毎日が英語!フィリピン・セブ島のアメリカ人講師の家にホームステイで英語漬け

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学の醍醐味と言えばホームステイですよね。フィリピン留学でもホームステイができたらいいな〜なんて思う人は多いです。
 
でも一般的なフィリピン留学の宿泊先はドミトリーと言われる寮で留学生だけでの生活になります。
 
一方でホームステイならホストファミリーと会話のチャンスが生まれます。つまり、家に帰ってもまだ英語を学ぶことができる。一日中英語漬けですね。
 
この記事ではフィリピン留学で、アメリカ人講師とホームステイができるエトスのホームステイの特徴について書いていきます。 
 

フィリピン・セブ島留学 エトスのホームステイはアットホーム

 
フィリピン留学の宿泊先は寮が定番ですがETHOS(エトス)ではアメリカ人講師の家にホームステイができます。
 
ホームステイ先によって違いますが、どの家庭もとてもアットホームでフレンドリーです。また学校の先生の家に宿泊できるので、安心感もあります。

水道水は飲み水としては使えない

フィリピンでは日本のように水道水を飲み水としては使えません。水道水を飲むと食あたりを起こすこともあります。
 
ステイ先にはウォーターサーバーがあります。水分補給はウォーターサーバーのミネラルウォーターを飲みましょう。

シャワーのお湯の出が悪い

フィリピンの水道インフラは日本のように発達していません。日本ではシャワーの水圧はとても強いですが、フィリピンのシャワーの水圧は控えめです。
 
また、フィリピンでは日本と違い水は大変貴重です。日本でならシャワーを30分以上浴びても誰にも文句は言われませんが、フィリピンでの長時間のシャワーの使用はやめましょう。

一日中英語漬けの生活が送れる

一般的なフィリピン留学だと宿泊先は寮になるので、話し相手は不留学生同士になってしまいます。
 
ですが、ホームステイだとネイティブのアメリカ人講師がホストファミリーとして家にいます。
 
必然的に常に英語を使うことができる場が授業が終わってからもあるので、必然的に英語を使う機会が多くなるのが特徴です。
 
実際の留学生からもホームステイに対する評価は高いです。
 
ホームステイでなかったらここまで英語が上達してなかった(22歳女性)
 
アットホームな学校です。(34歳男性)

フィリピン・セブ島のホームステイのインターネット事情

無料のwifiが通っているので使い放題です。youtubeなどもサクサクみれます。感覚的には日本よりも少し遅いかなと感じる程度です。
 
停電などインフラに問題が起こらない限り快適に無料wifiを使用できます。

ホストファミリーへのお土産って何がいいの?

ETHOS(エトス)にホームステイする際のホストファミリーへのお土産はいりません。
 
そもそもお土産という文化は日本独特のものです。とまでは言いませんが、そこも文化の違いと捉えてもらって大丈夫です。

ホームステイ先によってルールが違います

ETHOSのホームステイでは各家庭ごとにルールが違います。それぞれの家によって違うので初日に確認しましょう。
 
また共同生活になるので門限や、声かけなど基本的なコミニケーションを欠かさないことが大事です。

ETHOSのホームステイに向いている人

エトスのホームステイは話す量を増やすには最適なプランです。英語はどんどん話さないと喋れるようになれません。
 
その話す場として、学校が終わってからの時間をどれだけ実践に使えるかが英語が話せるようになるためには重要です。
 
授業で習った文法や発音などを実践できる機会が家に帰っても持てるのがホームステイの最大の魅力です。
 
留学を夢だと思っていた人や、英語に慣れたい人、とにかく英語を真面目に勉強したい人におすすめです。
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら