留学中の防犯対策を海外13カ国26都市行った僕が教えます【簡単】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学中はどうやって防犯対策をしたらいいだろうか? 初めての留学なので留学経験者が実践していた具体的な防犯対策を知りたいって方へ。

結論から言うと、留学中の防犯対策は簡単です。小さなことをしっかりと気をつけていればOKです。

この記事の内容
  • 留学中にする防犯対策
  • おすすめの海外保険

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島で2回留学して、今までに海外13カ国26都市行った経験があります。

現在は、フィリピン・セブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いており、日本とフィリピンを行き来して仕事をしています。

旅が好きで海外経験も普通の人よりあるので、具体的に防犯対策を紹介できると思っています。

こういった背景の僕が、留学中の防犯対策について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中の防犯対策

僕が留学した、フィリピン・セブ島は日本より治安がよくありません。あなたがもし、アメリカやオーストラリアに留学する場合でも、日本より危ない場所に行く訳なので、日本ではしないような防犯対策をしなくてはいけません。

まず、初めに言いますが、基本的な防犯対策をしていれば犯罪に巻き込まれる可能性も低く快適に過ごせます。

ですので、この記事で紹介する留学中の防犯対策を実践してください。

その①:安い財布を使う

留学生活でブランド物の財布は不要です。

その理由は、

  • 持ち運びに不便
  • もし盗まれたら損失が大きい
  • 良い財布を使ってれば狙われやすくなる

 

写真の財布のように、100円ショップで売っている財布で十分です。

持ち歩くお金も必要最低限にしてください。

留学中の財布については、留学中の財布どうする?海外5カ国12都市訪問した僕のおすすめで詳しく解説しています。

その②:ステイ先でも貴重品はしっかりと管理する

留学中は同室に他の留学生がいる可能性もあります。

どんなに信用していても、自分の所持品が家で無くなってしまったら、同室の友達を疑ってしまいます。

自分が外で無くしたのに、家で無くなったと勘違いするパターンもあるでしょう。

自分たちを守る為にも、留学中はお金やパスポートを机の上に置きっぱなしにしないで、

  • セキュリティーボックスで保管する
  • キャリーバックの中に鍵をかけてしまっておく

 

ようにしましょう。

特に、パスポートは外国で唯一自分を証明するIDなので、絶対に無くさないようにしっかりと管理してください。

その③:夜遅くに出歩かない

留学中でも夜出歩くことはあると思いますが、危険なエリアや繁華街でふらふら歩きまわるのは絶対にやめましょう。

日本だと、危険なエリアってあまりありませんが、海外だと昼間でも近寄らない方がいいエリアがあります。

そんな場所に夜行ってしまったら、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるので十分注意しましょう。

これを聞くと「海外って怖いな・・・」って思うかもしれませんが、対策は超簡単で、夜危険な場所に近寄らないだけです。

留学中の夜の時間は、日中学校で習った授業の予習・復習の時間に使いましょう。

※関連記事
【英語の成長に繋がる】留学中のおすすめな夜の過ごし方「超重要」

その④:移動はタクシーを使う

フィリピンの場合、タクシーの料金が初乗りで約90円です。

なので、遠くの目的地までタクシーで移動しても片道500円もあれば移動できてしまいます。

僕の場合、割と近くの目的地でも安全の為に、特に夜はタクシーを乗ることがありました。

夜にタクシーに乗らないで、徒歩で目的地まで向かってる最中になにかあったら大変です。

命はお金では買えないので、近くでも移動はタクシーでした方が良いです。

フィリピンでのタクシーの乗り方はフィリピンでタクシーは危険!?セブ島で安全に乗る方法。で解説しています。

その⑤:貴重品を机に置いたまま席を離れない

日本だと、カフェやレストランでパソコンや鞄を置いたまま、席を離れる人もいますが、海外でこれをやったら完全にアウトです。

貴重品を机に置いたまま、席を離れると盗まれる可能性が高いので注意してください。

もし、トイレに行きたくなって席を離れる場合は、荷物は全て持っていってください。

その⑥:お酒を飲みすぎない

フィリピンビールのサンミゲルライト

海外でお酒の飲みすぎは注意が必要です。

お酒が飲みすぎて、気が強くなってしまったてトラブルを起こしてしまったり、注意力が低下して、貴重品をバーに置いて来てしまうなんてことになりかねません。

海外で知らない人とお酒を飲んで、睡眠薬を入れられて、身ぐるみを剥がされたという声もたまにあるので、会ったばかりの人と二人で飲むのは控えてください。

リフレッシュにお酒を飲むのは良いですが、ほどほどに。

その⑦:ATMを使った後は注意する

特に東南アジアでは日本人=お金持ちという考えが定着しています。

外国人というだけで目立ってしまうので、派手な服装をしないことも必要ですが、ATMでお金を降ろした後は周りに不審な人がいないか確認しましょう。

フィリピンでは、ショッピングモールの中にATMが合ったり、道端にポツンとATMもあります。

道端にあるATM避けて、できるだけ建物の中にあるATMを使ってください。

ATMでは、出来るだけ素早くお金を降ろしてその場を去りましょう。

※関連記事
フィリピンでATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

海外保険の加入は重要です

例えば、

  • カフェでパソコンとスマホを机に置いたままにして、トイレに行き戻って来たら、全て盗まれていた。
  • 歩いていたら、ポケットからスマホをスられた

 

という場合でも、海外保険の対象になる場合があります。

クレジットカード付帯の海外保険は3ヶ月間無料で適用されます。盗難以外にも、海外で風邪を引いてしまって病院にかかってしまった時なども、保険の対象になるので必ず加入しておきましょう。

おすすめの海外保険は、【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめで解説しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

まとめ

この記事を読んで留学中に気をつけた方がいい防犯対策が分かったと思います。

小さなことですが、毎日忘れずに実践してください。

僕が留学したフィリピン・セブ島の治安については下記の記事で解説しています。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

 

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら