【セブ島】6月のセブ島にいる私が服装・気候・留学生の口コミを紹介

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学したい人
6月にセブ島行きたいけど天候や航空チケット代はどうなんだろう?
せっかくだからアクティビティもしたい!!

そんな質問に答えます!!

結論から言うと、、

6月はちょうど乾季から雨季に変わる月なので天候が崩れる日があります。が、日本の梅雨と違って一日中降ることもないのでアクティビティも可能な日がほとんどです。

この記事の内容
  • セブ島:6月の天候
  • 航空券の値段・持ってきた方が良い持ち物
  • おすすめアクティビティー

 

こんにちは!
セブ島にあるETHOS(エトス)で3ヶ月間留学の後、ご縁があってインターンをさせて頂いたSAYAKAです^_^

今回はセブ島の6月のあれこれを詳しく説明していきます!

セブ島の1年間の平均気温とベストシーズンって知ってますか?

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

【セブ島】6月の天候・気候おすすめアクティビティ紹介

フィリピンは一年を通して温暖な気候なので、基本的には半袖短パンビーサンで過ごせる南国です。

しかし、そんな南国フィリピン・セブ島にもシーズンがあります。

ざっくり言うと、乾季1〜5月・雨季6月〜12月です。
お気付きの方もいらっしゃると思いますが‥

そうです。
今回のテーマ<6月の天候>‥
残念なことに6月はすでに雨季なのです‥。

しか〜し!!

落ち込むのはまだ早い!!!
雨季は雨季でも日本の雨季<梅雨>とは全く違って、降り続くような雨ではないのでご安心を/(^o^)\

基本的には数時間のスコール(どしゃ降り雨)で終わります。

まれーーーに、半日降ったりすることはあります。洪水になることもありますがかなーーーーーーりまれです。

と言いながら、今年(2019年)の7月上旬ETHOSがあるマンバリン地区では大洪水になってしまったようですが‥(笑)

 

6月の気温
  • 平均最低気温:23度
  • 平均最高気温:30度
  • 降水日数:10日

降雨日数は10日程でほとんどが2〜3時間程度のスコールでした。

フィリピンは海のイメージが強いですが、実は山も沢山あります。なので天候が崩れやすいのはそのせいもあるようです。

雨季のセブ島は、ケータイの週間天気予報などを見てもすべて雷マークになっていることもあるくらい天気が予想しにくいです。

アクティビティにお出かけする際は、必ず、カッパと傘とタオルを持っていくと良いでしょう!!!

セブ島6月に持ってくるべき持ち物

持ってくるべき持ち物
  • 薄手のパーカー
  • サングラス
  • 折り畳み傘

 

上記3点があると便利です。

6月からはセブ島も雨季です。

ですが1日中ザーザー雨が振り続けることは珍しく、どちらかと言うと夕立やスコールのように2〜3時間ザザーッと降って終わりです。

そのときに折りたたみ傘があると便利です。

海に行く予定がある方はフィリピンにラッシュガードや水着など持ってくるのも忘れずに。

セブ島6月の航空チケット代

実際に6月に渡航した留学生に費用を聞いてみました。

Mさんの場合
  • 関空発:セブパシフィック:マニラ経由で往復
  • 4万円代
  • 4ヶ月前にチケット購入

荷物は28キロだったので32キロまで預けられるよう予約時に申し込んだそうです。

Lさんの場合
  • 成田発:セブパシフィック:マニラ経由で往復
  • 4万円代
  • 10日前にチケット購入

Googleフライトで6月の日曜日に到着、土曜日帰国のフィリピン留学のスケジュールで検索したところ成田発のセプパシフィックで往復3.3万円(直行便)、フィリピン航空で往復6.3万円(直行便)でした。

乗り継ぎ便は4〜6万円台です。

大阪の関西国際空港から発着の便で最安値もセプパシフィックで往復3.3万円でした。

ただ乗り継ぎ便なのでマニラで一度乗り換えが必要です。大阪らも直行便はフィリピン航空が6.4万円であります。

セブ島6月の祝日は2日間あります

ETHOSはアメリカ人が経営する学校なので、基本的にフィリピンのRegular Holiday (レギュラーホリデー)のみが祝日となり、学校もお休みになります。

日本人の感覚からすると「ん?レギュラーホリデーとホリデーとなにか違うの??」と思いますよね。
そうです。違うんです。(笑)

フィリピンでは、3日後急に国民の休日になることがしばしばあるのです。

多くの語学学校がお休みになるRegular Holiday の紹介をしておきます。

Eid ul-Fitr (イード・アルフィトル)

イスラム教徒(=ムスリム)の断食明けの大祭。

Eid はアラビア語で“祝宴”、Fitr は“断食の終わり”だそうです。

 

Independence Day (独立記念日)

1898年にスペインから独立した記念日。

語学学校によって祝日の取り扱いは様々ですが、基本的には学校がお休みです。ですので6月にフィリピン留学予定の方は留学前に事前に祝日を確認しておくと安心です。

セブ島6月のアクティビティについて

  • ボホール島
  • パングラオ島
  • ナルスアン島
  • オスロブ
  • カオサン滝

などなどフィリピン留学中の留学生たちは休日を利用して、アクティビティにも沢山お出かけしています!

他にもバンタヤン島、マラパスクア島、エルニドなどセブ島の6月は雨季ですがマリンアクティビティが楽しめます。

6月にセブ島でアクティビティを楽しんだ留学生の体験談がこちら。

①Hさん(20代女性)
6月は日本人3人とフィリピン人1人の計4人(全員女の子)でボホール島とパングラオ島に行きました。
ビーチへ行ってリラックスしたり、島内を観光をしました。

ちなみに7月入ってすぐに、日本人2人(女の子)とフィリピン人3人(男の人)でバンタヤン島に行きました!計5時間程で少し遠いですが綺麗でリラックスでき、また行きたいと思いました。

サイクリングやローカルのレストランで食事、海でチルしたりしました!

Aさん(30代女性)
6月初めにLanguage Exchange で知り合った人に誘われて、日本人・韓国人・フィリピン人の計12人でボホール島に行きました。

ツアーを申し込んでくれていたみたいで、盛りだくさんな日程でした。

水上レストランではスコールに合って立ちながら食べたけど、それも良い思い出。シュノーケリングの途中によったVirgin Island もきれいだった!

一気に色んな国籍の人と旅行できたので楽しかったです。バスとフェリーでの移動になるので乗り物酔いする人は薬絶対必要だと思いました。

(ツアー内容)
Bohol Python
Tarsier Sanctuary
Loboc River Cruise
Hanging Bridge
Man-Made Forest
Butterfly Garden
Chocolate Hills
Dolphin Watching

ナルスアン島

他校の日本人の留学生とフィリピン人のお友達の計7人でScuba divingをしました!

私は元々ダイビングのライセンスを持っているので、フィリピンの海で一回は潜ってみたかった。今回一緒に行った子達はセブでライセンス取った人も来ていました。

日本で取るより安いので取る人も多いみたいです。ナルスアン島はセブから近いので行きやすかったです。

海はまあまあ綺麗だけど、魚は全然いませんでした‥(悲)

他校の留学生(日本人とロシア人)の計12人で行きました。

オスロブは日本でも人気が出てきている野生のジンベイザメと泳げるスポット。

ここで大量にクラゲに刺されたので要注意。ただ、一緒に行ったメンバーの中で一人だけだったので体質とかも関係あるのかもしれないです‥。

カワサンフォールは色んな高さの滝があってそこから飛び込めるスポット。キャニオニングも人気でしたが、しなくても手軽に楽しめる。

現地のコーディネーターの人と値段交渉すればちょっと安く行けると思います。
ロッカーがあるので貴重品を入れておけるのが良かったです。

(まとめ)セブ島の語学学校に6月入学の生徒さんたち

最後に6月にセブ島留学した留学生の声をあつめました。

Hさん(20代女性)
将来海外で住みたいのと、旅行が大好きなので海外の人と沢山喋れるようになりたかったから2ヶ国語留学のプランで入学しました。

暖かいところが好きなのでオーストラリアに行く時に夏が良くて、フィリピンは1年中暖かいので、ちょうどオーストラリアが夏になる時期を選んでこの6月にセブに来ました。

オーストラリアにワーキングホリデーに行って、その後もイギリスや他の国に行って働く予定です。

②Mさん(20代男性)
大学が夏休みになるため。

フィリピン留学(費用)とアメリカ留学(ネイティブの先生)のいいとこ取りだったから留学しました。

どちらの留学生も6月だからセブ島にきた!と言うわけではなかったですが、雨季ですがマリンアクティビティも楽しめますし、語学留学の方は留学生自体の人数もすくなく勉強に集中したい人におすすめの月です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

SAYAKA

セブ島ETHOS(エトス)での3ヶ月間の留学を経て、これから5ヶ月間のインターンシップに臨むSAYAKAです!

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS