「対策も教える」語学留学の授業についていけない【最初は当たり前】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
現在、留学中です。

語学留学の授業はグループ授業中心で全く授業についていけません。周りの留学生は先生のジョークにも楽しそうに反応してるのですが、私は理解できません。

また授業中、先生にあてられる時もあるのですが、答えれたり、答えられなかったりです。

この状況、どうすれば良いでしょうか?

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、最初、語学留学の授業についていけないのは当たり前なので、そのまま授業を一生懸命受けて、自習もしっかりして頑張りましょう。周りの生徒の英語が上手なら逆にチャンスだと思います。
この記事の内容
  • 語学留学の授業についていけないのは当たり前
  • 授業についていけない時の対処方法

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

僕も最初、語学学校の授業についていけず絶望しかけました。でも、1ヶ月くらい授業を受けていくと段々と授業内容も理解できるようになり、「授業についていけない・・・」という、苦しみから解放されてきました。

僕も同じ経験をしたので、アドバイスできるかと思います。

こういった背景の僕が、語学学校の授業についていけない理由と対処方法を解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

語学学校の授業についていけない

留学生
授業が難しくて、ついていけません。どうしたら良いですか?

現在、語学学校関連の仕事をしているので、こういった相談を留学生から受ける事があります。

こういった相談をしてくる留学生って、留学して数日の生徒だったり、まだ1週間しか留学していない生徒ばかりです。

結論、留学数日で授業についていけないのは当たり前です。正直、この段階で授業が全て理解できていたら留学する意味ないですよね(笑)英語ができないから、留学して勉強している訳なので、最初は授業についていけなくて当たり前です。

誰もが通る道なので、ここはしっかり理解しましょう。

1ヶ月授業を受けると、理解できるようになってくる

留学当初は「ついていけなかった」と絶望しかけた、授業も1ヶ月くらい勉強してると、段々と理解できるようになってきます。

留学が1ヶ月、3ヶ月と経過しても、授業中、理解できない事は絶対あります、でも授業の理解度は深まっていくので安心してください。

授業についていけなくても、まずは1ヶ月踏ん張って授業を頑張って受けてください。

留学生の声を聞いても、僕の実体験からも1ヶ月留学すれば、自分でも英語力が伸びてきたという変化を感じます。

では、1ヶ月たっても英語力が伸びた気がしないし、授業も100%理解できないって場合は何か対策を打った方が良いと思います。

4ヶ月の留学期間で3週間目に生活や授業について留学生にインタビューした記事もあるのでご覧ください。

「インタビュー:2カ国留学」英語が喋れないからこそ、出来るだけ早く留学に挑戦しました。

語学学校の授業についていけない場合の対策

下記の通りです。

  1. 先生 or 語学学校のスタッフに相談してみる
  2. クラスの変更を検討してみる
  3. もっと勉強する

 

一つずつ解説していきます。

その①:先生 or 語学学校のスタッフに相談してみる

語学学校に日本人スタッフがいたら相談してみると良いでしょう。あなたが感じた事は過去の日本人生徒も感じていて、もしかしたら語学学校スタッフに相談した事があるかもしれないので、対処方法を知っているはずです。

僕も、留学生から受ける相談はほぼ一緒なので、答えは分かっています。スタッフなら的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

また、留学中の先生は外国人だと思いますが、授業後、先生に相談してみるのも良いですよ。

素直に、

留学生
授業についていけないのですが、どうすればいいですか?

と聞いてみましょう。

先生も生徒から過去にたくさんの質問をされていると思うので、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

その②:クラスの変更を検討してみる

  • 周りの生徒は自分より英語が出来る
  • 先生のジョークが理解できない
  • 周りの外国人の文法はグチャグチャなのに、マシンガンのように発言してる。自分はできない….。

 

など、人によって様々な悩みがあると思います。

現在のクラスではどうしてもついていけない場合は、一つ下のクラスを見学させてクラスの変更を検討してみてください。もしかしたら、下のクラスの方があなたにピッタリかもしれませんし、現在のクラスの方が良いかもしれません。

もし下のクラスのレベルが低いと感じたら、現在のクラスの方が良いと思います。

野球など団体競技のスポーツに例えると、全体のレベルが低いチームに入るより、全体のレベルが高いチームに入った方が、自分の能力は伸びます。これは英語でも一緒です。

  • 周りについていかなければいけない
  • あの人には負けない

 

と死に物狂いで周りについていった方が、結果英語力は伸びるので、個人的には周りの英語力が高いクラスにいた方が良いと思います。踏ん張りましょう。

そも③:もっと勉強する

単純に授業を理解できない理由は「英語力が低い」からです。

なので、解決策は一つでもっと勉強するしかありません。

授業を集中して受ける、予習・復習をする。周りの留学生より勉強時間を作りましょう。現在、あなたより英語が上手な留学生を超えるには、その人より英語を勉強するしか方法はありません。

留学期間は決まっているので、悔いのないように頑張りましょう。

留学前に出来るだけ勉強しよう

留学中は下記の事に困ります。

  • 授業についていけない
  • ホームステイ先でのコミュニケーション
  • レストランの注文を間違える
  • 友達と遊んでもつまらない

 

僕は留学前に全く勉強をせずに留学をしたので、凄く困りました。

少しでも勉強してくれば、留学中の苦労が少なくなるので、日本での生活の中で隙間時間を見つけて、英語の勉強をしましょう。

留学前に勉強した方が良い理由は下記「関連記事」で詳しく解説しています。

少人数のグループクラスを選ぶのもアリ

オーストラリアやカナダの欧米圏で英語留学する場合、1クラス15人〜30人の大クラスです。

中学校や高校の時を思い出してみてください。

30人1クラスで、あなたは一番苦手な授業を受けています。そして、いきなり先生に指されて発言を求められました。

 

焦りますよね。

英語の授業だと、まず質問すら何を言っているか分からない事もあるので、かなり焦ります。

多国籍な環境の中で、大人数グループでも良い!というならオーストラリアの語学学校がおすすめかなと思います。

【5%以下】オーストラリアはシドニーが穴場!日本人の少ない語学学校5選

ですが、出来るだけ少人数のグループクラスで発言しやすく、先生に質問しやすい環境で授業を受けたいって場合は、最大6名の少人数クラスを採用している、フィリピン・セブ島にある語学学校ETHOS(エトス)がおすすめです。

まずは、自分にあった語学学校を選ぶのは非常に大事なので、慎重に選びましょうね。

まとめ

語学留学で授業についていけないのは、誰もが通る道です。

頑張って勉強を続けるか、挫折するかはあなた次第。

まずは、近くにいる語学学校のスタッフに相談してみて、クラス替えをするか等の対処方法を考えてみてください!

今回は以上になります。

↓↓長期留学を検討している方へ↓↓
「1年で英語が使いこなせる」2カ国留学

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら