フィリピンで腹痛の原因と対処法【80%以上の方が経験します】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学 or 旅行に来て早速「腹痛」を感じている。何か変な病気にかかってないか心配だ…..と悩んでいる方へ。
 
この記事の内容
  • フィリピンでの腹痛の原因がわかる
  • 腹痛にならないための予防策
  • 腹痛になってしまった時の対処方

この記事を書いている僕は、渡比回数20回以上、フィリピン歴が1.7年ほどで「腹痛」は毎回経験しています。

結論から言うと、ほとんどの人(8割近く)がフィリピン滞在中に少なくともお腹に違和感を感じています。
 
フィリピンで腹痛を感じてる人はこの記事を読めば少しは安心するでしょう。
2分ほどでサクッと読めます。
ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

フィリピンで少しでも「腹痛」を感じている方へ

フィリピンに来て腹痛を感じている日本人は全体の80%以上いるのではないかと思います。お腹が弱い僕は、渡比回数が20回以上になりますが毎回必ず「下痢」になります。
 
「全然お腹大丈夫!」って人が珍しい程、ほとんどの人が大なり小なりお腹を壊すので、言ってしまえば誰もが通る通過点のようなものです。
 
ETHOS(エトス)卒業生にも聞いてみました。
 
Kan
留学中のお腹ってどのくらいの頻度で痛くなった?
 
卒業生タニ
やっぱ最初の1週間は皆必ずと言っていいほど、お腹壊すと思いますけど!笑

自分は1週間経ったくらいの時に、お腹痛くなって正露丸飲んでましたね。

卒業生タニ
俺がいた時のエトスの学生は、割と1週間目で腹壊したって聞きましたよ。
Kan
もう1人に聞いてみましょう。
 
卒業生じゅんき(JB)
食べ慣れないものを食べると確実にやってましたね。普段は同じ食べ物しか食べなかったので、慣れてからは大丈夫でした。
 
卒業生も最初は腹痛に悩まされています。
 
ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピンで腹痛がおこる原因は何か?

水にあたる

フィリピンでは水道水を飲む事ができません。現地で私たちの飲み水はミネラルウォーターかウォーターサーバーの水になります。

レストランに行くと無料のサービスウォーターを頼む事ができますが、これに当たる人がたまにいます。

理由はレストランのサービスウォーターはウォーターサーバーの水なのですが、ウォーターサーバーのフィルター部分が汚れており、黴菌がたくさん入った水を飲んでしまう事によって腹痛をおこしてしまう事があります。

※関連記事
 

食べ物にあたる

フィリピンで一番多いのが食べ物にあたること。特に屋台やローカルレストランの食べ物であたる人が多い。

屋台やローカルレストランでは食材の保存方法が適当だったり、衛生状態が悪い場所で料理を作っているのでお腹を壊しやすい。
 
僕はお腹が弱いのでフィリピンで韓国料理の辛い食べ物でも腹痛をおこします。
食べ物に使ってる油も日本と違うので、油が体に合わずに体調を崩す人も中にはいます。

ストレス

海外生活では知らない間に体にストレスを溜めてしまってることがあります。

人間関係や食事の問題でストレスは以外に溜まりやすいので、自分なりのストレス解消方法を早めに見つけましょう。
 

ただの気にしすぎ

「これ食べて大丈夫かな?」「お腹痛くなりそう」と心配しすぎると本当にお腹が痛く感じるものです。病も気からと言いますが、気にしすぎるのはやめましょう。
 

フィリピンで腹痛の予防策

フィリピンで腹痛を回避するのは難しいですが、予防をすれば少しでも確率を減らす事は可能です。
 
下記に3つ予防策を紹介します。
 

アルコールジェルを持ち歩く

食事の前に手を洗えれば良いですが、手洗い場が無い場所もあります。ローカルレストランだとトイレが汚すぎて入りたくないって方もいるでしょう。

そんな時に役に立つのがスーパーやコンビニで売っているアルコールジェル。
バックに入れてもかさばらないコンパクトなアルコールジェルを常に持ち歩いて、手を綺麗な状態に保ちましょう。
 

ミネラルウォーターを飲む

レストランに行った時はサービスウォーターを飲まずにミネラルウォーターを買って飲みましょう。物価の安いフィリピンでは500mlの水が20円前後で買えます。
 
もちろん、ジュースでもいいですが、瓶に入ってる飲み物を飲む時は注意が必要です。
 
フィリピンの瓶ジュースやビールの瓶は使い回しです。そして瓶の輸送中などにホコリが瓶の口元について汚れています。
 
実際にティシュで瓶の口元を吹くと分かりますが、ティッシュに瓶の汚れがつくほど、ひどく汚れている場合も。
 
なので、瓶の飲み物を飲む場合は、瓶の口元を拭いて飲むか、コップに写してからのみましょう。
 
※関連記事

危ないと思ったら食べない

「変なにおいがする」「変な味がする」時は無理に食べないようにしてください。

フィリピンではスーパーの食品も普通に傷んだものや賞味期限の商品が売られているので、食材を買う時も注意して選別してください。
 

フィリピンで腹痛の対処法

薬を飲む

何回もトイレに行っても腹痛が治らない場合は薬を飲みましょう。留学生の中では「正露丸」を持ってきて良かったという人もいますので、日本から薬を持参するのもありです。

病院に行く

薬を飲んでも腹痛が治らない場合は、病院に行きましょう。
 
フィリピンには日本語対応している「ジャパニーズヘルプデスク」があるので、日本語で診察を受ける事ができます。
 
病院に行ったあとはドクターの指示に従い安静に過ごしましょう。
 

まとめ

フィリピンでお腹が痛くなったてもあまり心配せずに対処しましょう。この記事で紹介した腹痛の予防をしていればある程度防げるかと思います。
 
万が一、体調を崩して病院にかかる事になった時のために海外保険には加入しておきましょう。
 
おすすめの海外保険は下記に記事で紹介しています。
1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ
 
関連記事

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS