ぷりぷりなエビがセブ島で食べたくなったらバケットシュリンプ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

セブ島でローカルの雰囲気を味わいながら、プリプリのエビをたくさん食べられる「バケットシュリンプ」の紹介をします。
 
日本だとエビは高いですが、セブ島だとリーズナブルな価格でエビを楽しむ事ができます。
 
早速ですが、バケットシュリンプを紹介していきます。
 

バケットシュリンプCapitol店の場所

Google mapはSTK ta Bay!を指しています。

Capitol店のバケットシュリンプ(Bucket Shrimps)とタクシーの運転手に伝えても分からない事が多いので「STK ta Bay! Capitol」と伝えてください。バケットシュリンプはSTK ta Bay!レストランの目の前にあります。
 
STK ta Bay!は地元ではかなり有名店で、タクシーの運転手は大体知っています。

バケットシュリンプ(Bucket Shrimps)

a-1
大きいエビの看板が目印です!
a-2
 
白い上下のユニフォームで左端に写っているのがスタッフです。客層は現地のフィリピン人と韓国人留学生でした。
a-3
バケットシュリンプの近くには、語学学校があるから留学生も多いです。この日はラテン系のミュージックを演奏もあり、雰囲気が出ていました。

屋外で風の通りもよく気持ちい!ビールとエビの相性が抜群の予感。
 
「雰囲気が良い」は英語で?

This restaurant has a very nice atmosphere.(このレストランは雰囲気が良い)

 
a-4
壁にはたくさんのメッセージが書いてありました。ファンがたくさんいるのが分かります!

メニューはバケツに書かれて各テーブルに置いてあります。

メニューはバケツに書かれて各テーブルに置いてあります。

「どんな料理ですか」は英語で?

フィリピンではメニューに写真が載っていない事がほとんどです。
そんな時には、What kind of food is this?(これはどんな料理ですか?)と聞いて、どんな料理か聞いてみましょう。

a-6

シュリンプ以外にもチキンなどのメニューもありますがオススメは断然エビです!

ドリンクメニューも小さなバケツに書いています。

ドリンクメニューも小さなバケツに書いています。

a-8

エビの味付けはスパイシー・カレー・ガーリックの3つから選べます。一皿で3〜4人前くらいの量がでてきます。

今回はスパイシー味をオーダー。ピリ辛で食欲をそそります。
写真では分かりにくいですがかなりの量です。(350ペソ)

a-9
男3人で行ったのでもう1つ頼みました。こちらはガーリック味。
スパイシーよりガーリック味の方がオススメです!(350ペソ)
a-10
テーブルにはプラスチックの手袋があるので、手袋をはめて
手でエビとライスを食べるのがフィリピンスタイル!
 
日本では手で食べることはまずないですが、フィリピンでは一般的です。ローカルレストランに行くと現地の人達は素手で上手にライスやおかずを手ですくって食べています。
 
フィリピンに来たら是非挑戦してみてください。
 
ライスとエビの相性がバツグン!ライス(100ペソ・約3人前)
 
「〜と〜は良くあう」は英語で?

Rice goes well with shrimp.(ライスとエビは良くあう。)
Goes well with.(良くあう。マッチする。)

まとめ

wifi なし
クレジットカード 使用不可
混雑時間帯 19時前後1時間は混んでいます。
客層 韓国人留学生とフィリピン人
座席数 数えてないけど広いです。
予算 200〜300ペソ
おすすめ料理  ガーリックシュリンプ
男3人でエビを2つ頼みましたが量が多すぎだったので1つで良かったです。
 
3人グループでライス1つ、エビ1つを注文しても合計450ペソ。1人あたりにすると150ペソ(約320円)
 
プラス飲み物代+50ペソという価格です。飲み物のコーラは飲み放題でした!嬉しいですね。
 
友達と一緒にプリプリなエビを食べに行ってはいかがでしょうか。
セブ島の海沿いのお洒落な空間でシーフードを食べたい場合はセブ島で個人的に一番のレストラン|Parilya(パリリヤ)がおすすめ
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS