フィリピン・セブ島留学はおすすめか?通訳士に聞いてみた。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい人
フィリピン・セブ島留学をする予定です。

留学で英語を喋れるようになって、将来は通訳などの英語を使った仕事をしたいです!実際にフィリピン留学後に通訳の仕事をしている人はいるのかな?色々、通訳の事について知りたいです!

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、通訳に限らず、フィリピン留学後英語を使った仕事をする方は多いです。英語が喋れるようになると仕事の選択肢が急激に広がります。

この記事の内容
  • フィリピン留学で英語力はどのくらい伸びるか?
  • 通訳になった経緯

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

今回はETHOS卒業生の通訳士が、セブ島に遊びにきていたので、

  • 通訳になった経緯
  • 仕事内容
  • 通訳になる為にフィリピン留学は有効か?

 

などをインタビューしました。

将来、通訳や英語を使った仕事に就きたい方は、参考にしてください!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピン・セブ島留学はおすすめか?通訳士に聞いてみた。

大関じゅんきくん

ETHOSで2ヶ月留学後、インターンを経験。その後オーストラリアのワーキングホリデーに1年間行く。

ワーホリ終了後、東南アジアでバックパッカーをする、その時に通訳の仕事のオファーを貰うが断る。日本に帰国してからは、USサマーキャンプなどで通訳として活動する。

フィリピン留学経験、ワーホリでの話も聞きました。

 

ーでは、よろしくお願いします!
最初に留学期間と、フィリピン留学のメリットを簡単に教えてください。

フィリピンには2ヶ月間留学しました。

メリットは、英語圏でありながら日本から近く、時差もなく、物価も安いので、大学生や若い人でもお金を貯めてきやすいってのは大きな魅力の一つだと思います。

ー2ヶ月のフィリピン留学で英語力はどのくらい伸びましたか?

いや〜本当に、全然喋れない、5フレーズくらいしか喋れなかった僕が、コミュニケーションを取れるようになりました。

ーコミュニケーションを取れるようになったってのは具体的に?

具体的には、セブ島内で自分一人で買い物にいったり、一人で離島に行ったり、一人で迷子になっても困らない程度の英語は身につきました。

ー英語初心者からでも2ヶ月あれば、そこまでいけるという意味ですか?一生懸命勉強するのが大前提ですが。

そうですね。

本当に一生懸命やれば、1ヶ月でもかなり伸びるのではないかなと思います。

ーその後、オーストラリアにワーキングホリデーに行ったと思うんですが、期間と仕事内容を教えてください。

オーストラリアのワーキングホリデーは1年間行きました。

最初の仕事がホテルのハウスキーピング。ホテルのハウスキーピングはお客が少ないと給料があまり高くないのと、セカンドビザを取りたいので、ブルーペリーファームに2つ行きました。次にコットンファクトリーに行きました。

なので、ホテル→ブルーベリー→ブルーベリー→コットンファクトリーの4つを主に働きました。

ーそれが全部で一年間くらい?

そうですね。一年間くらいです。

まあ途中、仕事しないで旅行とかもしていました。

他にも短期ジョブっていう1週間、2週間、日雇いの仕事とかはもっと経験してますけど、大きな仕事というと、さっきあげた4つになります。

ー色々経験していますね。では、ワーホリのメリットとデメリットを教えてください。

ワーホリのメリットは、場所とか環境によるんですけど、英語を24時間使える環境にいる事ができることですかね。

例えば、日本にいると英語を使えるチャンスはあると思うんですけど、1日の8.9割は日本語だと思うんで、海外にいると耳が慣れて、スピーキングも毎日使わなければいけないから上達するし、ワーホリでは自分の英語力を伸ばそうと思えば無限に伸ばせる環境なので、それがメリットだと思います。

デメリットをあげるとすると、ビザに期間がある事ですかね。

ワーホリビザは1年間。セカンドビザを申請してももう一年間。ずっといる事ができないので、それがデメリットかなと思います。
【関連記事】月80万円!オーストラリアのファームで稼ぐトップピッカー

ーその後、帰国してアメリカ人のキャンプの通訳をしたと言っていましたが、通訳についてもっと詳しく教えてください。

USサマーキャンプの通訳をしました。通訳っていう名前なんですけど、雑務とかもこなしました。アメリカ人スタッフと親御さん、旅行会社の人がいれば、その人たちの間に入って通訳をしていました。

例えば、アメリカ人スタッフが「これをして欲しい」とか何かあった時は、彼らのケアをしたり、大きなサマーキャンプのアシスタントでした。

その仕事のメリットはほとんど、英語を使えた事ですかね。

ーこの通訳の仕事はフィリピン留学する前からやりたかったのか、たまたま仕事をする事ができたのかどっちですか?

フィリピン留学が終わった辺りから、せっかく、英語を勉強したのでそれを生かしたいとは思っていました。それと、英語を使ってお金を稼いでみたいとも思いました。

ーワーホリ中も、変わらず通訳をやりたいと思っていたんですか?

そうですね。

ワーホリ後も英語を伸ばしたいと考えていました。伸ばしたいというよりはキープしたいと思っていて、そういうようなチャンスはないかな〜と思って仕事を探してみました。

ーじゃあ、目標が達成できたという事ですね。少し話しが変わるんですが、ワーホリ後にマレーシアに行ったって言ってましたが、

はい。バックパッカーしていました。

ーその時に仕事のオファーがあったってのは通訳の仕事ですか?

それも通訳ですね。

それは、マレーシアで友達の輪が広がった時に、一人の会社で働いている人が、日本語と英語を喋れる人を探していて、ビジネスをやりたいという事で、その仕事をして欲しいと言われたんですけど、マレーシアは良い国で僕も好きなんですけど、文化や宗教の違いが日本と大分あるので、良い話だったんですけど、お断りしました。

ー日本人が通訳の仕事をしたいと考えた時に、履歴書を書いて会社の面接を受けると思うんですけど、じゅんき君の場合は、面接とかしたんですか?

マレーシアの件は、お酒の席に友達経由で頼まれました。USキャンプはウェブサイトから見つけて履歴書を送りました。

ー履歴書を出してから、USキャンプで通訳の仕事をするまでの流れを教えてもらってもいいでしょうか。

えーとですね。日本でやったキャンプの仕事は、前の職場からの推薦状が2つ必要で、その後に英語力テストがありました。

ーマレーシアのオファーは、就職活動をしないで見つかったと思うんですけど、英語喋れなかったらどうだったと思いますか?

そうですね。英語で話して、それで評価してもらったので。履歴書とか関係なく、僕の英語を認めてもらえました。

なのでフィリピン留学してなかったら、こういった仕事はできなかったと思います。いや、間違いなく出来ませんでした。

ーTOIECとかは持ってますか?

苦手なんですけど、600いくつ位あります。本当に言えるような点数じゃないですが。読むのが苦手で…..

これから頑張ります!

ーTOIECは通訳するのにあったほうがいい?

あった方が良いと思いますけど、少し勉強すれば誰でも取れるような点数なので、TOIECも大事ですけど、それ以上に流暢に英語で応答できる事が大事だと思います。

例えば、文法が多少間違っても通じるんで、よりスムーズに話せる方が大切なんだと僕は思います。

ーフィリピン留学は通訳になりたい人におすすめだと思いますか?

はい。おすすめです。一応経験者から言わせてもらうと、喋れる事が大事です。日本だと文法は勉強できますけど、スピーキングはできないんで、外国でスピーキングを伸ばして欲しいなと思います。

とりあえず、たくさん喋る事が大事です。間違いなく外国の方が英語を喋るチャンスがあります。

なので、ぜひ、フィリピンに来てたくさん喋って、聞いてください。

ーこれからも頑張ってください。ありがとうございました。

ありがとうございました。

まとめ

好きな事をやっている、大関くんの目はインタビュー中ずっとキラキラと輝いていました。

もし、将来「通訳」や「英語を使った仕事」をしたい場合、フィリピン留学はおすすめです!

今回は以上になります。

フィリピン留学後海外インターンとして活躍している、ETHOS(エトス)卒業生のインタビュー記事も合わせてどうぞ!

「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ2週間でローカルジョブ

6ヶ月のフィリピン留学後にマレーシアでインターンをした岡田くん【インタビュー】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS