セブ島11月の天候・気候とアクティビティ【海でも泳げる】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学したい人
フィリピンのセブ島に11月行きます。

日本だと11月は寒くなっていく時期ですが、セブ島の11月はどんな服装でいけばいいですか?

天候や気候がわかると嬉しいです。

 

こんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、セブ島の11月は雨季ですが、平均最高気温は29度。

雨は一日中降り続けるわけではなく、スコールのように数時間ザーッと降るくらいなのでそこまで気にせずOKです。

11月は台風のシーズンであるのでフライト情報のチェックをしておくと安心です。

セブ島は11月でも海に入れます。(すごい)

 

この記事の内容
  • セブ島11月の気温
  • 往復航空券代&オススメの持ち物
  • おすすめのアクティビティ

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はフィリピン・セブ島にある語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

かれこれセブ島に関わって5年以上の僕が11月のセブ島を詳しく説明します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

セブ島11月の天候(服装・気温・降雨日数)とアクティビティ

セブ島11月の平均最高気温は29度です。

きになる服装は写真のようなラフな格好で大丈夫です。

男性、女性ともにTシャツ、短パンに足元はサンダルが基本です。

セブ島11月の平均気温
最低:22度
最高:29度
降雨日数:10日

セブ島には雨季と乾季、2つのシーズンがありますが11月までは雨季で12月が乾季になります。

一見、降雨日数が多いので雨季やだな〜と思いがちですが年間の平均降雨日数は8.25日で、乾季の時期にもスコールが同じように降ります。

ですので、そこまで気にせず大丈夫かなと思います。

気になるのは台風だと思いますがセブ島は10年に1度台風が直撃するかしないかと現地のフィリピン人がいうほど、台風の直撃がありません。

日本でいう東京と同じですね。

ただし、セブ島の11月が台風シーズンということは日本も同じなので、台風によってフライトが遅延、キャンセルされる場合はあります。

ですので、フライトを予約する際に台風など悪天候時のキャンセルや遅延について事前に確認しておくと安心です。

セブ島11月に持ってくるべき持ち物

持ってくるべき持ち物
  • 薄手のパーカー
  • サングラス
  • 折り畳み傘

基本的な服装は先ほどお伝えしましたがそれ以外に11月のセブ島に持ってくるべき持ち物は上記3点です。

11月のセブ島の平均最高気温は29度で、平均最低気温が25度と外は暑いです。

ですがレストラン、カフェ、ショッピングモールや語学学校の中はクーラーがガンガンにかかっているので寒いです。

室内で過ごす事を考えて数枚、薄手のパーカーなど着脱が簡単なトップスを持っておくと便利です。

セブ島11月の航空券代

セブ島の11月にフライトを予約した際の費用がいくらになるか実際に検索してみました。

フィリピン・セブ島へ語学留学へ行く留学生は日曜日にセブ島に到着、土曜日に帰国の便をとるのが一般的なので日曜日到着、土曜日出発の3週間でチケットを検索しています。

セブ島11月の航空券代
  • 成田発:セブパシフィック(直行便)
  • 60,060円(往復)

直行便で成田発ーマクタン・セブ空港到着の往復チケットは6万円が最安値、続いてフィリピン航空で往復8万円でした。

乗り継ぎ便だと最安値が3.5万円で4万円台の便が多数あるので、乗り継ぎが苦じゃない方、飛行機は安く行きたい方は一箇所を経由するとよいですね。

乗り継ぎの時間は飛行機の遅延なども考慮して3〜4時間ほどあると安心です。

 

続いて大阪の関西国際空港から直行便で行く場合の価格です。

セブ島11月の航空券代
  • 関空発:フィリピン航空(直行便)
  • 72,510円(往復)

セブ島11月には祝日が4日あります

日本も祝日の数が世界的に見ても多い国と有名ですが、フィリピンにも年間20日以上の祝日があります。

そのセブ島11月には祝日が4日あります。

  • All Saints’ Day(諸聖人の日・万聖節)
  • All Souls’ Day(死者の日)
  • Maulid un-Nabi(預言者生誕祭)
  • Bonifacio Day(レギュラーホリデー)

All Saints’ Dayは諸聖人の日(万聖節)と呼ばれる日で、わかりやすく例えるなら日本のお盆にお墓まいりにいく日と同じです。

日本のお盆は故人を思うように粛々とお墓まいりをして最近あったことなどを伝えたり、お墓を洗ったりという流れですがフィリピンではコスプレして墓場でカラオケをするなど墓場でパーティーをします。

毎年10月30日から諸聖人の日と死者の日がある11月2日まではレストランや観光名所がしまっていることもあるので注意が必要です。

語学学校はレギュラーホリデーだけがお休みの学校、祝日の日は特別授業、完全に休みなど学校によって取り扱いが違うのでフィリピン留学を考えている留学生は事前にチェックしておくと安心です。

フィリピン年間の祝日はこちらの記事にまとめました。

セブ島の11月:アクティビティで海もOKです

11月のセブ島でも基本的にほとんどのマリンアクティビティが出来ます。

オスロブでジンベエザメと泳ぐ、モアルボアルのホワイトビーチでのんびりする。

アイランドホッピングで近隣の島を巡るのも楽しいですが、整備されたリゾート地と貧困地域やゴミ山があるのがセブ島です。

観光地を巡るツアーもおすすめですが、ボランティアを考えてみるのもセブ島でしか出来ない事ですので1度考えてみると良いかなと思います。

(まとめ)セブ島11月は留学生の少ない時期

フィリピン留学で毎年多くの留学生がくるセブ島ですが、11月は留学生の数がどこも落ち着いていてゆっくりと落ち着いて勉強に集中できる時期です。

夏休みや春休みに多い学生の留学生の数がガクッと下がり社会人の留学生の数が多い時期でもあります。

祝日もあるので3連休を使って近くの島に小旅行に行けばリフレッシュにもなりますし、勉強に集中しつつたまの息抜きを考えるなら11月のセブ島はおすすめです。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS