留学中に恋しくなるもの【僕はお風呂が一番恋しかった】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

これから留学に行く予定があるけど、留学中はどんなものが恋しくなるのだろう?と思ってる方へ。

結論から言うと、僕の場合日本食や日本にいる友達が恋しくなりましたが、一番はお風呂に入りたすぎました。

この記事の内容
  • 留学中に恋しくなる日本のもの
  • 以外に海外でも日本のものは手にはいります

この記事を書いている僕は、今までに海外12カ国25都市を訪れた事があり、世界中色々な国で生活をしてきました。

そして、留学経験も2回あり、留学中に日本食やお風呂が無性に恋しくなりました。

こういった背景の僕が、留学中に恋しくなるものについて解説していきます。

留学中はこれが恋しくなる!

ここでは、僕が留学中に恋しくなったものを紹介します。現在は、フィリピン・セブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いているので、たくさんの留学生に会ってきました。大体、留学生の中で恋しくなるものは一緒です。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

定食

海外の食事はピザやハンバーガーなどのハイカロリーな食事が多くなりがちで、ヘルシーな日本食とは程遠いです。お金が無い場合、外国だと安い、ピザやハンバーガーの食事が多くなるので、尚更栄養はかなり偏ってしまうでしょう。

そんな時に、お味噌汁付きのヘルシーな納豆定食や、鮭定食が無性に恋しくなります。

日本だとジャンクな食べ物を食べたくなる時がたまにありますが、海外で定食が恋しくなるとやっぱり日本人だな〜と実感します。

居酒屋

海外だと日本のように、お酒の種類が豊富ではありません。基本的にビールやワインです。

日本だと、居酒屋に行けば、ビール、カクテル、ウイスキーなど、たくさんの種類のお酒を飲む事ができるし、注文もI padなどの電子機器で簡単に注文できるので、かなり便利です。

留学中に、個室の居酒屋でゆっくりと呑みたいな〜て思うことがあります。

お風呂

海外では、基本的に浴槽につかる習慣はなく、シャワーを浴びるだけです。

そもそも浴槽が無い家がほとんどなので、海外留学中はお風呂に入る機会はまずありません。

日本人だと、あついお風呂でリラックスしたくなります。僕は留学中にお風呂が一番恋しくなりました。

また、外国では「水が貴重な国」が多いです。

僕がインドネシア人家庭にホームステイした時は、雨水で体を洗いました。アメリカ人家庭にホームステイした時は、シャワー時間が15分と決まっていました。

留学先や家庭によって異なりますが、お風呂でゆっくりつかる日本人にとってはカルチャーショックです。

留学中のお風呂事情については、【重要】留学先でのお風呂問題!アメリカ人ホストファミリーの考えで解説しています。

【重要】留学先でのお風呂問題!アメリカ人ホストファミリーの考え

カップラーメン

たまに、無性にラーメンの塩分が欲しくなります。

外国でラーメンは一杯1000円前後します。留学生活中は、節約したいのが本音です。

日本から何個かカップラーメンを留学に持っていくと良いでしょう。

日本の友達に会いたくなる

仲の良い友達同士が日本で久しぶりに遊ぶ予定などをLINEで立てているのを見ると、「行きたいな」とか「会いたいな」って思う事が何度かありました。

留学生活は楽しいけど、昔からの幼馴染みとは会いたくなります。

気を遣う必要がなく、何でも話せる友達はお風呂の次に恋しくなりました!笑

日本食レストランはたくさんある

僕が留学したフィリピン・セブ島には、日本人駐在員や留学生が多いので、日本食レストランがたくさんあります。

日本の有名チェーン店である、ココイチやラーメン屋さんまでクオリティーの高い幅広いジャンルのお店があります。

言ってしまえば、外食すればいつでも日本食が食べられるので、日本食には困りません。

また、僕が世界中12カ国行った経験から、どこの国にも日本食レストランはあります。しかし、国によって物価が違い日本食レストランは基本高級店なので、毎日いけるレベルではありません。

セブ島の日本食レストランについては下記の記事にまとめているのでご覧ください。

【セブ島】もう一度行きたくなる日本料理まとめ「リピート確定」

日本の食材が売っているスーパーもある

留学中には、自炊をして日本食を作る場合もあるでしょう。フィリピン・セブ島には町家マートという、日本の食品が売っているスーパーもありますし、外国には大体、日本の食品が売っているスーパーが一つはあります。

日本食スーパーで食材を調達して自炊に使いましょう。

また、元々留学中に自炊する予定のある場合は、事前に日本で調味料などを買って留学先で持っていきましょう。

現地でも、日本と同じものを揃える事ができますが、値段が高い。

まとめ

日本食レストランなどは現地にもありますが、日本で気軽に食べられるカップラーメンや味噌汁などは留学先に持って行くのをおすすめします。

友達に会いたい、お風呂に入りたいって事は、留学生活ではどうしようもない場合もあるので、日本に帰ってからの楽しみにとっておきましょう!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら