【危険】留学後は英語を忘れる「可能性大」【解決策教えます】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
留学中は英語環境に居られると思うので心配はしていないですが、留学後、日本に帰国して英語を忘れないか心配です。

留学経験者は留学後どんな事をして英語を忘れないようにしてますか?

教えてください!

 

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、留学後も英語を忘れる事なく、キープする方法はあります。

上手くやれば日本にいても英語力を上げる事は可能です。

この記事の内容
  • 留学後は英語を忘れる「可能性大」
  • 留学後の英語勉強方法7選

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、フィリピンと日本を行ったりきたりしています。フィリピンでは基本的に英語を使って仕事をしますが、日本に帰国すると完全に日本語環境です。ですが、色々と工夫をして英語力を保っています。

こういった背景の僕が、留学後は英語を忘れる可能性が高い理由と解決策を解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

留学後は英語を忘れる「可能性大」

留学中は普通に授業を受けていれば、英語力は右肩上がりに上昇していきます。

でも、留学後、日本に帰国して学校生活や仕事をはじめると日本語に囲まれた生活になり、英語を使う機会がほとんど無くなります。

英語を使わないと英語力が恐ろしいくらい、ドンドン低下していきます。

僕が感じるに、リスニング力はそこまで低下しませんが、スピーキングは話さないと、自分でもびっくりする位、口から英語が出て来なくなってしまいます。

 

Kan
海外にいた時には、割と英語がスラスラ、口から出てきたのに、全然英語が喋れない・・・・・

こんな感じに英語力は低下していきます。

留学後、勉強をやらなくなってしまう

日本でも英語の勉強を続けるぞ!

このように意気込む人がほとんどですが、実際に日本で生活していると、割と仕事や学校で忙しくなって英語を勉強する気力が無くなってきてしまいます。

でもそれって考え方によっては下記のツイート内容のようになってしまいます。

留学前は高額な留学費用を払うのに躊躇う人が多いですが、留学後、何も躊躇わずに、英語を使わないで「英語力」を失ってしまう人って多いですよね。

それって、考え方によってはお金を捨ててる事にもなるから、やっぱり留学後も英語を勉強するのは大事。

少しずつ何か継続して勉強しましょう。

次に、僕が今でも実践している日本でも英語を忘れないようにする(キープする)方法を紹介します。

留学後の英語勉強方法

下記の通りです。

  1. 読書をする
  2. 独り言を英語で言う
  3. 外国人の友達と交流する
  4. 英語を使える仕事につく
  5. 映画やユーチューブをみる
  6. オンライン英会話を受講する
  7. ワーキングホリデーに行く

 

一つずつ解説していきます。

その①:読書をする

洋書を買って読む、インターネットで興味のある分野を英語ベースで調べて読んでみる。読書の良い所はリーディング力を付けられる他に、忙しい日常の隙間時間を使える事です。

電車移動していると時や、ちょっとした時間を有効活用する事ができます。

  • 英語力UPできる
  • 時間を有効活用できる

 

とメリットが多いのですぐに留学後の勉強に取り入れましょう。

僕はTwitterを使って外国人のツイートを見たりします。Twitterなら140文字のみなので、スッキリ読む事ができます。コツとしては、分からない単語があったら、すぐにググって理解する事です。

その②:独り言を英語で言う

最近良くやるようになりました。

英語で考え事をしたり、独り言を英語で言ったり。頭の中で誰かと会話しているシチュエーションを想像して、勝手に盛り上がったりもしてます。

これ結構おすすめで、想像で練習してると、いざ本番になった時に想像で練習していた通りに出来たりします。

独り言や考え事を英語にすると良いなと思った事は、頭の中が英語に染まっていきます。

小さな事ですが、効果あるので試してください。

その③:外国人の友達と交流する

外国人と交流する場所はたくさんあります。例をあげると

  • ミートアップを使う
  • 国際交流に参加する
  • 外国人と住めるシェアハウスに住む

 

など、友達が作れて外国人と交流できます。

僕は最近「柔術」を習いはじめました。柔術とは簡単に説明すると、柔道のようなスポーツです、

柔術のジムは東京にありますが、生徒の国籍は日本人50%、外国人50%くらいの割合です。なので、柔術のレッスンも英語と日本語で行われます。一緒に練習するパートナーが外国人って事も全然あるので、かなり良い英語環境に入れたなと感じています。

また趣味で繋がってるので、仲良くなりやすいです。

「今日のレッスン楽しかったね」とか「この動き分からなかったんだけど、教えてくれない?」などレッスン後も英語を使えます。

様々な手段を使って、外国人と交流しましょう!

その④:英語を使える仕事につく

誰もが留学後に英語を使った仕事につきたいのではないでしょうか。

現在、日本に来る外国人観光客は増加しています。日本でも浅草や広島と言った外国人に有名な観光地に行くと、ツアーガイドさんが外国人観光客に英語で案内をしています。

ツアーガイドさんの英語を聞く限り「凄く上手」という訳ではありません。

でも、自信を持って大きな声で一生懸命伝えようとしています。

ですので、留学後に英語を使った仕事につくハードルも意外に高くないです。そういった職場に挑戦するかしないかはあなた次第なので、興味があれば、仕事の説明会などを聞いてみるのも良いですね。

観光地付近は何処で働いても、外国人と接する機会が増えると思います。

その⑤:映画やユーチューブをみる

映画やユーチューブも良い英語勉強方法になります。

好きな映画とユーチューブを選んで勉強しましょう。おすすめは下記関連記事で紹介しています。

その⑥:オンライン英会話を受講する

オンライン英会話はびっくりする位、安く受講することが出来ます。

値段は毎日レッスン出来て5000円前後です。毎日レッスンを受講すれば、英語力をキープするどころか、上昇させる事も可能です。

でも、安いがあまりにレッスンを継続させなくても、あまりダメージが無い事。

僕もオンライン英会話をやった事がありますが、

  • レッスンをキャンセルしてもキャンセル料金がかからない(定額のみ)
  • リスケジュールが簡単にできる

 

ので、強い意志が無いと続けるのが難しいと思います。

スマホ一台あれば、何処でもレッスンを受講できるのがオンライン英会話のメリットです。

その⑦:ワーキングホリデーに行く(番外編)

①〜⑥までは留学後、日本で英語を勉強する方法を紹介してきました。

お分かりだと思いますが、海外(英語圏)生活の中で英語を使って英語力を上げるのが一番効率的です。

もし、留学後、

  • 日本での仕事先が決まってない
  • 英語を使った仕事をしたい
  • 海外でも働いてみたい

 

って方はワーキングホリデーの制度を使うのもおすすめです。

下記のような環境で働くことも可能。

また収入、貯金、環境共に良い方向に激変します。

ワーホリも気になってきたな・・・

って方は下記2カ国留学もチェックしてみてください!

↓↓↓ワーホリの目的が英語力の人におすすめ↓↓↓
「1年で英語が使いこなせる」2カ国留学

まとめ

留学後も小さな事の積み重ねで、英語力はキープする、向上させる事は全然可能です。

昔、留学した事あるんだけど、今全然喋れない・・・・

って事にならないように、コツコツ英語の勉強を続けましょうね!

今回は以上になります。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら