留学中の目標はミニゴールをたくさん設定しよう【誰でも簡単にできる】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学中の目標を立てて英語力をあげるために、生活を送りたいんだけど、どうやって目標設定をしたらいいか分からない。何かおすすめの目標設定方法があるか探している方へ。

結論から言うと、目標はミニゴールをたくさん設定するべきです。

先日、兄かずきがこんなツイートをしていました。

英語は道のりが果てしないので
目標を大きくすぎると心が挫けます。

今日は10分勉強した「よし!」
マックで注文できて「よし!」
今の英語わかった!「よし!」
英語で話しかけた「よし!」

と無数のミニゴールを用意して
日々自分を褒め続けるのが成功のカギです。

 

僕もこのツイートに完全に同意だったので、留学中の目標として無数のミニゴールを決めた方がいい理由を解説していきます。

この記事を書いている僕は、海外留学経験が2回あり、合計5ヶ月留学していました。今でも自学で4年ほど英語を勉強しているので、目標設定をした方が良い大切さは、割と分かっているかと思います。

留学中の目標はミニゴールをたくさん設定しよう

目標設定のポイントは3つあり、下記の通りになります。

  1. 絶対できる簡単の目標を設定する
  2. 1日のミニゴール設定も無理しない
  3. 前日に目標を決めておく

 

一つずつ詳しく解説していきます。

その①:絶対できる簡単な目標を設定する

例えば、いきなり「今日は20人に声をかける」という結構大変な目標設定をしてしまうと、途中で諦めてしまう可能性があり、最初から目標達成できない可能性が高いです。

ですので、かずき兄のツイートのように最初は絶対にできる簡単な目標設定にしましょう。

ツイートしていた

  • 今日は10分勉強した「よし!」
  • マックで注文できて「よし!」
  • 今の英語わかった!「よし!」
  • 英語で話しかけた「よし!」

これくらいで、全然OKです。目標は上記以外の事でも何でもOK。

凄い簡単だなと思うかもしれませんが、英語が話せない段階で、外国人に英語で話しかけるのって以外に大変です。上記の小さな目標でも一つずつ、クリアしていくと、段々と自分に自信がついてきて、達成感を味わう事もできるので、おすすめです。

なお、留学当初の僕は、友達100人作るという目標を作りましたが、当たり前のようにできませんでした(笑)

最初から高い目標を設定するのでなく、絶対にできるミニゴールをクリアしていき、自分に自信をつけましょう。

その②:1日のミニゴール設定も無理しない

絶対にできるミニゴールを、50個設定してしまうと大変です。

最初は1日5個くらいに設定して、自分に1日5個目標達成する事は超簡単なのか、丁度良いのか確認しましょう。

最初は絶対にできる目標を5つ設定する。究極にシンプルでOK。

1週間くらい5つの目標を達成していくと、自分の中で習慣化されていきます。

習慣化するまでが大変ですが、何でも習慣化してしまうと、タスクをこなさないと落ち着かないという禁断症状になります。ここまできたら最高です。

その③:前日に目標を決めておく

僕の中で、前日に目標を決めておく事は一番大事です。

前日の夜に、次の日に達成したい目標をスマホにメモっておきます。

なぜ、前日に目標を決めるのかと言うと、当日に目標を決めると、朝寝坊して目標設定をする時間がない時もあるからです。

寝坊しなくても、寝起きで目標設定するのは面倒くさかったりします。

次の日に朝起きたら、スムーズに当日の目標を達成できるように、前日に目標を設定しておきましょう。

順調に目標を達成していたのに、目標設定を忘れて、何もやらないと罪悪感に包まれて気分が落ちます。

目標設定は前日にする!は徹底してください。

更なる高みを目指して、次のステップへ

留学中の絶対にできるミニゴール達成が習慣化されてきたら、少し難しい目標を作ってみましょう。

僕が作った結構ハードな目標設定の例は下記の通りです。

  • 外国人の友達とご飯を食べに行く(出来ればネイティブスピーカー)
  • 1人でバーに行って、外国人と友達になる

 

この目標を達成するために、僕はこんな事をしました。

外国人の友達とご飯を食べに行く

僕は、フィリピン・セブ島で留学していたので、フィリピン人の友達はいましたが、ネイティブの友達は学校の先生を除いていませんでした。

ということは、学校の先生ではない人と遊ぶとしたら、片っ端からセブ島にいるネイティブに声かけるしかありません。

こういう時に便利なのは、ホステルやバックパーカーズに行く事です。

ホステルやバックパッカーズは旅人が多くいるので、ほとんどの確率でネイティブもいます。そして旅人って基本的に暇しています。

なので、ホステルに行って声をかけて、その場で一緒にお酒を飲んだり、ご飯に誘うのも全然あり。

ホステルはゲスト同士で交流するスペース(ラウンジ)があるので、とりあえずホステルに行けば、ネイティブに会うのは楽勝です。

最初は、ハードだと思ってましたが、余裕でした。

難しかった事といえば、ネイティブとの会話がスムーズに行かない事くらいでした。

1人でバーに行って、外国人と友達になる

お酒好きの僕にとって、バーは外国人と知り合える絶好の場所です。

特に、スポーツバーでは、サッカーやバスケットボールなどの試合を飲みながら観戦している方が多いので、声をかける勇気があれば、外国人とお喋りを楽しみつつ、気が合えば友達になる事もできます。

留学中は人気がありそうなスポーツバーに行って、1人で暇そうにしている外国人に喋りかけてみましょう。以外に盛り上がったりして良い時間が過ごせます。

ここまで来たら、自信がめっちゃつきます

ちょっとハードそうな目標を作って達成できると、達成感が大きく自分に自信がかなりつきます。

難しい目標でも、どうやったらこの目標を達成できるんだろう?と考えるのも、面白いです。

自信がつくといえば低学歴でも英語ができれば学歴が低くても海外就職ができます。

参考:【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

まとめ:最初はシンプルで簡単な目標を

絶対にできる簡単な目標を毎日、こなしていきましょう。

これを続ければ、留学中に確実に結果が出ます。

一番難しいのは継続する事です。早めに目標を作り習慣化してしまいましょう。

実際にTOEIC120点から4ヶ月で海外で働いた留学生がいます。

英語力はTOEIC120点!そんな社会人(21歳)やりなおし勉強法

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら