「母国の味」留学後、食べたいもの7選【喉から手が出るほど食べたい】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
これから海外留学する予定です。

留学すると日本食から遠ざかる訳ですが、留学経験者のみなさんは留学後、食べたくなった日本食はありますか?

留学経験者の方、教えてください!

こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論から言うと、留学していると、留学後、食べたいものだらけになります。笑

頭の中が日本食でいっぱいになる時もありますし、留学生は誰もが日本食シックになります。

やはり、寿司、焼肉、日本のお米を恋しくなる人が多いのかなと感じます。

この記事の内容
  • 留学後、食べたいもの7選
  • 留学には日本食を持っていこう

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、海外に行く事が多く、セブ島では実際に100名以上の留学生に会ってきて、留学後は「〜が食べたい!」という声も聞いて来ました。なので、割とリアルな声をお届けできるかと思います。

こういった背景の僕と留学生の声を元に、留学後、食べたいもの7選(日本食)を紹介していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後、食べたいもの7選

先日、こういったツイートをしました。

ー留学後、食べたい日本食ー

留学してると、気軽に日本食が食べれないので「〜食べたい」となりますよ。

「留学後、食べたいもので良く上がる日本食」

・焼肉
・そば
・お寿司
・おにぎり
・そうめん
・ラーメン
・日本のお米

僕は帰国後はいつもほぼ全て揃ってる「コンビニ」に駆け込みます。

 

ツイートした日本食について一つずつ紹介していきます。

その①:焼肉

「焼肉食べたい」留学中は、こんな言葉を日本人留学生から良く聞きます。

セブ島には焼肉屋さんがたくさんあり安いです。なので、困りませんが、アメリカやオーストラリアだと、焼肉食べ行って、お酒も飲んだら5000円〜1万円するので、中々食べに行く事が出来ません。

ちなみに、セブ島だと日本では食べれなくなって「レバ刺し」を食べる事が出来ます。

5回以上、セブ島でレバ刺しを食べましたが、お腹を壊した事はありません。

その②:そば

留学中は、重い食事。脂っこい料理が多いので、そばのようにあっさりしてヘルシーな食事が欲しくなります。でも、中々食べられる所がないんですよね。

日本でも住んでいる場所によって、蕎麦の食べ方が違うので、留学先の日本人留学生と蕎麦パーティーをして、各地方の蕎麦が食べれたら面白いな!と思います。

その③:お寿司

留学先によっては衛生的に生魚が食べにくかったり、日本食自体が高い事もあります。なので、留学中「お寿司」を食べられる事は、ほとんど無いです。

僕は一度、フィリピン・セブ島でお寿司を食べた事がありますが、

  • わさびが違う
  • 醤油もちょっと違う
  • ネタがねちょねちょしている

 

と残念だった事があります。後、海外のお寿司だと「カルフォルニア・ロール」など、少しジャンクな物が多い気がします。

やはり、お寿司は日本が一番!

その④:おにぎり

海外のコンビニ(特にアジアでは)おにぎりは売っています。でも、形がおにぎりなだけで、お米も固かったり、具材も現地人に合わせていたりと残念な物ばかりです。

しかも、「おにぎり屋さん」ってのも見た事ないです。

出来立ての、お米に塩をかけて海苔を巻いて、食べる。シンプルな味付けですが、これ程、贅沢な物は無いですよね。

お米を塩だけで食べるのは、日本人特有の食習慣かなと思います。

その⑤:そうめん・うどん

海外って日本料理のように、あっさりとした味付けの料理が少なくジャンクな料理が多いので、そうめんやうどんなどカツオ出汁や醤油を使って、あっさり食べる料理ってあまり見ないです。

しかも、中々、ダシつゆは手に入りにくい。

暑い国で留学していると尚更、そうめん等の麺類が食べたくなります。

その⑥:ラーメン

Kan
個人的に、味が濃い、濃厚豚骨ラーメンが食べたくなります。

ラーメンの塩分が欲しくなりますし、ニンニクをたくさん入れたラーメンを無性に食べたくなる。

特に、飲み会の後や、次の日は、ラーメンのような汁物を食べたくなります。

その⑦:日本のお米

僕は「日本のお米」が一番恋しくなり。海外生活中は喉から手が出るほど食べたくなります。

海外だと、

  • お米の質が違う
  • 炊飯器の品質も良くない
  • 水のクオリティーも良くない

 

ので、日本で食べるお米の味を再現するのは至難の技。

日本に帰ったら、出来立てのお米をそのまま食べるのが好きです。笑

何でも揃っている、コンビニは最高です

日本の空港には「コンビニ」があるので、帰国後はまずコンビニに駆け込んでいます。

食べ物以外にも、留学中は日本のお茶も飲みたくなるんです。食べたい物、飲みたい物が何でも揃っている、コンビニは最強です。

留学経験者は帰国後、日本のコンビニに感動するのはあるあるです。

留学先にもコンビニがありましたが、クオリティーが低かった。

留学には、日本食を持っていこう

持ち運びが便利で、留学中に食べたくなる日本食は下記の通り。

  • カップラーメン
  • ふりかけ
  • パスタのソース
  • カレーのルー
  • 蕎麦
  • 味噌汁

 

留学に持っていっても、あまり嵩張らないので荷物にならないのも良いですよね。

上記のインスタント食品の中でも、ふりかけと味噌汁を欲する人が多く感じます。

下記「関連記事」に詳しく書いているので合わせ読んでください。

留学中に送ってほしいものを留学経験者3人に聞いてみた!【共感】

海外でも、日本で売られているカップラーメンなどの日本食は売られていますが、バリエーションが少ないのと、値段が2倍以上する事もあるので、ある程度、持っていった方が良いです。

インスタント食品はお湯を入れたりするだけで、気軽に日本食を食べられるのもおすすめポイントです。

まとめ

留学中は、「留学後食べたくなるもの」ばかりです。

帰国した時に食べる日本食の味はいつもの何倍も美味しい。今では、それも僕の楽しみの一つになっています。

留学中、日本食は恋しくなりますが、留学先のソウルフードを楽しむ事を忘れずに!

海外にも美味しい料理がたくさんあります。

 

今回は以上になります。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら