【教育格差】フィリピン留学視点で見える、日本の貧しい家庭の子どもが持つハンデ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

数年前と見違えるほど日本食レストランが増え巨大なショッピングモールを見た弟がskypeを通してセブ島の経済発展のすさまじさを教えてくれます。
 
それでも貧困はなくならず、物乞いやストリートチルドレンがいるフィリピンの貧困は目に見える分、日本よりも問題意識を持ちやすいようで、その貧困を目にした留学生は、日本の良さを再確認します。
 
なかには、その貧困に向き合いはじめる留学生すらいるほどです。それはまるで日本には貧しい家庭が存在しないかのようです。
 

両親の世帯年収の高さが子どもの脳に影響を与えている

the-last-shirt-1510597_640
米国でのある調査によると世帯年収が約300万円未満の家庭に育った子どもたちは、約1800万円以上の家庭の子どもたちよりも、大脳皮質の領域が6%も小さかったと調査結果が発表されました。
 
医者の子は医者になる、お父さんも東大だから東大へ行くなど頭の良さが遺伝するという話に聞こえそうですが、実は親の教育レベル(両親の学歴の高さ)の違いではなく世帯年収の違いがこどもの脳に与えている影響が大きいといいます。JBPRESS:米国で実証された「金持ちの子供は頭がいい」
 
これに似た調査で、東大が実施している2014年学生生活実態調査によると東大では世帯年収が950万円以上の家庭の割合が54.8%あるとし、父の職業は管理的職業で41.5%、共働きが当たり前と言われている時代であっても母が無職の割合は37.9%であるとしています。(東京大学:2014年(第64回)学生生活実態調査

 遺伝子よりも家庭の収入の影響が大きい

macbook-577758_640
 
30歳を過ぎてそれなりに友だちや、先輩、後輩などを見てみると世帯収入がイコール、その子どもの学力に影響しているというのはウソではなく、むしろその通りで私の知る限り例外はいません。
 
言い方に語弊があるかもしれませんが、両親が裕福であっても子どもの学歴が低い場合はありますが、両親が貧乏や片親で子どもの学歴が高い例は私のまわりにはいません。残念ですが調査通りの結果です。
 
私の家庭も裕福ではなく、区立中学校での成績は5教科で5段階中2.7。高校はこの成績で行ける、家から近い高校を選びました。通っていた高校自体の大学進学率も低く、確か80%は短大、専門へ進学していきました。今考えれば勉強や学歴に関心がなかったからだと思います。
 
university-ulm-1366016_640

私のまわりでも貧乏な家庭の子どもで学歴が高い知り合いはいないのが現実。

私は大学受験を控えた三年生の夏休みが終わってから受験勉強をスタートして、自分が行ける大学に行こうと思い大学受験に力が入らなかったのを覚えています。私の通っていた大学の偏差値は河合塾のデータを見ると35、他のサイトで見てもFランクの大学です。(大学偏差値.biz
 
私の家庭は裕福ではないとは言っても、両親は大学までの学費は捻出してくれました。
 
でも友だちのなかには母子家庭の環境で美容師の専門学校に行きたくても、進学は選ばずに建築関係の仕事をはじめ毎月、実家にお金を入れる友だちがいました。
 
cat-51663_640

建築の仕事をはじめ家にお金を毎月入れ、学業に意味を見つけるのは難しい。

私立大学へ行けるなら学力さえ備わっていれば、国立に行って親孝行ができる学生もいますが、専門学校への進学も諦めるしかない家庭の経済状況では例え国立へ行くことができても進学は叶いません。
 
もちろん東京大学へ入る家庭でも世帯年収が450万円未満でも13.6%いるので不可能ではないですが、大学進学を選択できる可能性は限りなく下がるのではないかと思います。(東京大学:2014年(第64回)学生生活実態調査

世帯収入の問題が学力だけでなく学習意欲の二極化をつくる

 swimming-78112_640
 
例えば、良いコーチがいるスイミングクラブへ入れば強くなりたい、センス、実力がある選手が集まっていて、結果的に速い選手になれる確率が上がりますし、新しいの情報や他クラブとの合同練習の機会、科学的に練習できる環境が整っているように、良い大学へ行くことで目的意識を持った人たちと友だちになり、その友だちの上下関係の知人から情報をもらうことで良い就職先へ内定を取れるのではないかと思います。
 
実際に某有名大学のあるスポーツ部の主将は、有名な某商社へ代々入社するという話があるほどです。
 
ある上場企業の子会社で人事担当だった知人は「学力は絶対的ではないけれど、学力の低い大学卒の学生よりも、高い学生卒のほうへ比例して良い人材がいる。」と教えてくれました。
 
man-1031687_640

世代にとどまらない学力格差は学習意欲の二極化。

教育関係に強いフリーライターである斎藤剛史氏によると学力と世帯収入の問題は単に学力格差をうむだけではなく、さらに学習意欲の二極化でもある。
 
「教育環境の整った家庭の子は、親を見て『なぜ勉強をするのか』という大切さをわかっているから、前向きな気持ちで学習に取り組む。一方、そうでない家庭で育った子たちにありがちなのは、『無理して大学に行っても就職できない。就職してもすぐ首を切られる』といった悲観的な観測です」といいます。(DIAMOND online:家庭の所得が低いほど子どもの学力は低下する?文科省も調査に乗り出す”学力格差”の知られざる真実

 子どもの学力が世帯年収と正比例している

cooperative-1246862_640

お茶の水女子大学の耳塚寛明教授らの研究グループが2009年に行った家庭背景と子どもの学力等の関係による調査では、世帯年収200万円から1200〜1500万円未満まで、子どもの学力が世帯年収と正比例しているといいます。

 学力の高い子どもの親は、子どもが小さい頃から絵本の読み聞かせ、博物館、美術館へ行く、ニュースや新聞について子どもと話す。
 
などなど子どもにいろいろな体験の機会を作るように意識して取り組んでいるのに比べ、低学力層の子どもの保護者は、「テレビのワイドショーやバラエティ番組をよく見る」「携帯電話でゲームをする」「パチンコ・競馬・競輪に行く」「カラオケに行く」だといいますが、このように子どもは親の影響をもろに受けて成長していくと考えたときに、その低学力であった子どもが18歳になるまで何も考えられなくても、その子が悪いとは私には言えません。(DIAMOND online:家庭の所得が低いほど子どもの学力は低下する?文科省も調査に乗り出す”学力格差”の知られざる真実
casino-936910_640

低学力の子どもの保護者はワイドショーやバラエティ番組よく見る

年収の高い世帯と低い世帯の子どもの学力の差は、子どもに学習意欲があるかないかの差ということになります。
 
もしあなたの家族の世帯年収が400万円前後だったら、今のように学習する意味がわからないかもしれません。もし年収が400万円よりも低かったら、私の友だちのように進学は選ばずに働き、1人で住み、家に生活費を入れるかもしれません。
 
もしも、この環境で学習に対する意味を見出すことができたとしても、気づくのが遅ければ遅いほど状況を変えるのは難しくなります。そこでは、努力が報われることも、無限の可能性もありません。
 
office-1548304_640

気づいたときに状況を変えることができる無限の可能性はもうないのかもしれません。

私の最終学歴は偏差値35のFランク大学卒です。就職先も、働きたい職業がわからずに、社会人になってからの明るい未来も何一つ描けずにいました。そこで、アルバイトでお金を貯めて意味を見いだせない就職活動の代わりに海外留学を考えました。
 
海外では英語を覚えながら、今までに話したことがない人たちと出会い、新しい価値観や考え方があるのを知り、ばくぜんと海外と関わる職業に就きたいと考えはじめたのが23歳です。
 
不本意ながらも、その時は既卒扱いの社会人経験もなし、一歩まわりの流れに乗り遅れただけで追いつくのが難しい状況を経験しました。
 
今でも就職活動の時期になるとテレビに映る面接で何十社も受けても受からない学生や、逆に活き活きしている学生を見ると、その就職活動の現場に行く意味さえ見いだせない、学生やフリーターの存在を考えてしまいます。だって自分がそうだったから。
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS