【動画有り】フィリピン・セブ島留学6ヶ月(半年)の費用と効果

6ヶ月のフィリピン留学

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい女性
フィリピン・セブ島留学を中期・長期検討しています。6ヶ月位したいと思っています。半年の留学費用はどのくらいなのか、どのくらいの効果があるのか気になります。経験者教えてください!
 
 
こんな疑問に答えます。
 
 
Kan
結論から言うと、6ヶ月間留学すると海外で働けたり、国内で英語を使った仕事が出来るレベルまでいきます。6ヶ月の留学は相当効果的です。実際に6ヶ月留学していた生徒は、卒業後海外で働いていたりします。留学料金は130万円以上を考えましょう。
 
 
この記事の内容
  • 6ヶ月のフィリピン留学でかかる費用
  • 卒業生の体験談と効果・実績を紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

実際に6ヶ月留学した生徒と接してきて、かなり英語力がついているなと感じています。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島留学6ヶ月の費用と効果を解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

6ヶ月のフィリピン・セブ島留学でかかる費用

6ヶ月のフィリピン留学の費用合計

まず、ホームステイとシェアハウスの6ヶ月の合計費用を下記で解説します。

レートによって多少金額が前後しますが、これ以上費用がかかる事はありません。

※1ドル110円計算

ホームステイ:6時間コース

語学学校の費用 約132万円(12040ドル)
SSP 4.7万円(22790ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 24万円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 165万円
 

ホームステイ:7時間コース

語学学校の費用 約156万円(14200ドル)
SSP 4.7万円(22790ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 24万円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 189万円
 

平日1日6時間の授業(土日祝日除く)の内訳は以下のとおりです。
 
4時間:アメリカ人講師との少人数グループレッスン
2時間:復習の時間(アメリカ人とマンツーマンで最大30分学習できます)
(60分=55分レッスン・5分休憩)
授業内容:グラマー、カンバセーション、文法、発音
 
7時間コースを選ぶと上記授業内容+ライティングクラスが追加されます。
 
 
6時間と7時間コースの違いは下記記事で詳しく解説しています。
 
 
次にシェアハウスの留学合計費用を紹介します。

シェアハウス:6時間コース

語学学校の費用 約116万円(10600ドル)
SSP 4.7万円(22790ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 24万円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 149万円
 

シェアハウス:7時間コース

語学学校の費用 約139万円(12650ドル)
SSP 4.7万円(22790ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 24万円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 172万円
 

語学学校の費用に含まれるもの

空港送迎費・入学金・宿泊代・水道・光熱費・テキスト代・ホットシャワー完備・ウォーターサーバー完備・Wi-Fi完備(全ての教室・ステイ先の個室で無料で使用できます)・朝食(ホームステイ)・個室清掃、ベットシーツ交換(週1回/部屋は常に綺麗に保っています)

他校では、入学費用やテキスト代を別途支払う必要がある学校もあります。しかし、ETHOSはシンプルに留学費用に全てまとめられています。一見すると、他校より高く見えますが、総費用で比較すると対して留学費用の差はありません。

こんなこと思っていませんか?

留学したい女性
ホームステイ6ヶ月の6時間コースでも留学費用が132万円か…..ちょっと高いな。

確かに、132万円は誰が考えても高いです。しかし、1日あたりで計算すると7252円です。

1日に6時間毎日授業があると仮定すると、アメリカ人との授業代金が1時間あたり1208円なんです。しかも、アメリカ人講師宅にホームステイしていると言う条件なので、一見高額に見えますが細かく計算すると、かなり安い事が分かりますよね。

更に、ホームステイ先ではアメリカ人講師と会話する時間があるし、ホームパーティーもあります。これ控えめに言ってもかなりお得です。ホームパーティーや各種アクティビティーの様子は下記記事を参考にしてください。

各種費用の説明(ビザ・航空券・保険など)

留学費用以外に、下記4つがフィリピン留学には必要になってきます。

・ビザ代、SSP、ACR I-Cardなどのビザ関連費用
・航空券代
・現地生活費
・海外旅行保険

具体的に手続きはどうしたら良いか?航空会社は何処がおすすめかなど解説していきます。

その①:ビザ代、SSP、ACR I-Cardなどのビザ関連費用

日本国籍の方は、フィリピン入国に際して事前に手続きは必要ありません。
 
フィリピンへ入国すると自動的に30日間の観光ビザを発行してもらえます。いわゆるノービザで入国可能。
 
注意説明
パスポート残余期間に滞在日数+6ヶ月以上必要
往復航空券または他国への出国時のチケットを保持していること
 
30日以上滞在する場合は観光ビザを延長しながら滞在します。6ヶ月でかかる観光ビザ、SSP、ACR-Iカードの料金は22,440ペソ(約4.7万円)です。ETHOS(エトス)では、フィリピン人スタッフがビザの申請を代行するのでご安心ください。
 
留学したい女性
SSPとかACR-Iカードってなんですか?
 
 
Kan
SSPは(特別就学許可証)と言い、SSPを取得せずにフィリピンで留学する事は法律で禁止されています。ACR-Iカードは(外国人登録証)と言い、60日間フィリピンに滞在する人には発行が義務つけられています。
 
フィリピン留学に必要なビザの詳細は下記関連記事をご覧ください。
 

航空券代

日本からセブ島までの直行便は定期的に出ています。下記2社がおすすめです。

  1. セブパシフィック航空
  2. フィリピン航空

 

航空券の値段は時期にもよりますが、往復で4万円〜6万円です。学生が長期休暇になる春休みや夏休み時期は航空券の値段が高騰するので、それ以外の期間を狙ってくるのがおすすめ。

現地生活費

セブ島の物価は年々上昇していますが、それでも日本の1/3程の物価になります。ローカルレストランで食事をすれば、1食100円〜200円で食べれますし、少し良いレストランに行っても1000円あれば食べれます。

1週間に1万円の生活費があれば、余裕で足ります。6ヶ月間の留学だと24万円用意しましょう。人によっては半額の12万円〜16万円で済む方もいます。

6ヶ月の留学費用を現金で全て持ってくるのは安全面を考えておすすめできないので、国際キャッシュカードを作っておきましょう。

国際キャッシュカードがあれば現地のATMを使ってお金を24時間おろす事ができます。

海外旅行保険

あいおいニッセイ同和損保の6ヶ月の料金を伺ってみました。その金額はプランによるとのことですがだいたい20万円だそうです。
 
6ヶ月の留学で大手保険会社に加入すると安くても10万円の費用がかかります。
 
でもクレジットカード付帯の海外保険だと3ヶ月間無料で保険適用させる事が可能。更に自動付帯と利用付帯のクレジットカードを使い合わせる事で更に3ヶ月海外保険を適用させる事もできます。
 
詳しくは関連記事をご覧ください。おすすめのクレジットカード会社も紹介しています。
 

6ヶ月の留学の効果がこちら!動画で紹介します。

ETHOSで6ヶ月留学した岡田くんの英語力をご覧ください。

6ヶ月留学すれば彼くらいの英語力を身につける事が可能です。岡田くんは留学後にマレーシアのクアラルンプールで不動産の海外インターンを6ヶ月経験しました。

海外インターン後にインタビューしたのですが、6ヶ月で身につける英語力と度胸があれば十分、海外で働けるとの事です。

インタビュー記事は下記をご覧ください。

6ヶ月のフィリピン留学後にマレーシアでインターンをした岡田くん【インタビュー】

6ヶ月の留学:篠原さんの体験談

他にも6ヶ月留学した方がいるので体験談を紹介します。

英語が分からなくても先生たちは誰一人ため息をついたりしないし、何回も直して説明してくれました。初心者の私にとってすごく助かった。

中一レベルもまともに分からなかった私が英語でコミュニケーションとれるようになったなんて、ほんと人生なにがおこるかわかんないな〜って感じです!!

【大学生・ホームステイ留学体験談】中一レベルもまともに分からなかった私が英語でコミュニケーション

6ヶ月以上留学したい方はこんなお得なプランもあります

留学したい女性
本当は1年留学したいけど、予算的に難しい。。。
Kan
そんな方には、お金も稼げて1年間留学できるおすすめなプランが2つあります!

 

下記の2つです。

  1. フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)
  2. フィリピン留学×オーストラリア:ワーホリの2ヶ国留学プラン

 

一つずつ解説していきます。

その①:フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

6ヶ月の語学留学+6ヶ月ETHOS(エトス)でインターンになります。

6ヶ月の語学留学は最初に紹介した費用はかかりますが、残りの6ヶ月は有給プラス授業も受ける事ができます。

下記に詳細を貼っておくので気になる方はご覧ください。

【募集】フィリピン休学留学×有給インターン(就活対策)

その②:フィリピン留学×オーストラリア:ワーホリの2ヶ国留学プラン

4ヶ月〜6ヶ月留学後、オーストラリアの3星ホテルで有給インターンをしていただきます。オーストラリアでは6ヶ月で100万円以上貯める事も可能です。

オーストラリアで有給インターンをすれば、フィリピン留学の費用を賄う事もできます。

フィリピン×オーストラリアの有給インターンで

  • 完全英語環境で働きたい
  • しっかりとした給料も稼ぎたい
  • 1年で英語を使いこなせるようになりたい

 

方は2ヶ国留学プランがおすすめです。人気の2ヶ国留学プランが気になる方は下記からご覧ください。

ーー2ヶ国留学プランはこちらからーー 

まとめ

フィリピン留学6ヶ月は留学後の仕事にも活かせるのでおすすめです。また、1年間英語を勉強したい方は、上記で紹介した有給インターンや2ヶ国留学もおすすめです。何かご質問がありましたら、下記LINEよりお気軽にご質問ください。

LINEの友達登録すると学校資料も送ります。質問お待ちしております。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

6ヶ月のフィリピン留学

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS