「絶対喜ぶ」ホームステイ先でお礼をしよう【感謝の気持ちを伝える】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ホームステイ留学をしたので、お世話になったホストファミリーにお礼をしたい。でも、どんな事をしたらいいか悩んでいる方へ。

結論から言うと、何らかの形で感謝の気持ちを伝えるとホストファミリーは喜んでくれます。

この記事の内容
  • ホームステイ先でのお礼4選
  • 日本に帰国してからやる事

 

この記事を書いている僕は、フィリピンとインドネシアで2回ホームステイ経験があります。両方とも、ホームステイの最後の方にお礼をしました。

そして、現在フィリピン・セブ島で唯一ホームステイ留学が出来るETHOS(エトス)で働いているので、人並み以上にホームステイ経験者には関わっています。

こういった背景の僕が、ホームステイ先でのお礼の仕方を解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ホームステイ先でお礼をしよう

感謝の気持ちを伝えればお礼の方法は何だって良いと思いますが、僕がおすすめだと思うお礼の方法は下記の通りです。

  1. 手紙を書く
  2. 料理を作る
  3. 最後に部屋の掃除をする
  4. お金をあげる

 

一つずつ詳しく解説していきます。

その①:手紙を書く

ホームステイでの思い出はたくさんある事でしょう。

思い出や感謝の気持ちを手紙にしてみよう。英語が下手でも大丈夫です。気持ちが入っていれば相手にも必ず伝わります。

手紙の良い所は、ホストファミリーも形あるものとして保管出来ることです。

想像してみてください。あなたが日本でホームステイを受け入れていたとして、帰国の際に手紙をもらったとしたら、漢字や文法が間違っていても、嬉しいし、間違っていた方がちょっと可愛かったりもします。

自分の気持ちを手紙にしてみてください。

感謝を伝えるときに使える、英語フレーズは下記のブログで解説しています。

「そこまでしなくてもよかったのに」Thank you以外で感謝を伝える英語の11表現

「そこまでしなくてもよかったのに」Thank you以外で感謝を伝える英語の11表現

その②:料理を作る

ホームステイをするとステイ先によって食事内容は異なりますが、朝食や学校用のお弁当を作ってくれたりするでしょう。

食事の内容の話は別として、少なくともあなたの為に時間を使って食事を作ってくれました。そんなホストファミリーに日本食を作ってあげてみてはどうでしょうか?

海外に行くとびっくりする程、日本食が人気です。

お寿司、カレー、お好み焼きなど、外国人にも受けますよ。

ETHOS(エトス)では、日本人留学生がアメリカ人講師にカレーライスを作って、カレーパーティーをしていた事もあります。

アメリカ人にもカレーは人気があります。

その③:最後に部屋の掃除をする

僕は部屋の掃除を手伝うよ!などホストファミリーに声をかけたりしましたが「大丈夫」と言っていたので、自分の使った部屋を最後綺麗にしてホームステイ先を後にしました。

ちょっとした事ですが、嬉しい事だと思います。

その④:お金をあげる

これはちょっと特殊です。

僕は、インドネシアのマランというド田舎で月収1万円以下の6人家族の家庭にホームステイした経験があります。

どの位、過酷な環境かと言うと

  • お風呂は雨水
  • 食事はアリやハエが混じってるのは普通
  • イスラム教徒だったので、朝にお祈りをするから起きちゃう

 

僕は3日位経ったら、慣れましたが女性だったら悲鳴をあげるような環境だったのは間違いありません。

ホストファミリーも凄く良い人たちであたたかった。もう、8年前になりますが、今でもフェイスブックを通してたまに連絡くれます。

ホームステイの最終日、両替したインドネシアのお金3000円位余っていたので、あげたら凄く喜んでました。

先進国でホームステイをする場合、お金をあげるのは不要だと思いますが、貧しい家庭にホームステイする場合は、状況によってはお金をあげても良いのではないかと思います。

ホームステイでは、マナーやちょっとした配慮が大事です、ホストファミリーと良好な関係を築きたい方は、下記の記事をご覧ください。

ホームステイの注意点「ホストファミリー」と良好な関係を築こう!

ホームステイの注意点「ホストファミリー」と良好な関係を築こう!

日本に到着したら連絡を忘れずに

ホームステイ先を後にして、日本に到着したら無事到着した報告をしましょう。

きっとホストファミリーもあなたが無事に到着できたかどうか心配しています。

海外ではFacebookがポピュラーなので、まだアカウントを持っていない方は作りましょう。

日本に帰国して、日常生活に戻ってもたまには連絡をしてコミュニケーションを取るのもおすすめ。

まとめ

ホストファミリーへのお礼の仕方の参考になれば幸いです。

お礼の仕方はどうあれ、あなの気持ちを伝えれば喜んでくれるでしょう。サプライズ頑張ってください!

【卒業生に聞いた】ホームステイで確実に使える実践的な英語フレーズ

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら