英語の発音が劇的に向上するコツ#3:英語には5種類の「ア」がある

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

英語を学んでいる方なら誰でも発音は上手になりたいですよね。発音が良いということは、自己満足だけではなく相手にも伝わりやい(聞きやすい)ですし、自信にも繋がります。

英語の発音が劇的に向上するコツ#1:LR以外の子音たち」と「英語の発音が劇的に向上するコツ#2:英語に「オ」という発音はない!?」をマスターした方は発音が既に劇的に向上しているはずですがここでさらに、日本語なまり脱出にとどめをさしましょう。表題の通り英語には、日本語にすると「ア」となる発音が5種類もあります。

したがって、それらをしっかり区別して発音しない限り、すべて同じような発音になってしまったり正しい「ア」を、正しいところで使ってないことになり「日本語なまりの英語」から、なかなか抜け出せない状態になっています。さっそく5種類の「ア」を見ていきましょう。

英語には5種類の「ア」がある

aec-1793398_640

その5種類ですが、発音記号で表しますと以下になります。

1)æ
2)a
3)ə
4)ʌ
5)ɔ

と発音記号だけ並べられても困ると思いますので1つ1つ説明していきます。

その①:【æ】

1つ目は、中学校でも、先生によっては指摘してくる「ェア」的な発音です。以下の単語などで使われます。単語をクリックするとweblioのHPで発音が聞けます。

cat

capital

animal

ant

その②:【a】

2つ目は、口の筋肉を緩めて自然に発生する「あ」です。5つの中では、日本語に一番近い「あ」です。

以下の単語で確認してみましょう。

large

star

arm

その③:【ə】

3つ目はタイト(口の筋肉に力が入った感じ)の「ア」です。1つ前の「あ」と真逆な感じです。

緩めて発音するかと、力を入れて発音するかの違いがあるので話すときなどは異なる口の動きとなります。

以下の単語でタイト感を確認してみましょう。

teacher

perfect

urgent

urban

その④:【ʌ】

4つ目は、非常に短く発音する「アッ」です。日本語でびっくりして「アッ」と言うときの音に似ています。

以下が単語例になります。

study

Sunday

touch

tough

up

その⑤:【ɔ】

最後は日本語でイメージする「ア」からは、一番離れているかも知れませんがCを反対にした発音記号で、「ォア」的な発音です。

日本語ネイティブの耳には「オ」にも聞こえるかも知れませんが「ア」のバリエーションと考えた方が、正確な発音に近付きやすいと思います。「オ」から始まり、「ア」に移行していくイメージです。「オ」のまま終わってしまっている人は、もうちょい頑張って「ア」まで持っていきましょう。

以下の単語で確認してみましょう。

sword

corner

thought

これで5種類全部そろいましたが、しっかり区別して発音していますか。この5種類を区別しだすと、発音がかなり向上します。

まずそれぞれの音をしっかり発音できるようになりその後、それぞれの音を個々の単語を結びつけていってください。その後は繰り返し、それらの単語を発音練習していくことで単語と口の動きがマッスルメモリーとして紐づきます。

英語の場合、日本語と異なりスペルと発音が1対1(同じ)ではないのでスペルに引っ張られないようにしてください。(参照:weblio

おまけ:5種類の「ア」練習文

以下の文章には、5種類の「ア」が散りばめてあります。上で説明した5種類の「ア」の番号も記しているので是非練習に使ってください。

Mark(②) and Tom(②) studied(④) math(①) together.(③)
A(③) teacher(③) saw(⑤) a(③) small(⑤) ant(①) on(③) a(③) large(②) apple.(①)
A(③) bird(③) perched(③) on(③) a(③) branch(①) and started(②) chirping(③) at(①)a(③) man(①) walking(⑤) nearby.(③、②)

強調するかしないかや、英米の違いなどで、発音のチョイスが5種類の「ア」の中で変わるものもありますが、とりあえずベーシックなところをマスターしてみてください。

ネイティブがどの「ア」で発音しているか聞き分けられるようになったら5種類の「ア」はマスター級です。

PlayPlay

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

ippei

自分の厄介な好奇心と日々葛藤しています。アメリカ在住10年。外資系企業3社。福生でC2GIという英会話/日本語スクールを運営しています。街で見かけたら、声かけてね(笑)

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>