フィリピンの野良犬事情・対策を解説【近寄らないこと】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピンに行く人
これからフィリピンに行きます。

狂犬病が心配なので、フィリピンの野良犬事情が気になっています。

フィリピンに野良犬はたくさんいますか?

詳しい人教えてください。

こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論から言うと、フィリピンに野良犬はたくさんいます。都会には少なく、田舎に行くとたくさんいます。

しかし、フィリピンの野良犬はあまり凶暴ではありません。

この記事の内容
  • フィリピンの野良犬(野犬)事情・対策を解説
  • フィリピンで野良犬に噛まれてしまった時の対処方法

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

セブ島・マニラに滞在して、フィリピン滞在歴も合計2年以上になるので、現地事情については詳しい方です。

こういった背景の僕が、フィリピンの野良犬(野犬)事情・対策を解説していきます。

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

フィリピンの野良犬(野犬)事情・対策を解説

もう一度言いますが、フィリピンには野犬がたくさんいます。

セブ島の中心地からタクシーで20分程離れている「マンバリン」と言う住宅地域で暮らしていた時は、野犬を多く見かけました。

すれ違う人が「犬」なんて事も良くあります(笑)

しかも、明らかに何らかの病気を持っているだろうな〜と思われる痩せ細った犬も多いです。

狂犬病を持っている可能性もあるので、野良犬に刺激を与えないように注意して生活する必要があります。

ちなみに、フィリピン滞在歴2年を超える僕ですが、野良犬に襲われたはありません。

フィリピンには野良猫もたくさんいます

狂犬病は犬以外に、ネコやコウモリからも感染します。

フィリピン・セブ島には野良犬以上に野良猫がいるかもしれません・・・・

まだ生まれたばかりの野良猫を路上で見かける事もありますが、狂犬病を持っている可能性があるので触らないようにしてください。

野良猫の姿を見かけると可哀想になりますが、正直救っていたらキリがありません。

また、マニラでは夜にコウモリを見た事もあります。

万が一、コウモリに噛まれてしまった場合も狂犬病に感染する場合があるので気をつけてください。まだセブ島でコウモリは見た事はありません。

フィリピンの野良犬は攻撃的では無い

フィリピンの野良犬は異常な位、人間に怯えています。襲ってくるより、人間を避けて生活しているので、何もしない人間を襲ってくるという事はないでしょう。

何故、人間に怯えているかと言うと、野良犬を追っかけまわしたり、残飯を食べている野良犬を追っ払ったりしている子供が多くいるからだと思っています。(個人的な意見です)

東南アジアのタイに行った時は、野良犬に囲まれて追われた経験があります。タイだと野良犬がいるので夜道を一人で歩くのは避けていましたが、フィリピンでは夜道一人で歩いても野犬に襲われるという事はないでしょう。

野良犬は都会に少なく田舎に多い

人口が多い都会に野良犬はほとんどいません。逆に人が少ない田舎だと野良犬がたくさんいます。

日本でも同じですね。

セブ島の田舎「モアルボアル」に行った時、野良犬の多さにびっくりしました。セブ中心地で生活していても、割と野良犬は見かけるので、田舎に行くと野良犬の数は都会と比べて圧倒的に多いです。

日中は気温が高いので野良犬も活動しませんが、日が沈んで気温も下がった頃に行動します。

元々、犬は縄張り意識が強い動物で、群れで行動し、テリトリーを守る習性があるので、刺激しないように気をつけてください。

ローカルビーチに行くと野良犬が寄ってきます

フィリピンのローカルビーチに行くと、残飯を求めた野良犬がビーチをウロウロしている事もあります。

餌をあげても良いと思いますが、触らないようにだけしてください。

フィリピンで野良犬に噛まれてしまった時の対処方法

野良犬に噛まれると狂犬病に掛かる可能性があるので迅速な対応が必要です。

フィリピンに行く人
そもそも、狂犬病ってどんな病気?

狂犬病とは犬やネコなど狂犬病を持っている、野生動物に噛まれて感染する病気で、狂犬病を発症したら100%死亡するという恐ろしい病気です。

もし、野良犬に噛まれたら下記の行動を取ってください。

  • 綺麗な水で傷口を綺麗に洗い流す
  • 直ぐに病院に行きワクチンを打つ

 

狂犬病の危険がある場合、ワクチン接種の回数は6回あります。

初日、3日目、7日目、14日目、30日目、90日目。

狂犬病を持っている野良犬に噛まれて放置してしまうと100%死亡しますが、きちんとワクチンを接種すれば命が助かります。

直ぐに対応しましょう。

セブ島では日本語対応しているジャパーニーズヘルプデスクがおすすめです。

どうしても心配な方は渡航前に予防接種を受けるのもあり

普通に生活をしていれば、野良犬に噛まれる心配はありませんが、どうしても心配な方は日本で狂犬病の予防接種を受ける事も可能です。値段は約14000円。

ちなみに、僕は一度も予防接種をうけた事はありません。

フィリピンで狂犬病対策

下記の通りです。

  • 野良犬・ネコに近付かない
  • 野良犬・ネコに近付かない
  • 野良犬・ネコに近付かない

 

正直これしかないかなと思います。

動物好きな方も、野良犬・猫に近寄らないようにしてください。

まとめ(フィリピンの野良犬について)

フィリピンに野良犬はたくさんいます。

でも、フィリピンの野良犬は攻撃的ではないので、こちらから近寄らない。刺激を与えなければ攻撃的になる事はないと思います。

万が一、野良犬に噛まれてしまった場合は、傷口を綺麗に洗って、直ぐに病院に行ってワクチンを接種してください。

今回は以上です!

 

フィリピンに行く前に必ず海外保険に加入してください。

海外保険はクレジットカード付帯の海外保険がおすすめです。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS


3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS