【真実】フィリピン料理ってまずい?!代表的な料理を紹介します。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン料理ってどんなのだろう?美味しいの?留学に行くからまずかったらどうしよう。と悩んでいる方へ。

結論から言うと、味つけは濃いですが、日本人好みの味付けになっています。

この記事の内容
  • フィリピン料理の味付けについて
  • おすすめのフィリピン料理の紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はセブ島の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

語学学校で多くの留学生に会うと、「フィリピン料理は意外に美味しい」って人が勿論います。また、「フィリピン料理はまずい」って声もたまに聞きます。全体をみると2割くらいの人が苦手なのかなーと思います。

フィリピン滞在歴も2年近くなったので、割とフィリピン料理についても詳しいです。

こういった背景の僕が、フィリピン料理の味付けとおすすめのフィリピン料理について解説しています。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

 フィリピン料理の味付けってどんな感じ?!

フィリピンの味付けは単調で比較的甘いです。

日本だと、食材の味を楽しんだり、調味料を使い分けて様々な味を作りだしますが、フィリピンはほとんどの料理が同じ味です。

言葉では伝えずらいですが、マクドナルドのバーベキューソースを甘くしたような味….

最初は「あまい!」とびっくりしますが、毎日食べていると不思議と慣れていきます。実際に現地のファストフードのマクドナルドやフィリピンでマクドナルドを超える人気のジョリビーでは甘いソースがかかったスパゲッティなどが食べられます。

 1.野菜を食べるならこれ!Chopsuey(チャプスイ)

フィリピンで野菜を摂取するなら、チャプスイを注文しましょう。

フィリピンの家庭料理でもあるチャプスイは、中国の八宝菜のような見た目ですね。野菜にかかっているタレが若干甘くて、ご飯と一緒に食べても食が進みます。

玉ねぎ、大根、人参、鶏肉など具沢山!写真のチャプスイは1-2人前で75ペソ(約170円)と財布にも優しいです。

 2. フィリピン料理の代表! Adobo(アドボ)

フィリピン人なら誰もが好きな、国民食です!

主に鶏肉を(たまに豚肉)を醤油、ニンニク、砂糖、ローリエで煮込んだ肉料理。タレが甘いので、ご飯に絡めて食べるとライスが進みます。

鶏肉 or 豚肉を煮込んだ料理なので、ほとんどの日本人は好きな味でしょう。

3.どこにでもあって安いChicken (チキン)

イナサル

どこのレストランに行っても鶏肉料理があるほど、フィリピンでは特に鶏肉をよく食べます。理由は、安いからとフライチキンにすれば長く保存できるから。

フィリピンのチキンは本当に安くて、美味しいので食べてください!

ローカルのチェーン店で安くておすすめなレストランは【ライス食べ放題】チキンが美味い・安いInasal(イナサル)です!

 4. フィリピン料理と言えばSisig(シシグ)

お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにも最高なフィリピンの代表的な食べ物のシシグ。

豚の耳と玉ねぎを細かく刻んで炒めた料理です。かなり脂っこいです。太りやすい食べ物って美味しいですよね。最高!

写真のシシグはメキシコ料理屋ムーンカフェのシシグです。ムーンカフェでは、シシグにチーズがのっていてフィリピン料理にメキシコをプラスしたようなシシグを食べられます。ムーンカフェについてはセブ島にあるメキシコ料理店Mooon Cafe(ムーンカフェ)で紹介しています。

また南国らしいフィリピンのビールはビール好き注目のフィリピンで飲むビール6選で紹介しています。

5.フィリピン風焼きそばPANCIT CANTON(パンシットカントン)

パンシットカントン

フィリピン料理屋では必ずメニューにあると言っても過言ではないほど、ポピュラーなフィリピン料理です。

日本の焼きそばをフィリピン風に味付けされた食べ物!フィリピン料理の中で一番日本人の口に合う料理かなと僕は思います。

フィリピンはお米が主食なので、麺類が食べたい時に、パンシットカントンを食べるといいですね。

語学学校ETHOSの近くでパンシットカントンが食べられるレストランはPenong’s(ペノン)です。ペノンについては安くて美味しいBBQチキンと焼きそば!Penong’s(ペノン)で紹介しています。

 6.ぷりぷりなエビが安い!!

フィリピン料理でエビを使った料理は「シニガン」や「エビのココナッツスープ」などがありますが、苦手な人が多いです。

でも、セブ島のレストランではぷりぷりのエビは物凄い安い価格で食べることができます!バンドを聞きながら食事を楽しむことができ、開放的な空間で食事ができるバケットシュリンプではエビをたらふく食べれます。

また焼肉食べ放題の但馬屋(たじまや)でもなんとエビも食べ放題のメニューに入ってます。

 7.伝統的なフィリピン料理「豚の丸焼き」Rechon(レチョン)

本当に豚の丸焼きで顔もそのままなので、最初はびっくりしますが、味は想像以上に美味しいです!

豚の皮はパリパリで、中はジューシーでやみつきになります。脂質が多いので食べすぎると太ります。フィリピンでは正月やクリスマス、誕生日などのお祝い事の時にレチョンを食べる習慣あり。

ETHOSフィリピン人スタッフのサムもレチョンが大好物

Sam
一番好きな食べ物はレチョンだよ!

レチョンでおすすめのレストランは確実にここ。【セブ島NO.1】レチョン「豚の丸焼き」はzubuchon(ズブチョン)

 8.フィリピンと言えばマンゴー!

初めてセブ島でマンゴーを食べた時、美味しすぎてびっくりしたのを今でも覚えています。

日本で食べた事ない甘み!フィリピンにきたら絶対に食べる事をおすすめします。フィリピンでもマンゴーが美味しい時期は2月〜5月の乾季です。

セブ島でマンゴーの商品を買いたい場合、7Dマンゴーを工場がおすすめ!

 9.フィリピン風肉団子 Bola Bola(ボラボラ)

豚肉の肉団子!味はほとんど日本で食べる肉団子と変わらないでしょう。ご飯のおかずに最高ですね。ETHOSのランチにもボラボラが出る事が多いです!

 10.孵化寸前のアヒルのBlot(バロット)

孵化寸前のアヒルの卵のバロットは現地人に大人気!でも、私たち日本人にはあまりの見た目のグロテスクさから食べるのを躊躇してしまいます。

でも、食べるとレバーとツナを足したような味で悪くわない。味は悪くないけど、想像が膨らみすぎて気持ち悪くなる……

勇者はぜひ、挑戦してみてください。

※関連記事
【観覧注意】アヒルのゆで卵バロットをじゃんけんで負けたら食べる

11.これが美味しい揚げナス!(eggplant)

フィリピンの揚げナスですが、かなり美味しい!卵が混ざってる揚げナスだと更に美味しいです。

フィリピン人も「ナス」をよく食べます。豆知識ですが、ナスは皮にしか栄養は入っていないみたいです。

12.Sotanghon Guisado

なんて読むのか分かりませんが、春雨のようなフィリピン料理。

オイリーではなくて食べやすく、味も濃くないのでおすすめ。

 13.Siomai(シューマイ)

フィリピンでも焼売はとても人気がある食べ物です。

フードコートなどで売られている焼売は正直全然美味しくありません。しかし、セブ島の「ティサ」の焼売は抜群に美味しい!

現地人にも「焼売ティサ」と呼ばれるほど名物になっています。

※関連記事
フィリピン・セブ島のTisa(ティサ)のしゅうまいを超える焼売を僕は知らない

14.飲んだ後の締めに。BATCHOY(バッチョイ)

フィリピン人に「締めはバッチョイを食べよう!」と言われた事からバッチョイの存在を知りました。

バッチョイはフィリピン風のラーメン。にんにくが効いていてスープが最高に美味しい。麺のクオリティーはいまいちですが、締めにしょっぱい物が食べたくなったらバッチョイを食べてみよう。

ローカルレストランにあるので、どこでも気軽に食べれる所も良い所です。

※関連記事
バッチョイとは?フィリピン風ラーメンが食べれるCarlo’s Batchoyがおすすめ。

15.フィリピンの春巻き「ルンピア」

フィリピン風の春巻き。中身は好みで野菜を入れたり、お肉を入れたりします。

外はカリカリで中身にぎっしり具が入っているルンピアは最高です。屋台にも売っているので気軽にどこでも食べる事が出来ます。

16.フィリピン人全員が愛するジョリビー

フィリピンで一番有名なファストフード店のジョリビー。

今まで、ジョリビーを嫌いな人に会ったことがない位、フィリピン人はほとんどジョリビーが好きです。

チキン+ライスセットや、チキン+スパゲッティーセットなど、ファストフード店としては面白い組み合わせの料理を食べることができます。値段も安いです!

17.シニガン

タイのトムヤムクンのように、酸味が強烈なフィリピンのスープと言えば「シニガン」

癖がかなり強いので、苦手な人は食べれないと思います。

野菜もたっぷり入っており、メインの具材はお好みで海老か豚肉を入れます。レストランによって色々とアレンジされたシニガンが食べれるのも面白い!フィリピンで一度は食べてみてください。

18.フィリピンの代表的な朝食(トシーノ)

フィリピンの朝食はパンより、断然お米派が多いです。写真の赤い食べ物は燻製したベーコンで、甘い味付けになっています。

基本的にフィリピンの朝食の組み合わせは、ライス+エッグとソーセージや魚などの組みわせが多いです。

フィリピンの朝食美味しいですよー!

19.フィリピン風(空芯菜)カンコン

フィリピン風の空芯菜炒め。野菜不足になりがちなフィリピンではありがたい料理。しかも、味も日本人好みです。

少し味付けは濃いですが、ご飯との相性もぴったり。フィリピンに来たら「カンコン」おすすめです。

セブ島でサラダが食べれるおすすめのレストラン

フィリピンでは野菜を食べる習慣が無いので、現地で新鮮な生野菜を食べれるレストランを知っていると便利です。下記に僕がおすすめするレストランを紹介します。

パシフィックリゾートのビュッフェ

パシフィックリゾートでは1300ペソでクオリティーの高いビュッフェが食べられます。ビュッフェのメニューの中に新鮮なサラダが含まれているのでおすすめ!1,300ペソでデイユース!パシフィックセブリゾート(Pacific Cebu Reort)ホテルがおすすめ!で紹介しています。

新鮮なサラダがもりもり食べれる「サラダストップ」

サラダストップのテイクアウト

セブ島では唯一「アヤラモール」の屋上にサラダストップがあります。野菜不足になりがちなセブ島ではサラダストップがおすすめです。サラダストップについてはセブ島初上陸Salad Stop!(サラダストップ)アヤラモール店に行ってきたで書いています。

焼肉食べ放題の但馬屋(たじまや)

550ペソ(約1200円)で焼肉食べ放題+焼き野菜と生野菜も食べ放題です!

絶対いくべき。但馬屋(たじまや)については超高級!マクタン島の炭火焼肉で食べ放題:但馬屋(たじまや)で説明しています。

まとめ

肉料理が多いフィリピン料理ですが、海に囲まれている為、シーフード料理も豊富です。

肉料理が多くて、味付けが濃いので1ヶ月も生活していると日本食が恋しくなります。

そんな時はセブ島にある日本レストランにいきましょう!セブ島は日本食がたくさんあります。

僕がおすすめする日本食は【セブ島】もう一度行きたくなる日本料理まとめで紹介しています。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS