歳) 留学期間:2ヶ月

前回の土日・休日は、セブ市内でアクティビティしたかったんでグラブ使って行き、まぁ結果はよくなくてバジャウ族に行きました。

それ以外は、土日は朝食は食べないかもしれないですね。遠くに旅行に行くなら2日使いたいですけど小旅行だったら1日でいいかなと言う感じです。

なので残り1日は、ベッドの上に寝っ転がりながらYouTube、Netflixでリスニングの練習をするのと、机でTOEICの勉強したり、授業で分かんなかった単語をリストアップしてるんでそれを見直したりですね。

今度、土日・休日ふくめ3連休があるんでエルニドに行く予定です。

社会人(21歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

みおさん(21歳) 留学期間:3ヶ月

土日・休日は予定を立てれば遠出してって感じですけど、でも大体の土日はいつもより遅く起きて勉強して、ご飯買いに行って、勉強するか映画の繰り返しです。

私の場合はなにも勉強せずに留学に来たので、家で借りた文法をいちから見て問題を解いて、学校でもらったプリントをやるとか、ダラダラするときもありますし。

セブ島の観光スポットで行きたいところはあったりするので、それは計画立てて土日・休日に行こうと思います。

高校生(17歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

ハルキくん(17歳) 留学期間:1ヶ月

留学期間が1ヶ月しかないので、とにかく土日・休日は誰か誘ってどっかしら出かけてます。ボホール島に行って、シヌログは家に閉じこもってました。

ボホール島に行くのも、前日に同じ学校のオクサナに誘われて行きました。来週はエルニドに行こうって言っているんですけどまだ分からないです。

せっかく来たから、とりあえず観光名所は行って行きたいかなって思います。

社会人(27歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

ささやかさん(27歳) 留学期間:3ヶ月

最後の1ヶ月がバーって遊びに行って来たんですけど、シマラ(大きい教会)、オスロブとカオサン滝を同じ日に行って、その次の週にダナサンのエコパーク、次の日は学校スタッフのタンタンたちとピクニックに行ってという感じでした。

でも疲れたときは土日・休日つかって1日中ダラーっとしていまいた。

あとはクレイジージャーニーでやってたお墓に住んでるホームレスがいるロレガ地区に行きました。

あと土日・休日じゃなかったかもしれないですけどコロンにも行きました。これはフィリピンでしかできない過ごし方だと思います。

ジンベエザメ、キャニオニングの予算感と雰囲気はこちらの記事で確認できます。
【関連記事】セブ島1日旅行!オスロブの後はキャニオニングがおすすめ
【関連記事】セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!【最高・快適】

社会人(33歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

かかずき(33歳) 留学期間:1ヶ月

土日・休日があったらどちらか1日はカフェで勉強&リラックス、1日は遊びに行く感じです。

僕はビーチとかよりも結構ローカルを攻めていくのが好きなので、シュウマイが有名なティサに行ったり、フィリピン人の友達とご飯を食べに行ったりします。

ご飯を食べに行くときも、観光スポット以外のお店にも行けるのでローカル感を楽しんだり、行ったことのないお店を探すのも楽しいです。

あとは運動不足解消のために近くのローカルジムに行きます。平日の夕方は混むので、空いてる休日はチャンスです。ローカルのジムなので一回30ペソ(63円)で経済的です。

最近はマンゴーストリート沿いにブラジリアン柔術(BJJ)のジムを見つけたので、土日・休日や夜はそこで汗を流しに行きます。

ホンキの贅沢をするなら日本で贅沢した方が満足感高いですし、フィリピンではフィリピンでしか出来ない休日の過ごし方をしたいなと考えてます。

土日・休日を利用してビーチ、アイランドホッピングもしました。

使ってるのはローカル感の強いこのジムです。
【関連記事】フィリピン・セブ島留学の語学学校でインターンの成長が止まらない

社会人(26歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

かん(26歳) 留学期間:5ヶ月

土日・休日にどこかに出かけるとしたら、ビーチに行きます。いい休日の過ごし方です。

マクタン島のニュータウンビーチやハドソンビーチ。少し贅沢する場合は、パシフィックセブリゾートがおすすめです。

週末にゆっくりしたいときは、ジムからのカフェでリラックスするのも好きです。 基本的にプランを作って行動するのが好きではないので、周りの流れに合わせて週末は過ごしています。

留学をすると、「週末はここ行こう!」と言ってくれる留学生や、現地の友達の流れに合わせて行動しています。

他の留学生たちを見てても土日・休日は忙しく過ごしてるイメージですね。

価格は2018年当時のですが他のホテルと比べるとパシフィックセブはコスパの良いデイユースです。
【関連記事】900ペソでデイユース!パシフィックセブリゾート(Pacific Cebu Reort)ホテルがおすすめ!

社会人(22歳)セブ島での土日・休日の過ごし方

みさきさん(22歳) 留学期間:4ヶ月

土日・休日は過ごし方って言っていいか分からないですけど、家のベッドの上で映画みたり、英語の勉強してるかです。昼くらいまで寝てます。

ご飯買いにいくのもめんど臭いから家にあるカップ麺かチキンラーメン食べてが出かけない日です。

出かける日はSMシーサイドに何か用があって出かけるくらいだからほとんど出かけないかも。

映画で英語の勉強もしようかなと思ってターミナルを1時間くらい観て疲れて途中です。「英語初心者 映画」で調べて出て来た映画を見てます。

英語の勉強はETHOS(エトス)のブログに書いてあった参考書を使って読んでます。

僕が留学中に繰り返し見てた映画はこちらです。
【関連記事】
【英語力が伸びる】留学中に繰り返し見た映画を教えます(体験談)

ある日の土日・休日の過ごし方

朝8時に集合!タクシーをGrab(グラブ)で読んで家の前まで来てもらいます。

Grabはフィリピン版の配車サービスでUber(ウーバー)のようなものです。

ぼったくりなど嫌な思いをしたくないな〜という場合は、このGrabがおすすめ。詳しくはこちらの記事に書いてあります。
【関連記事】フィリピンでGRAB TAXI(グラブタクシー)を使えばさらに安心、安全!

朝早かったこともあって1時間でリロアンにあるPAPAKITS(パパキッツ)に到着。

PAPAKITS(パパキッツ)では乗馬、釣り、マリンアクティビティ、ジップラインなど色々なものが楽しめます。

パパキッツはエントランスだけなら30ペソ(63円)と激安ですが、パッケージだと1000ペソ(2100円)、ひとつのアトラクションで150〜300ペソのレンジでした。

でもみんな受付の前にこの緑色の沼を見ていたのでマリンアクティビティはとりあえず却下して、ジップラインのみやることにしました。

ジップラインのところで僕たちを迎えたのは孔雀。今思えばパパキッツのハイライトは、この孔雀とジップラインのみです。

みんなで並んでます。

日本では怖くないけどフィリピンならではの安全性がスリルを掻き立ててくれます。

割とスーッと出て行って…

スロースタート。

途中からほどよく加速して気持ちよかったです。

そして、ジップラインでみんな気がつきます。

こっちの海キレイ!

でも皆の期待値よりもパパキッツは低かったので早々にランチをとりにパパキッツをあとにします。(パパキッツにもレストランはあります)

【フィリピン・セブ島】土日にローカルフード店でランチ

パパキッツを出たところにチキンウイング15ペソ(32円)があったので、ここで早めのお昼を食べることに。

誰かが写真を撮る僕をとってます。ブログのbehind the scenesですね。

「舞台裏」は英語で?
日本語で舞台裏は英語でbehind the scenesです。

みんなでチキンを食べます。

食べ終わって、まだ11時。

もうやることがなくなり帰宅します。

本当はオスロブ行ってからキャニオニングを楽しむくらい満足度の高い観光のはずがパパキッツは午前中で終了でした。
【関連記事】セブ島1日旅行!オスロブの後はキャニオニングがおすすめ

【フィリピン・セブ島】土日にバジャウ族

ETHOS(エトス)から歩いて20分くらいのところにバジャウ族が住んでます。

割と近くで家にたどり着くまでがアトラクションなので行くことに。

周りの雰囲気はこんな感じです。家の密集度合いがすごいですよね。

松田大夢くんに連絡をとってお家に上がらせてもらって少しまったりします。

15時くらいに程よく疲れてきたので徒歩で帰宅。この橋いつも渡るときドキドキします。

【フィリピン・セブ島】土日の夜もローカルフード

一度、家に帰宅してシャワーを浴びて、学校近くにあるローカルレストランで安定のシシグを食べてあっという間に土曜日が終了。

(まとめ)土日・休日の過ごし方は様々!

以上がフィリピン・セブ島でできる土日・休日の過ごし方です。

それぞれに合う土日・休日の過ごし方は見つかりましたか?

フィリピン・セブ島でリーズナブルな価格で色々と体験できるので、疲れが溜まっていたら土日・休日を使ってゆっくりと休む過ごし方も大事ですが、刺激的な休日の過ごし方を満喫している留学生が多いです。

また出来ることも多いので土日・休日を使ってぜひフィリピン・セブ島を体感してください。

土日・休日以外の放課後の過ごし方については下記をご参考まで!

この記事は以上です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学CTA

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。 ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

2カ国留学

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>