後で返しますは英語で?【物・お返金・返品で変わります】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ予定の人
後で返しますって英語でなんて言うんですか?

お金を借りた時とか、本を返したい時に使いたいです。

 

 

こんな疑問に答えます。

かずき
後で返しますは英語でgive back、pay backで表現できます。

 

  • I’ll give you back later.
    後で返します。

 

  • I’ll pay you back later.
    後で返します。

 

give backは文字通り返す、戻すでpay backはお金を払い戻す、借りを返す、仕返し(復讐)という意味でも使えます。

returnなど似たような単語についても詳しくは後ほど説明します。

 

この記事の内容
  • 後で返しますは英語で?

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はフィリピンでホームステイ実績No. 1で、ワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で留学生のサポートをしています。

海外の友達と日本で遊んだり、海外で飲みに行く機会が多いので「後で返すね」、「後で返しますね」を英語で言えないと大変。

カフェとかで頼んだものと違ったり、髪の毛が入ってたら返品か返金もして欲しいですしね。そこでこの記事では後で返しますを英語表現を紹介します。

フィリピン英語の訛りが心配ではありませんか?

大きな声では言えませんがフィリピン人はフィリピン訛りの英語を話します。つまり、外国人の話す日本語と同じです。

アメリカ人をはじめ英語圏の人たちに「しっかり理解される発音」を身につける1番の近道は、プロのアメリカ人講師に発音を矯正してもらうことです。

実は、フィリピンに全授業を英語のネイティブスピーカーであるプロのアメリカ人講師から英語を習える学校があります。(オリジナルの発音プログラムが留学生から人気です!)

後で返しますは英語で?【物・お返金・返品で変わります】

後で返しますを英語で言う場合返すものがお金か、それ以外のものか。またはカジュアルか丁寧な表現かで変わってきます。

give back/pay back/returnの3つを覚えておけば必要に応じて「後で返します」と英語で言えるのでまずはこの3つ、せめて1つだけでも使えるようにしてみて下さい。

 

  • I’ll give you back later.
    後で返します。

give backは持ち主に返す、戻すという意味があります。

 

  • I’ll pay you back later.
    後で返します。

pay backはお金を返すという意味があります。またpay backはお金を返す以外にも恩返し、復讐という意味もあるので後ほど詳しく説明します。

 

  • I’ll pay you back the money for beer when I see you.
    次あったときビール代返すね。

 

  • I’ll give this back to you.
    これ返すね。

 

  • I returned this pencil last night.
    昨晩、このペンを返した。

 

  • I’ll give back the book to the library tomorrow.
    明日、本を図書館に返す。

 

  • I’ll return the book to the library tomorrow.
    明日、本を図書館に返す。

 

returnとgive backの意味に大きな違いはありませんが、give backの方がreturnよりもカジュアルな表現です。

続いてpay backの意味をおさらいです。

paybackの意味は広い

pay backはお金を返すという意味の他に復讐という意味があります。This is paymbackでこれは復讐という意味があります。

またpay backは復讐だけじゃなく「恩返し」という意味にもなります。

つまりpay backは良い悪いに関係なく人から受けた行為に対してお返しをするとこです。

このpay back(恩返し)ではなく受けた好意を他人に送るpay forwardするという映画「ペイフォワード可能の王国」をなぜか思い出します。

paybackはpay backを名詞として一語で使っています。

お金を返すの英語

pay backと同じようにrefundも人にお金を払い戻す、返済するという意味です。

お店でCan you give me back the money?(お金を返してくれますか?)と質問の他にもCan I have refund?(返金してもらえますか?)と伝えることができます。

 

  • Please refund this.
    これを返金してください。

 

  • I’d like a refund.
    返金してください。

 

  • I’d like to refund your money.
    あなたに返金したいです。

 

  • Coud I have a refund?
    返金お願いできますか?

 

  • My flight was delayed so I’d like a refund.
    私のフライトが遅延したので返金お願いします。

もちろんpay backでもお金を返す時に使えますがrefundも合わせて覚えておくと便利です。

どちらも日常的によく出てくる単語なので早めに覚えておくと便利です。

返品について
返金と合わせて覚えておきたいのは返品です。
ちなみに返品はreturnでOK。

I’d like to return this.
これを返品したいのですが

 

フィリピン留学中も留学生が仲良くなったフィリピン人から「お金を貸して」と言われる事例が多々ありますが、基本的に帰ってこないので注意が必要です。

もちろんフィリピン人と一括りにしても日本人より収入も高くて優秀な人やそうでない人と一概には言えないですが、お金は貸さないように注意です。

 

フィリピン留学に興味があれば合わせて読みたい

後で返しますは英語でgive back

色々説明してしまいましたが後で返しますを英語で言いたいときは

 

  • give back
  • pay back
  • return

 

この3つを覚えておけばバッチリです。

お店などで返金、返品の際はgive back以外にもrefund(返金)やreturn(返品)をつかった「返す」の英語表現もよく使うので覚えておくとより良いですね。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>